1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 健康
  3. 姿勢がよくなる健康ナビ
  4. 第24回 おへそから歩こう

姿勢が良くなる健康ナビ

第24回 おへそから歩こう

朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。

こんにちは!パペピプペポパポまつはしです。
前回のコラムで皆さん足が長くなったところで(笑)、今日はその長くなった足を有効的に使う歩き方をお伝えしようと思います。

 さぁ〜今日もいってみよう〜

おへそから歩こう

前回お伝えした「大腰筋」。覚えていますか?お腹の辺りから出発して太ももの骨まで伸びてる筋肉ですね。もうちょっと詳しくお伝えすると、足を上げたり前に出したりする筋肉は、大腰筋の他に腸骨筋という筋肉があります。腸骨筋というのは、左右の骨盤の内側から出発してる筋肉のことです。くっついてるところは、大腰筋とほぼ同じところです。そして、この2つの筋肉を総称して「腸腰筋」とも言います。

腸腰筋

ただ、今回は大腰筋についてお伝えしていきますね。

皆さんが普段歩いてる時って、以前だと鼠(そ)径部から足を出して歩いてる感覚だったと思いますが、前回お伝えしたとおり大腰筋の出発点からが足なんです。でも、大腰筋から歩くって普段なかなか意識するのが難しいですよね?そこで、人差し指をおへそに指しながら歩いてみてください。普通に歩くよりか足がスイスイと出やすくありませんか?たったコレだけなんです。たったコレだけで、楽に足が出せるようになり、自然と歩幅も広がります。歩幅が広がるということは、大腰筋をしっかり使えてるということですから、大腰筋の筋力アップにつながっていきます。しかも全然無理せずに。もっと言えば、大腰筋の筋力がアップしていくとお腹まわりがスッキリして、ウエストも引き締まっていきますよ〜奥さん。

これはもう、やらない手はありませんね〜(笑)

「おへそから歩く」
是非実践してみてくださいね。

それでは。

マツハシ

ページトップへ

バックナンバーはこちら
   

今週のQ&A

  • 自宅は、椅子が無く床にラグを敷いた上に座って生活しています。
    ここ1ヶ月前ぐらいから、立ち上がる時に腰が痛くなかなかすぐに動けません。
    立った直後は床の物も取れない状況です。

    数日前、車に乗って遠出をしたのですが、1時間ほど座席にすわり、休憩のため車を降りたときにも同じような症状が出て、うまく歩けませんでした。

    激痛というわけではないのですが、腰がうまい具合にはまらず、しっくりこない感じの痛みです。
    場所は、腰骨の上、背中の中心部分です。
    何かいいストレッチなどありましたら、教えていただけると助かります。
    (JAMさん)
  • 宜しくお願いいたします。

    症状からすると、どちらかというとお腹側の筋肉の動きが悪くなっているようにも考えられます。
    座っている状態の時は、お腹の筋肉は収縮されて緩んでいる状態なのですが、そこから立ち上がる時は筋肉が伸ばされていきます。お腹の筋肉が硬いと、伸ばされる時にその分腰の方に負担がかかってしまいます。腰の筋肉とお腹の筋肉は、お互いに背骨を引っ張りっこしてるようなものなんです。お互いのバランスがいいと問題ないのですが、お腹の筋肉の引っ張る力が強いと、背骨を真っすぐする時に腰の筋肉に負担が来てしまうんです。
    ストレッチはお腹の筋肉を伸ばすストレッチをしていただければいいと思うのですが、その時に痛みが出る時は無理してやらないようにしてください。簡単なのでは、ヨガで良く見られる「おうしのポーズ」などでお腹から股関節を意識しながら伸ばすといいと思いますよ。

    おうしのポーズ

アイリスプラザオススメアイテム

つけて安心サポーター

つけて安心 腰用サポーターレギュラータイプ

アイリスプラザは、収納家具・生活用品・ペット用品・ガーデニング用品のメーカー「アイリスオーヤマ」の公式通販サイトです。
豊富な品揃えと、確かな品質の商品。欲しい商品がきっと見つかるはず!
さらに、アイリスプラザの会員になってお買い物をすると、お買い上げ金額に応じてお買い物割引ポイントがもらえます!

風邪予防対策はコレ!

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報