1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 健康
  3. 姿勢がよくなる健康ナビ
  4. 第15回 正しい姿勢のウソ・ホント(9)〜背中を丸めるポイント!胸郭の動きについて〜

姿勢が良くなる健康ナビ

第15回 正しい姿勢のウソ・ホント(9)〜背中を丸めるポイント!胸郭の動きについて〜

暑い暑い夏が待ってる

ジメジメした日が続いてますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?梅雨が明けるまではもうちょっとかかりそうですね〜。去年のようなものすごい暑さが待ち構えてるかもしれませんので、今のうちに体調を整えておきましょう〜。

足元に行く前に・・・

スミマセン、前々回背中を丸める意識を高めるエクササイズのご紹介をさせていただきましたが、お伝えし忘れてたエクササイズがありますんで、こちらから紹介していきたいと思います。

「背中を丸める=猫背になる」が、なぜ良いのかもうお分かりですよね?ただ、力を抜いて背中を丸める為には胸郭の動きの柔軟さが大事なことになってきます。
胸郭とは、皆さんが良く模型や図などで見る肋骨で出来たカゴみたいなところです。

胸郭とは、皆さんが良く模型や図などで見る肋骨で出来たカゴみたいなところです。


では、なぜ胸郭の動きが重要なのか?胸郭の中には、皆さんご存知の肺がありますよね?呼吸の度に、肺が酸素を体に取り込んで二酸化炭素として外に吐き出してくれています。

人間にとって一番大事なことは、呼吸が出来るかどうかなんです。何も食べなくても1週間ぐらい、何も飲まなくても2〜3日は生きていけます。が、5分息が吸えなかったらどうでしょう?たった5分です。死んじゃいますよね?(あっ、水泳選手や海女さんはもっといけるやん!とかはナシですよ(笑)一般論ですから) 。


人間の1日の呼吸の回数は平均で2万弱〜2万5千回前後と言われています。胸郭の動きが硬いと、その分1回1回の呼吸の量が制限されるんです。「Vol.9 正しい姿勢のウソ・ホント(3)」での伊藤博文の若かりし頃の写真がありましたよね?あの写真のように胸郭を楽にしてあげないと、呼吸が深くまで出来ないんです。

ただ、どうしても小さいころからの教えで、皆さん胸を張った姿勢にしてしまうんですよね。仕方ないんですけど・・・。そういった理由や全体のバランスの悪さから、胸郭周りの筋肉の動きが非常に硬くなってる方がほとんどなんです。

ってなことで、次回胸郭の動きを柔らかくする簡単なエクササイズを3つほど一気に紹介しますので。

ではでは、また次回に〜

マツハシ

ページトップへ

バックナンバーはこちら
   

アイリスプラザオススメアイテム

つけて安心サポーター

つけて安心 腰用サポーターレギュラータイプ

アイリスプラザは、収納家具・生活用品・ペット用品・ガーデニング用品のメーカー「アイリスオーヤマ」の公式通販サイトです。
豊富な品揃えと、確かな品質の商品。欲しい商品がきっと見つかるはず!
さらに、アイリスプラザの会員になってお買い物をすると、お買い上げ金額に応じてお買い物割引ポイントがもらえます!

風邪予防対策はコレ!

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報