1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 健康
  3. H&B用語辞典
  4. 【50音順で調べる】マ行

H&B用語辞典

H&B用語辞典 マ行

【サーカディアンリズム】
サーカディアンリズム

概日リズムとも呼ばれ、生物が本来体内に備えている24時間周期の体力維持・調整リズムのこと。

分野:その他

≪ヘルス&ビューティー用語辞典トップに戻る

【マッサージ】
マッサージ

美容手法として行われるマッサージには顔を対象とするフェイシャルマッサージとそれ以外の部分を対象とするボディマッサージがあります。マッサージがもたらす美容効果として、血液やリンパの流れをよくし、組織への栄養補給が行き届いて、新陳代謝を活発にさせます。

分野:健康法

≪ヘルス&ビューティー用語辞典トップに戻る

【ミネラル】
ミネラル

5大栄養素のひとつ。無機質を呼ばれ、微量ながら身体の構成成分として重要な役割を果たしています。ただし体内で作り出すことができません。ミネラルは多すぎても少なすぎても健康を害しやすいので、必要量をとるように心がけることが大切です。

分野:ヘアケア関連

≪ヘルス&ビューティー用語辞典トップに戻る

【むくみ】
ムクミ

専門用語で浮腫といい、俗にいう「むくみ」は身体の中の水分代謝が乱れて組織間液が異常にたまった状態をいいます。

分野:ダイエット

≪ヘルス&ビューティー用語辞典トップに戻る

【メラトニン】
メラトニン

時計ホルモンとも呼ばれ、夜の間に盛んに作られます。睡眠・覚醒のリズムを整える作用があり、ストレスを和らげる作用があります。

分野:その他

≪ヘルス&ビューティー用語辞典トップに戻る

【メラニン】
メラニン

生体内で合成される色素。ユウメラニンとフェオメラニンの2種類がある。ユウメラニンが多いと肌も毛髪も黒っぽさが濃くなり、フェオメラニンが多いと、肌色は白色となり、毛髪は赤毛かゴールドまたはブロンドになります。

分野:スキンケア関連

≪ヘルス&ビューティー用語辞典トップに戻る

【免疫】
メンエキ

体に備わった生体防衛機構のこと。生活環境にある細菌やウイルス、さらに空気中のほこり・花粉・食べ物など、体に何らかの影響を与える物質(抗原)が再び体に侵入した時に、身体を守るために作られる抗体との間で起こる抗原抗体反応を免疫をいいます。

分野:その他

≪ヘルス&ビューティー用語辞典トップに戻る

【毛幹】
モウカン

皮膚より上に出ている毛髪部分のこと。一般的に毛と呼んでいる部分。反対に皮膚の中に隠れている部分を毛根という。

関連用語: 毛球 毛根

分野:ヘアケア関連

≪ヘルス&ビューティー用語辞典トップに戻る

【毛芽】
モウガ

抜け落ちた毛髪の代わりにその場所に新しい毛髪をつくるためにつくられる小さな毛包のこと。ヘアサイクルの休止期から成長期にかけて、なえていく状態の毛包の真下に現れる。

関連用語: 毛球 毛根

分野:ヘアケア関連

≪ヘルス&ビューティー用語辞典トップに戻る

【毛球】
モウキュウ

毛根の一番端にあって、ラッキョウのような形をしたふくらみのある部分です。

関連用語: 毛根

分野:ヘアケア関連

≪ヘルス&ビューティー用語辞典トップに戻る

【毛根】
モウコン

一本の毛髪の根元にある皮膚の中にかくれて見えない部分がすべて毛根と呼ばれます。深いものは皮下組織にまで達している場合もあります。

関連用語: 毛球

分野:ヘアケア関連

≪ヘルス&ビューティー用語辞典トップに戻る

【毛周期】
モウシュウキ

毛周期とは、一定の年数を過ぎると、自然に脱毛し、また同じところから毛髪が生えてくる毛髪のうつりかわりの周期のこと

関連用語: 毛球 毛根 枝毛 白髪

分野:ヘアケア関連

≪ヘルス&ビューティー用語辞典トップに戻る

【毛小皮】
モウショウヒ

毛表皮とも呼ばれ、英語でキューティクルとも呼ばれます。毛髪の一番外側の部分を覆い、外部からの攻撃を防いでいます。

関連用語: 毛球 毛根 枝毛

分野:ヘアケア関連

≪ヘルス&ビューティー用語辞典トップに戻る

【毛乳頭】
モウニュウトウ

毛根の根本にある毛球の底に密着している真皮組織の部分。神経抹消、毛細血管、リンパ管などが入り込んでいる。

関連用語: 毛球 毛根

分野:ヘアケア関連

≪ヘルス&ビューティー用語辞典トップに戻る

【毛母細胞】
モウボサイボウ

毛球部分の毛乳頭に面している細胞のこと。頭皮の基底細胞のような役割を担っています。

関連用語: 毛球 毛根

分野:ヘアケア関連

≪ヘルス&ビューティー用語辞典トップに戻る

風邪予防対策はコレ!

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報