冷え性対策(1) 体が冷える理由

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 健康
  3. 健康美容通信
  4. 冷え性対策(1) 体が冷える理由

健康美容通信

冷え性対策(1) 体が冷える理由

万病の元となる「体の冷え」。今、老若男女を問わず、体の冷えを訴える人が急増しています。
今回は、体が冷える理由をご紹介します。

冷えは万病の元

冷えは万病の元東洋医学には、「冷えは万病の元」という考え方があります。
体が冷え、体温が下がると血流が悪くなります。
すると全身に栄養や酸素が行き届きにくくなり、その結果病気に対する免疫力も下がってしまうのです。
逆に、体温を上げると病気に対する免疫力も上がり、ガンにもなりにくいとされています。

女性特有の悩みとされてきた「冷え」ですが、最近では男性や子供にも多くみられます。
しかし、冷えは自覚症状として現れにくいため、なかなか体が冷えていることには気付きにくいものです。

冷えを判断する方法

では、どういう状態を「体が冷えている」と判断するのでしょうか。
まずは、手足が冷たい人。これはご自分ですぐに分かると思います。しかし、手足は温かい「隠れ冷え性」の人も増えています。

・体温が35度台の人、お腹が冷たい人
手足が冷えていなくても、体の内部が冷えていることがあります。

・体がむくみやすい人、汗っかきの人
体内に余分な水分がたまって冷えている可能性があります。

・暑がりの人
体が冷えているため、快適だと感じる温度が低い可能性があります。

また、外見や尿の色から判断する方法もあります。
肌や唇、舌の色が白っぽい人、尿の色が透明・白っぽい人などは手足が冷えていなくても、体内が冷えていると考えられます。

体温別健康チェック

健康な人の体温は36.5度から37.0度だと言われています。
ただ、発熱している時でない限り、体温の変化は自分では気付きにくいものです。
ここでは、体温別に体の健康状態がどう変化するのか見てみましょう。

・28.0度以下:生命活動が停止した状態です。つまり人間は体温が28.0度以下では生きることができません。
・30.0度:生命が危険にさらされた状態です。意識を失い、昏睡状態になります。
・33.0度:重度の低体温症になった状態です。幻覚や錯乱などの意識障害が現れると言われています。
・35.0度:免疫力が下がり、病気になりやすい状態です。ガン細胞が最も活発に増殖する体温です。
・35.5度:自律神経失調症やアレルギー症状が出やすい状態です。
・36.5度〜37.0度:健康な状態です。免疫力が高く、ガンにもなりにくい体温です。
・37.0度以上:発熱している状態です。39.3度になるとガン細胞は死滅します。

いかがでしょうか。
体温が低い状態が、病気になりやすいことがお分かりいただけると思います。

体が冷える5つの理由

現代日本人の体が冷えている理由。
それは、生活習慣に大きな原因があると考えられます。
今、手足が冷えているという実感のない方でも
以下の5つに当てはまると感じる方は多いのではないでしょうか。

1. 運動不足

通勤通学に車や電車を使う、一日中パソコンの前で仕事をするなど、現代人の多くは体を動かす機会が減っています。
体を動かさない結果、体温を産み出す筋肉が減り、血流が悪くなり、体温が下がってしまうのです。
逆に、しっかり運動をして筋肉を使うと、血流は良くなり、体温も上がります。

体が冷える5つの理由

2. ストレスが多い

体内の血流をコントロールしているのは自立神経です。
この自律神経には交感神経と副交感神経の二種類があります。
血管を収縮させるのが交感神経、血管を拡張させるのが副交感神経です。
私たちが仕事や人間関係でストレスを感じた時には、交感神経が優位な状態となります。
すると無意識のうちに血管が収縮してしまい、血流が悪くなってしまうのです。

3. 食生活の変化

食物には、体を冷やすものと体を温めるものがあります。
暖かい土地でよく育つもの、暖かい時期に旬を迎えるものは体の熱を冷まし、寒い土地でよく育つもの、寒い時期に旬を迎えるものは体を温めるのです。
しかし、現代では旬に関係なく、一年中食べたいものを手にいれることができます。
その結果、夏野菜のきゅうりやトマト、なすを冬に食べるなどして体を冷やしている人が多いのです。
また、生野菜の食べすぎ、冷たい飲み物の飲みすぎも胃腸を冷やすことにつながります。

4. エアコンの利用

冬だけでなく夏にも冷える人が増えたのは、エアコンの利用が増えたためでしょう。
エアコンで部屋が冷えていると汗をかかず、体の体温調節機能は鈍くなります。
また、屋内・屋外で温度差が大きいと、体温を調節する自立神経にも負担がかかってしまいます。

5. 入浴の仕方が悪い

体を温めるには、血行を良くして汗をかき、体内の余分な水分を排出することも必要です。
汗をかきにくい冬は特に、しっかり湯船につかって汗をかくことが大切です。
しかし、最近では冬でも入浴はシャワーですませるという人が増えています。
シャワーを浴びるだけでは血行を促進できず、結果的に体を冷やすことにつながってしまいます。

体の冷えを取り、体温を上げるには、生活習慣を改善することが欠かせません。 次回は、体を温める方法を具体的にご紹介します。

参考文献
■五味パズルでマスター かんたん薬膳/武 鈴子 著 (講談社)
■元気とキレイの薬膳的暮らし/パン ウェイ 著 (PHP研究所)
■実践版 生姜力/石原 結實 著(主婦と生活社)

文:株式会社オールスパイス・藤野尚美

オススメ商品

とうもろこしのひげ茶340ml

とうもろこしのひげ茶340ml

甘くて香ばしいとうろもこしのひげエキスが入ったお茶です。カロリーゼロ、カフェインゼロなので小さなお子様でも安心してお飲みいただけます。

詳しくはこちら

▲ページのTOPへ

風邪予防対策はコレ!

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報

開運メイク

とうもろこしのひげ茶