実はこんなに汚れている!?加湿器のお手入れ方法

アイリス暮らし便利ナビ

  1. 実はこんなに汚れている!?加湿器のお手入れ方法

実はこんなに汚れている!?加湿器のお手入れ方法

実はこんなに汚れている!?加湿器のお手入れ方法

冬場は空気が乾燥していて、暖かくしようとエアコンをつけるともっと乾燥してしまいますよね。そんな冬場の必須アイテムとなっているのが加湿器です。おしゃれなデザインのものや、いろいろな機能が付いている加湿器が発売されています。
冬は手放せない加湿器ですが、実は内部がとても汚れやすいということを知っていますか?種類別の加湿器の汚れや、お手入れ方法をお伝えします。

1.実はこんなに汚れている加湿器

「加湿器は水を水蒸気にして空気中に放出するだけだから、汚れようがない」と考えている人が多いかもしれません。確かに使用するのは水だけなので、たとえ汚れたとしてもたかが知れているように思えます。

しかし、加湿器を使っていると、水が触れる部分にいつのまにか水垢が付いていることに気づくのではないでしょうか。加湿器に入れる水道水には塩素やカルシウム、ミネラルなどのさまざまな成分が含まれています。

それらが水垢となってフィルターに付着すると、嫌なニオイが発生することがあります。また、水垢によってフィルターの目が詰まり加湿能力が落ちます。

加湿気化フィルター

加湿器にはいろいろな種類がありますが、その中でも超音波加湿器は、タンクの水をそのまま超音波で細かい粒子にして放出しています。そのため、水の中に雑菌が混じっていた場合、雑菌も一緒に部屋の中にまき散らしてしまうのです。

雑菌が混じった水が放出されると、呼吸をするときに雑菌も一緒に吸い込むことになり、いろいろな病気になる可能性が高くなります。

給水タンク

さまざまな雑菌の中でも注意が必要な雑菌のひとつがレジオネラ菌です。レジオネラ菌は土の中など自然界に存在する菌で、自然界にある分には問題ありません。

しかしお湯を循環させる方式のお風呂や噴水、そして加湿器など、人工の環境下で増殖しやすくなります。

風邪こども

特に、水や設備が衛生的に保たれていない場合に増殖することが多く、レジオネラ菌がたくさん含まれた水がある環境下にいると、どうしても空気中に交じる菌を吸い込んでしまうのです。

レジオネラ菌をたくさん吸い込むと肺炎などの重篤な症状を引き起こすことがあり、死亡するケースもあります。特に体力がない子どもや高齢者は感染しやすいため、加湿器を清潔に保って菌が発生しないように注意しなくてはいけません。

加湿器を使用する際は、毎日水を入れ替えてきちんとお手入れすれば、風邪予防にもつながる便利なアイテムです。加湿器を選ぶ時は、デザインだけを重視するのではなく、お手入れする手間も考えて選ぶ必要があります。

2.加湿器の種類とお手入れ方法

加湿器にはいろいろな種類があり、それぞれ水を空気中に放出する方法が違います。また、種類によって汚れやすさが変わります。
汚れやすい順に加湿器の種類とお手入れ方法をお伝えします。

  • 1位 超音波式
    超音波式

    加湿器の中で最も汚れやすいのが超音波式の加湿器です。

    デザイン性が高くおしゃれな見た目のものが多いのが特徴で、値段もリーズナブルです。超音波式の加湿器は、タンクの水を超音波で細かい粒子に変え、その水を空気中に放出します。

    このとき、水に含まれるものをそのまま全部放出するため、水に雑菌が混じっていると雑菌混じりの粒子が出てくるという危険性があります。

    超音波式

    お手入れ方法タンクの水は毎日交換します。交換時にタンクに少量の水を入れてフタをし、振り洗いして水を捨てましょう。

    本体に残っている水を捨て、内部をスポンジや古い歯ブラシでこすり汚れを落とします。全体を柔らかい布で拭いて完了です。フィルターやトレーなど外せるところがあれば外し、一緒に流水で洗う、布で拭くなどのお手入れをしましょう。

  • 2位 気化式
    気化式

    気化式は水をフィルターに吸わせてファンの風を送ることにより湿った空気を放出します。

    電気代が安いのが特徴ですが、フィルターが常に水を含む状態となるため、こまめに水を変えてフィルターのお手入れをしないと雑菌が繁殖しやすくなります。抗菌仕様のフィルターを使用している場合もありますが、こまめな手入れが必要です。

    気化式

    お手入れ方法タンクの水は毎日交換します。交換時にタンクに少量の水を入れてフタをし、振り洗いして水を捨てましょう。

    フィルターとトレーは1ヶ月に1度掃除をします。外側のフィルターは外して掃除機で汚れを吸い取り、元通りに取り付けます。加湿フィルターは水で押し洗いします。洗った後すぐに加湿器を使う場合は、濡れたまま取り付けて問題ありません。

    においが気になるときはクエン酸水でゆすいだり浸け置きをしたりして洗うと汚れが簡単に落ちます。トレーは水洗いして、スポンジや古い歯ブラシで汚れを落とします。加湿フィルターは定期的な交換が必要です。取扱説明書を見て交換時期が来たら新しいものに変えましょう。

  • 3位 スチーム式(加熱式加湿器)
    スチーム式(加熱式加湿器)

    スチーム式はタンクのお湯を沸かし、その蒸気を放出するシステムです。お湯を沸かすため煮沸消毒されるので、放出される蒸気に雑菌が混じる心配がぐっと少なくなります。

    ただし、お湯を使うので吹き出し口が熱くなりやすいのがデメリット。小さなお子さんやペットがいる家では、置く場所を注意しなくてはいけません。

    スチーム式(加熱式加湿器)

