肌にもいい!夏バテ解消レシピ

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 健康
  3. 特集
  4. 肌にもいい!夏バテ解消レシピ

肌にもいい!夏バテ解消レシピ

食欲不振やだるさなど、毎年この季節になると夏バテに悩まされる方、夏の体に適した食事をしていますか? 暑いときでも食べやすく、バテた身体を元気にする食材、それは色とりどりの「夏野菜」。夏バテはもちろん、美容にもいい夏野菜をたっぷり使ったレシピをご紹介します!

インナービューティープランナー 木下あおいさん
■お話しを伺った方
インナービューティープランナー
木下あおいさん
■プロフィール
管理栄養士。内側からの美と健康を追求し、料理教室や食育イベントなどをプロデュース。近著に『一瞬でお料理上手になるごはんの魔法』(中経出版)、共著に『東京ダイエットグルメ 食べて安心、キレイになる。』(TBSサービス)がある。
木下あおいさんのブログはこちら→http://ameblo.jp/aoi-kinoshita/

“夏バテ”ってどういうこと?

夏バテの大きな原因

夏バテとは、夏季の暑さによって表れる様々な症状のことです。なんだか気分がのらない、だるいといった疲労症状から、食欲不振、むくみ、集中力欠如まで多岐に渡ります。

大きな原因は以下の3つ。

1、体内の水分・ミネラル不足
暑い環境では体は汗をかいて体温を下げようとします。この時、水分と一緒に体内のカリウム等のミネラルも排出され、脱水症状やだるさ等をまねきます。
2、消化・吸収機能の低下による栄養不足
夏は、冷たい麺類や飲み物を摂取することが多く、胃腸を冷やしすぎるため消化・吸収機能が衰えやすくなります。食欲も失せやすく、エネルギー源となる炭水化物・脂質、体を構成するたんぱく質・ミネラル、代謝を円滑にさせるビタミンなどの栄養素が不足し、体調不良に繋がります。
3、温度差による冷え
冷房の効いた室内と外の蒸し暑さとの温度差によって、体温調節機能である自律神経の働きが乱れ、体に冷えが溜まりやすくなります。冷えは血流を滞らせ、様々な症状を引き寄せます。

夏バテをケアしないと…

夏バテをケアしないと…

慢性的な食欲不振、無気力、疲労感、だるさ、
下痢や便秘、頭痛、めまい、たちくらみ、
風邪、胃腸障害、肌の老化

などの不調が続き、放っておくと深刻な病気に発展してしまうことも。

夏バテをケアする食事のポイントは?

夏バテをケアする食事のポイント

夏バテの予防と改善で重要なのは十分な睡眠と栄養補給です。ここでは夏バテケアの食事のポイントについてお伝えします。

1、夏野菜を多く摂取する
夏に不足しがちなのはビタミンC、ビタミンB1、カリウム。これらの栄養素は、パプリカ、ピーマン、枝豆、きゅうり、トマト、カボチャなどの夏野菜に多く含まれています。
2、なるべく全粒穀物を選ぶ
白米や白パンなど、精製された穀物を使った炭水化物は食べやすくて美味しいのですが、残念ながら精製されると、ビタミンB1や食物繊維などがごっそり失われています。玄米や、全粒粉を使ったパンなどで疲労回復に欠かせないビタミンB1を摂取するようにしましょう。
3、無理に食べなくてOK
食欲がないときは無理に食べなくてOK。胃腸が弱っているときに無理に食べようとすると身体に負担がかかり逆効果になることも。スムージーやジュースなど吸収のいいものでビタミン・ミネラルの補給をしつつ回復を待ちましょう。
次ページからは夏野菜をたっぷり使ったレシピで、夏バテを内側からケアする方法をお伝えします。

風邪予防対策はコレ!

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報