節電の夏を乗り切る!からだの上手なクールダウン

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 健康
  3. 特集
  4. 節電の夏を乗り切る!からだの上手なクールダウン

節電の夏を乗り切る!からだの上手なクールダウン

今年も暑い夏がやってきます。毎年のように過去最高気温が更新されて、うだるような暑さが当たり前になりつつあります。しかし、わかっていても熱中症になる人は後を絶ちません。そこで今回は“汗博士”として著名な五味常明先生に、現代の日本人の身体と熱中症対策について教えてもらいました。

五味クリニック院長 五味常明先生
■名前
五味クリニック院長
五味常明(ごみつねあき)先生
■プロフィール
医学博士。流通経済大学客員教授。日本心療外科研究会代表。患者の心のケアと外科的手法を組み合わせる「心療外科」を提唱。わきが・多汗症治療を専門とした20年以上の実績から、汗・においの専門家として数多くのTVや雑誌に出演。
近著『暑さに負けないクールダウン健康法』(アスコム)ほか著書多数。
五味クリニックのHP

節電モードで熱中症が急増!?

昨年夏、例年にない一斉節電を試みた多くのオフィスでは、暑さにぐったりで仕事が進まない、汗がベトベトして不快、など苦悩の声が。

これは、現代の日本人がエアコン依存で暮らしてきた証拠です。移動中を含め行く先々すべてに冷房がきいた生活に慣れてしまうと、上手に汗をかけなくなります。 現代人の集中力が落ちるのは、暑いと感じても上手に汗をかけず体温を下げれなくなってしまったから。塩分の多いベトベト汗は、汗の出口である汗腺の機能低下によるものです。

上手に汗をかけないと必要なミネラルを失い、体温の上昇に耐えられなくなって人間は倒れてしまいます。これが熱中症です。

汗が嫌いという女性が多いですが、汗をかくのは身体の重要なメカニズム。人類の進化の賜物なのです。 汗が嫌いという女性が多いですが、汗をかくのは身体の重要なメカニズム。人類の進化の賜物なのです。

「絶対クーラーをつけないぞ!」は絶対ダメ

いきなり極端な節電モードに切り替えるのは非常に危険です。我慢しすぎて自覚症状を見過ごせば、熱中症で怖い思いをすることに。日本には四季があり、冬と夏では活動している汗腺の数が違います。
梅雨の時期から半身浴や軽い運動などで汗をかき、身体中の汗腺を目覚めさせて準備を。そのうえで必要ならクーラーも活用し、徐々に設定温度を上げたり時間を短くして、クーラーから卒業できるとよいでしょう。

炎天下じゃなくても気絶する!? 熱中症のおもな症状

以前は炎天下で起きるとされていましたが、現在では室内熱中症が知られています。軽度ならすぐ回復しますが、特に高齢者は「睡眠時熱中症」という脳梗塞に似た熱射病で亡くなることも。
このように熱中症には3つの段階があり、水分とミネラルが不足することで始まります。順に重症度が高く、意識を失うほどの症状になれば最も重篤で、命の危険さえあるのです。

○熱けいれん
血中の塩分低下によるもの。足などがけいれんする。真水で水分補給しても起きる。スポーツドリンクや塩分の摂取を。
○熱疲労
脱水症状によるもの。脱力感やめまいを感じる。必要以上の汗をかき水分が不足した状態。水分補給して体を冷やす。
◎熱失神
脳の血流不足。脱水が続いて血圧が低下するもの。数秒で意識が回復し、問いかけに応答できる。涼しい場所で水分補給して身体を冷やす。
●熱射病
脳障害。汗が止まり、著しく対応が上昇する緊急事態。倒れて意識を失う。すぐに救急車を呼び、急激に身体を冷やす応急処置が必要。

どうすれば予防できるの?

  • 1水分を補給する
  • 2身体を冷やす

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでアイリス暮らし便利ナビをフォロー

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報