今年の風邪はこれでばっちり?!風邪予防対策

アイリス暮らし便利ナビ
  1. 風邪予防対策

タイトル

風邪が流行りだすこれからの季節。みなさん風邪予防対策は万全ですか?今年は「風邪」の本質を理解して、しっかりと対策をとりましょう!もし風邪をひいてしまっても、長引かせない・ぶり返さない対策を知っておけば安心して過ごせますよ。是非参考にしてみてください。

風邪とインフルエンザって何が違うの?

■風邪とインフルエンザは何が違う?

みなさんは、風邪とインフルエンザを違うものだと思いますか。それとも同じものだと思いますか。最近は、様々なメディアで「風邪とインフルエンザは違う」と言っていますから、多くの方は"違う"と答えると思います。確かに違うことは違うのですが、「ウイルスの感染によるもの」という意味では、実は風邪とインフルエンザに差はないのです。

そもそも風邪というのは、様々なウイルスの感染やそれ以外の原因によって起る症状全般のことを指し、医学的には「風邪症候群」と呼ばれたりするものです。そしてインフルエンザとは、インフルエンザウイルスの感染によって引き起こされる「流行性感冒」と呼ばれるものを差し、症状は風邪症候群に似たものが出ることが分かっています。ですから、インフルエンザウイルスに感染した場合はインフルエンザ、それ以外のウイルスに感染した場合は風邪ということになるわけです。

ちなみに、風邪の方が症状は軽く、インフルエンザの方が重症だという考えが一般的のようですが、「風邪は万病の源」という言葉もあるように、風邪を引き起こす原因は、ウイルスのみならず色々な要素があることが分かっています。場合によっては死に至るケースもありますから、「たかが風邪」とあなどることなく、しっかりと予防していきましょう!

頭痛で苦しむ女性

■風邪はいつ流行る?

風邪をひかないようにするには、やはり日常生活の中で気を付けていきたいところですが、もし流行る時期が分かればさらに気を付けられますよね。では風邪はいつ流行るのでしょうか?

風邪は、大きく分けて「夏風邪」「冬風邪」と呼ばれるものに分類されます。厳密に言うと医学的にはそういった言葉はありませんが、お医者さんでも使っていることがあるようです。

まず夏風邪ですが、その名の通り、気温・湿度が高い時期…つまり梅雨の時期が流行のポイントです。夏風邪は湿度の高い場所を好むウイルス(アデノウイルスなど)が原因となることが多く、下痢や嘔吐を同時に引き起こします。よく、「プール熱」と呼ばれるものは、こうしたウイルスの感染による風邪の代表的なものだと言えるでしょう。

そして冬風邪ですが、こちらは湿度が低い時期、年末年始に流行します。その理由は、夏風邪の反対で、乾燥した環境を好むウイルス(コロナウイルスなど)が増殖しやすくなるためです。

このように、風邪の流行る時期とは、極端に暑くなったり・寒くなったりする季節だということが分かると思います。日常的に気を付けることはもちろん、流行りそうな時期になったら、さらに予防を強化して、風邪に備えるようにしたいものです。

コートを羽織る女性


■風邪の性質を知って対策しよう!

風邪を予防するためには、風邪の性質をしっかりと理解することがポイントになってきます。風邪がウイルスによるものだということは、既にご説明した通りです。つまり風邪対策をするということは、「ウイルスへの対策」をすることと同じ意味だということになります。そこで、ここではウイルス対策3つのポイントを紹介したいと思います。

  1. 「ウイルスは感染する」


    ウイルスは、何もない所から感染することは少なく、既にウイルスに感染している他の人から感染します。それを防ぐことを考えれば良いわけです。
  2. 「ウイルスは湿度の変化に弱い」


    夏風邪のウイルスは高い湿度、冬風邪のウイルスは低い湿度に弱いという性質があります。その反対の環境を作り出すことで、風邪の対策になってくると言えます。
  3. 「ウイルスは増殖する」


    ウイルスは増殖することで、風邪の症状を引き起こします。増殖させないためには、身体の抵抗力をつけて、ウイルスと戦う力を高めることが大切です。身体が健康な状態にあれば、例えウイルスに感染したとしても風邪にかかりづらく、もし風邪になったとしても、長引くことはないでしょう。

これら3つのポイントをしっかりと考えて、風邪対策を進めていってくださいね。


風邪をひかないようにするための工夫

■基礎的な対策って効果があるの?

風邪をひかないための対策と言うと、誰もが思いつくのは「うがい」「手洗い」「マスク」の3点セットだと思います。でも、この3つ、本当に風邪の対策として効果があるのでしょうか?

