第2回 痩せやすい姿勢と呼吸法について

アイリス暮らし便利ナビ
  1. 第2回 痩せやすい姿勢と呼吸法について

目標意識を持って、ダイエットに挑戦してみませんか?パーソナルトレーナーの峯岸先生がご紹介する「美ボディダイエット」は、美ボディを目指すあなたに一日10分でできる!おすすめの「筋トレ・エクササイズ」です。毎回体を鍛えながら、余分な脂肪を燃焼するエクササイズを動画でご紹介します!

第2回 痩せやすい姿勢と呼吸法について

姿勢が悪くなると、呼吸がうまくできていない!?痩せやすい姿勢と呼吸法について、実践を交えたトレーニングを動画レッスンでご紹介します!

皆様こんにちは!パーソナルトレーナー峯岸です。さて皆様、前回の第一回目の動画はご覧いただけましたでしょうか?第一回目の動画は美ボディダイエットを行っていくうえで大切な「基礎知識」をお話していますので、まだの方は前回の動画をみていただいてから今回の動画をご覧になってくださいね。

さて今回は、「痩せやすい姿勢と呼吸法について」という内容で動画を作成しました。私は16年、美ボディダイエット指導をしてきた中で太っている人の共通事項を2つ見つけました。

それは、

「姿勢が悪い」
「呼吸がうまくできない」

という特徴があります。

まず姿勢について、皆様がイメージしやすいところで言うと、「バレリーナ」や「社交ダンスの先生」などは姿勢が素晴らしいですよね。そしてその方々は、もちろん素晴らしいプロポーションをしていると思います。
姿勢が悪いと動きが鈍くなり、体の負担も多くなります。そうなると体の各部分に張り、痛みが発生しやすくなります。その状態では日々の活動量が低下し、カロリー消費も少なくなるので太りやすい生活習慣に陥りやすくなるのです。

そして呼吸は「腹式呼吸」「胸式呼吸」の2つのコントロールが大切です。これらの呼吸がうまくできないと、正しい痩せやすい姿勢を保つための筋肉である「体幹部のインナーマッスル」が機能していない事が多く、せっかく正しい姿勢を作ってもそれを「保持」することができないのです。

以上の理由でまず正しい姿勢を獲得し、それを保持するためのインナーマッスルをしっかり機能させる呼吸法を身につけて「痩せやすい姿勢・呼吸法」を習得するところから始めていきましょう!

痩せやすい姿勢と呼吸法について

実施回数の目安は、腹式呼吸10回・胸式呼吸を10回の合計20回をできたら毎日お時間ある時に行ってみてください。慣れてきたら回数を増やしてみてください。

(注)体調のすぐれない日やお医者様に運動を禁止されている方は行わないでください。各種エクササイズは周りの安全を確認し、ストレッチやウォーミングアップ等しっかり行ってから自己責任のもと行ってください。

本日のPOINT!

「腹式呼吸」と「胸式呼吸」の2つのコントロールで、体幹部のインナーマッスルを鍛えよう!
「腹式呼吸」と「胸式呼吸」の2つのコントロールで、体幹部のインナーマッスルを鍛えよう!

一日10分でできる!美ボディダイエット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでアイリス暮らし便利ナビをフォロー

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報