わかばメディカルクリニック院長 工藤 さやか 先生

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 健康
  3. 美容のプロが教える Beauty Life
  4. わかばメディカルクリニック院長 工藤 さやか 先生

わかばメディカルクリニック院長 工藤 さやか 先生

第一回 わかばメディカルクリニック院長 工藤 さやか 先生

「きれいでいたい」と思うこと!そして、良い美容習慣の継続を

第1回目は、わかばメディカルクリニック院長 工藤さやか先生。いつお会いしても、「美しさ」にスキを作らない、美しい先生です。肌トラブルで悩んでいたなんて、信じられない程。気さくに、なんでもお話を聞いてくれるので、子供の治療で訪れるお母さんにも人気。そんな先生のBeauty Lifeを伺ってみました。

プロフィール

わかばメディカルクリニック院長 工藤さやか先生

わかばメディカルクリニック院長 工藤さやか先生

■略歴
杏林大学医学部卒。総合病院にて皮膚科、内科などの研究に従事。現在わかばメディカルクリニックを拠点に、健康美容をトータルにとらえた総合医療を提供。レーザー治療10万件を超える症例経験を持つ。特にアンチエイジング研究に特化。施術の研究に熱心で、まずは自分で試した上で、導入を常に慎重に検討する。自然食からLOHAS的ライフスタイルに至るまで自然健康志向である事を自認している。自分の化粧品ブランド「Fullacera」(フラセラ)の開発にも従事。

Q&A

Q.美容関係の仕事を始めたきっかけは?

幼い時から自分の肌質がとても悪く、肌トラブルで悩むことが多くありました。
そこで、皮膚病とは言い切れない、肌トラブルを専門に診れる医師になりたいと、15才の時に決意しました。
今では、何よりも美容の仕事が好きだったから、この仕事を選んでよかったと思います。

Q.普段、健康に気をつけていることは?

健康の前に、まず身体を作る食事や水などに気を遣っています。
食事や水などは、身体に直接吸収されているので、体内の細胞に影響しますから。

私の場合、打ち合わせなどで外食が多くなるため、油+高温加熱は極力避けるようにしています(揚げ物など)。というのも、これらは体内の細胞を酸化し、老化させるためです。
お家で食事するときは、さっぱりと和食中心。油は抗酸化力の強いオイル(オリーブ油、ごま油、グレープシードオイルなど)を生で少量加えて摂るようにしています。また主食になるお米は、5分びき米に10穀米をミックスしています。
もちろん睡眠の時間帯も、細胞の修復や代謝の活発な時間(夜中12時〜午前3時)に、しっかり取るよう気をつけています。

身体を作る食事や水

Q.おすすめの美容法は?

多忙なので、時間が沢山かかることは出来ません。
帰宅したら、なるべく早くメイクを落とし洗顔すること。クレンジング・洗顔は手抜きせず、しっかりやるように心がけています。
私の肌質は部分オイリーで毛穴が目立ちやすいので、ピーリングソープは欠かせません。
時間があると、イオン導入やEMSを自宅ケアでもやります。

あとは、どんなに疲れても必ずバスタブにお湯をためて入浴します。疲れを取るためにも、美容上も健康上もとても良いので。

美容はタイミングも大切です。洗顔後すぐに良質の化粧品を使い、肌のベストな状態をKeepすることは、必須。洗顔後、そのままにしていることは、肌トラブルの元になりますから。

帰宅したら、なるべく早くメイクを落とし洗顔すること。

Q.気になる美容アイテム・成分・美容法は?

化粧品では、強力な抗酸化成分はいつも注目しています。肌細胞の抗酸化は、アンチエイジングの要と考えています。

クリニックの治療で注目しているのは、マドンナリフト。まぶたのたるみ改善のレーザーです。スーパースターのマドンナが実際やっているという治療で、年齢とともにたるんでくるまぶたを、すっきりと上げます。
もう1つは、ウルティマという機械。RF(ラジオ波)で痛みなく顔やボディを引き締め、引き上げできますし、キャビテーションを使うと脂肪層を壊して部分痩せもできます。
全く痛みが無いのに、効果はしっかりと出るという意味で、画期的な治療です。
どちらの治療も私自身で試したので、効果なども目で見ていただけると思います。

Q.理想の女性像は?

つやのあるきれいな肌をいつもキープしている女性。どんなに美しい方でも、肌につやがないと元気に見えません。
年齢を重ねても、しわやしみがあっても、肌つやをきれいにキープしていれば、若々しい印象を与えてくれます。

Q.あなたが思う美容3カ条を教えてください!

■美容3カ条【その1】
「いつまでもきれいでいる」という意識を常にしっかり持っている。美は継続により生まれます。
■美容3カ条【その2】
内側からも美を創る。(食生活・睡眠・生活習慣・ストレスコントロールなど)
■美容3カ条【その3】
本当に良い物を見極める。(化粧品・美容医療など)
「いつまでもきれいでいる」という意識を常にしっかり持っている。美は継続により生まれます。

Q.最後に美容に関心の高い読者のみなさんにアドバイスをお願いします。

美容で大切なのは、いつでも女を捨てずに「きれいでいたい!」という意識を持つことと、良い美容習慣の継続です。
最近は、「美魔女」という言葉がよく使われるくらい、若く見える美しい女性が沢山います。
輝いていると、人生も何倍も楽しくなります。ご自分に合った美容習慣を、ぜひ見つけて継続してください。

information

わかばメディカルクリニック わかばメディカルクリニック わかばメディカルクリニック
わかばメディカルクリニック
東京都港区六本木7-15-10
クローバービル6F
0120-934-274
http://www.wakabamc.com/

美容のプロが教える Beauty Life

とうもろこしのひげ茶

風邪予防対策はコレ!

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報