「うがい」
単にガラガラとうがいをするだけでは、効果は不十分だという事が分かっています。念入りにすることはもちろんですが、まず口の中、次に喉の奥、最後にもう一度口の中と言う順で行うと、ウイルスを効果的に洗い流すことができます。

うがいをする女の子

「手洗い」
これもただ洗えばいいわけではありません。手の微生物を殺菌するためには、石鹸で少なくとも20秒以上洗わなくてはなりません。そして、大切なことは、帰宅した直後に手洗いをするということです。

もし、家具などに風邪のウイルスが付着すると、そこから増殖する可能性がありますから、「まず手洗い」を習慣づけるだけでも、十分な風邪対策になってくると言えます。

手を洗っている様子

「マスク」
最近は様々なマスクが売っていますから、どれが良いか迷う人も多いと思います。ですが、実はそれほど大きな差はありません。鼻と口さえ覆うことができれば、そこから感染を防ぐことができます。そして、マスクの役割は喉を適度に湿らせることにあります。特に冬風邪の場合、口の中に湿度があれば、ウイルスの増殖を防ぐことができるのです。

このように、正しい方法であれば、基礎的な手段でも十分に風邪対策になるのです。

マスクをして咳き込んでいる男の子


編集部おすすめアイテム


メントールマスク ペパーミント/ローズメントール
アロマオイル入りカプセルが付いたマスクです。ぷちっとつぶして心地よい香りを楽しめます。気分をリフレッシュしたいときにもおすすめです。口元の結露・まとわり付きを防ぎ、快適な使用感をキープする加工を施しているので、長時間の使用にもおすすめです。


ヨーグルトメーカー
自家製ヨーグルトや発酵食品が自宅で簡単に手作りできるヨーグルトメーカーです。 ヨーグルトは牛乳パックのまま作れるから面倒な容器の殺菌なども不要で簡単・衛生的です。


■規則正しい生活で風邪をひかない身体づくりを

風邪をひかないための対策は、一日にしてなるものではありません。常日頃の規則正しい生活が、実はあなたを風邪から守ってくれる強い味方になってくれるのです。決まった時間に起きて、決まった時間に食事をとり、決まった時間に寝るというように、日常生活のサイクルができあがっていると、サイクルが不規則な人と比べて、風邪への免疫力が高まると言われています。

これは、体力の回復に関係があると考えられます。睡眠時間もまちまち、食事も取ったり取らなかったり…そんな身体では、日々の疲労は蓄積していくばかりでなく、あなたの免疫力も奪い去っていってしまいます。逆に日常のサイクルが決まっている人は、疲労を翌日に持ち越さず、本来持っている免疫力を落とさずに日常生活を送ることができますから、それだけで風邪対策をしていることになるのです。

ただ、忙しい現代人にとって、1日のスケジュールを毎日同じにしよう!と言ってもなかなか難しいもの…。そこで、お勧めなのは、毎日決まった時間にすることを1つ決め、実行するということです。例えば、ランチは必ず12時に取るようにするとか、起きる時間だけは決めておく…などのように、1つでもポイントを決めておくと、だんだんそのポイントに合わせた行動をとるようになり、少しずつ規則的な生活サイクルが出来上がっていくようになるはずです。忙しい人ほどお勧めの方法です。ぜひ試してみてください。


■風邪をひかない食事って?

食事の面でも風邪対策をすることは可能です。一般的に風邪予防に良いとされるのはビタミンCやA等ですが、取りすぎると逆効果になることもあります。大切なことはバランスです。身体が本来持っている免疫力を高めるように、ビタミンだけでなくミネラルなどの成分もしっかりと食事の中に取り入れることが大切です。


ビタミンCはフルーツやブロッコリーなどの緑野菜に含まれていますし、ビタミンAは緑黄色野菜、例えばニンジン、ホウレン草、カボチャなどに豊富に含まれています。

また、免疫力を高めるという意味で注目されているミネラルとしては亜鉛があります。亜鉛を取るならカキのような魚介類がお勧めですが、なかなか毎日というわけにはいきません。そこで、大豆のような豆を使った製品がお勧めです。これらをバランスよく取って、風邪をひかない身体作りを心がけていきましょう。

そして、さらにもう一歩踏み込んだ対策としては、血行を良くするという点が挙げられます。身体を温めて、血の巡りを良くすると、免疫力が高まるという効果があるのです。冬は自然と温かいメニューを選ぶことが多いと思いますが、夏でも温かいスープなどで身体を冷やさないことを意識してみましょう。また、ネギ・ニンニク・ショウガなどの食品も、血行改善・免疫増加にはお勧めですから、夏こそこういった食品を食べるようにしたいものです。

緑黄色野菜

風邪予防対策はコレ!

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報