たるみ改善法

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 健康
  3. 健康美容通信
  4. たるみ改善法

健康美容通信

たるみ改善法

たるみの原因は年齢のせいだけじゃない!?今回はたるみの原因と予防法をご紹介します。

たるみの原因となる3大要素

たるみの原因はコラーゲンの減少や弾力成分エラスチンの減少です。肌に弾力がなくなると重力に逆らえなくなり、たるんできます。他にも、紫外線や極端な肥満・ダイエットなども皮膚のたるみの原因です。また、その人の肌タイプや顔立ちによって、さまざまな形で肌に現れてきます。

3大たるみタイプの特徴

@毛穴たるみタイプ
初期のたるみは頬などにある毛穴の開きから現れ始めます。若いうちは、ハリのあるコラーゲンが真皮にぎっしりとあり、毛穴をまわりから支えています。それが次第にゆるんで支える力が低下し、毛穴が開いてくるのです。この毛穴がつながるようにして、シワができます。

A目元たるみタイプ
目元の薄い皮膚がたるむとクマが目立ちます。目を保護するために、眼球のまわりには脂肪がありますが、これを支える下まぶたの皮膚がたるみ、膨らんで見えるようになるのが涙袋です。他にも人によって上まぶたにたるみが出来てまぶたが垂れ下がってしまう人もいます。

B法令線たるみタイプ
口の両側にシワができる法令線は、表情ジワと違い、たるみによるものです。そのため笑っていない無表情の時でも法令線は消えません。口もとの皮膚のたるみと一緒に、頬の厚い脂肪が下がってきているのが原因です。ほかのシワに比べると非常に深いシワなので、簡単に改善することができません。

3大たるみタイプの特徴

保湿とマッサージでたるみ改善!

皮膚のコラーゲンはリンパの流れをスムーズにすることで強化されます。また、顔の筋肉は普段あまり使わないと衰えてきますので、適度にマッサージなどをして刺激を与えると、たるみを食い止める効果が期待できます。また、普段から真皮に影響を及ぼす紫外線を防いだり、じゅうぶんな保湿で乾燥を防ぐなどのスキンケアにも注意しましょう。
浅い乾燥ジワなら定期的なマッサージでかなり薄くすることができます。

頬のマッサージ
両手の親指と小指以外の三本の指を左右の頬骨にそってそれぞれ置き、らせんを描くように刺激します。これを5回繰り返します。

頬のマッサージ

目の周りのマッサージ
両手の中指を左右の目頭に置き、目の回りを刺激します。これを5回繰り返します。

目の周りのマッサージ

口の周りのマッサージ
両手の中指を口の下に置き、口の両脇を通って法令線で止めます。これを5回繰り返します。

口の周りのマッサージ

他にもたるみ専用の化粧品が売られています。肌の弾力を取り戻すためにはコラーゲンに働きかける*ビタミンC誘導体・レチノール・ピーリングなどがコラーゲンを増やす成分などが代表的です。
毎日の習慣に自分の肌にあった美容成分を取り入れてみてはいかがでしょうか。

*
ビタミンC誘導体・・・生体内への吸収力を高め、生体内で酵素反応によってビタミンCとなるもの。
レチノール・・・ビタミンAの一種。
ピーリング・・・皮膚の老廃物を除去し、ターンオーバーを助ける方法。

おすすめ美容アイテム

とうもろこしのひげ茶

とうもろこしのひげ茶

ほんのりとした甘みと香ばしさが特徴のノンカロリー・カフェインゼロのお茶です!

詳しくはこちら

▲ページのTOPへ

 

風邪予防対策はコレ!

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報

開運メイク

とうもろこしのひげ茶