    お手入れ方法タンクの水は毎日交換します。交換時にタンクに少量の水を入れてフタをし、振り洗いして水を捨てましょう。

    本体に残っている水を捨て、柔らかい布で全体を拭きます。気になる汚れは古い歯ブラシなどでこすって落としましょう。

    汚れがひどいときは、クエン酸水をタンクに注ぎ入れ、1時間程度運転させます。その後、クエン酸水を捨てて全体を水でもう一度洗うと汚れがきれいに落ちます。

  • 4位 ハイブリッド式
    ハイブリッド式

    気化式にヒーターをプラスし、フィルターに温かい空気を当てて空気を放出するのがハイブリッド式となります。また、超音波式にヒーターをプラスしたタイプもあります。値段が高いことが多いのですが、その分抗菌作用が施されているモデルが多いので、安心して使える加湿器だといえるでしょう。

    ハイブリッド式

    お手入れ方法タンクの水は週に1度交換します。交換時にタンクに少量の水を入れてフタをし、振り洗いして水を捨てましょう。吸気口カバーも週に1度外してフィルターを水洗いし、完全に乾かしてからセットします。

    ハイブリッド式は加湿気化フィルターやトレーのお手入れが必要です。お手入れサインが点灯してお手入れ時期を教えてくれるタイプもありますので、サインが点灯したらすぐにお手入れをしましょう。フィルターは外して水ですすぎながら洗います。2回に1回はクエン酸水で洗うと効果的に汚れが落ちます。

    トレーの水を捨てて内部をスポンジなどで洗い、フィルターとトレーを元通りにセットすれば完了です。汚れがひどいときは、クエン酸水にしばらくフィルターを浸け置きしましょう。

3.加湿器を清潔に保つ方法

超音波式や気化式はこまめに、そして汚れにくいとされるスチーム式や気化式も定期的なお手入れをして加湿器を清潔に保つことが必要です。

どのタイプの加湿器でも使えるお手入れグッズのひとつがクエン酸です。加湿器にはどうしても水垢がついてしまいます。水垢はアルカリ性の汚れです。これを効果的に落とすには、酸性の性質を持つクエン酸を使うのがおすすめです。

クエン酸はドラッグストアにて300円程度で購入でき、触れても身体に害がないため安心して使えます。掃除に使うときは、クエン酸を水に溶かして約5%のクエン酸水を作ります。クエン酸水でこすったり浸け置きをしたりすると、簡単に水垢の汚れを落とすことができます。

では、実際に汚れが目立つ加湿器をお手入れしてみましょう。

使用したアイテム

加湿器画像

加熱式加湿器

お手入れ方法

  1. 加湿器のタンクを外し、本体の底に溜まっている水を捨てます。
  2. クエン酸水を作ります。(ぬるま湯1リットルに対して、およそクエン酸50g(約5%)を入れて混ぜます)
  3. タンクにクエン酸水を入れ、2〜3時間電源を入れます。
  4. 溜まっていた水を捨て、何度がすすぎ洗いをします。
  5. こびりついて取れにくい汚れは布きんなどを使用してこすり落とします。
BEFORE
BEFORE
AFTER
AFTER

クエン酸は無害ですので、安心してお掃除に使用することが出来ます。落ちにくかった汚れがみるみる落ちるので気持ちが良いです。ぜひ試してみてください。

4.シーズンオフになったら

しまう前に・・・

シーズンオフになり加湿器をしまうときが来たら、分解できるところは外し、すべてのパーツを洗ってお手入れをします。本体も柔らかい布で拭き、外側の汚れは中性洗剤を溶かした水を含ませた雑巾で拭き取っておきましょう。フィルターは陰干しして乾かします。

しばらく組み立てずに置いておき、しっかりと全体を乾燥させてから元通りに組み立てて、次のシーズンが来るまでしまっておきましょう。

水分が残っているとカビが生える原因になりますので注意して下さい。

5.まとめ

冬場は欠かせない存在となりつつある加湿器ですが、加湿器の種類によっては雑菌が繁殖しやすく、こまめなお手入れが必要です。特に超音波式の加湿器は水に含まれているものを全部粒子にして飛ばすため、毎日必ずタンクの水を交換して雑菌の繁殖を防ぐことが大切です。

また、高い価格帯の加湿器は抗菌機能が付いていることが多く、お手入れの頻度が少なくて済みます。加湿器を購入する際は、お手入れのことまで考えて何を買うかを決めることをおすすめします。

正しく使えば、風邪予防にもなる便利アイテムですのでぜひ活用してください。

おすすめ商品

強力ハイブリッド式加湿器 750ml

強力ハイブリッド式加湿器 750ml

ヒーターで温められた水が超音波振動によって霧状(ミスト)になり室内を加湿する、強力ハイブリッド加湿器(加熱式+超音波式)です。

詳細はこちら

※アイリスプラザに移動します。

気化ハイブリッド式加湿器 700ml

気化ハイブリッド式加湿器 700ml

温風気化式と自然気化式を自動切り替えし、室内の湿度・温度を測定し、ウィルスが活動しやすい環境かどうか、肌に適切な温湿度かどうかをLEDランプでお知らせします。

詳細はこちら

※アイリスプラザに移動します。

超音波式加湿器 樽型

超音波式加湿器 樽型

ボタン一つで加湿量の調節が可能です。ボタンの光で運転状況をお知らせしてくれるので、一目で状況がわかります。

詳細はこちら

※アイリスプラザに移動します。

超音波式加湿器 チムニー型 ホワイト

超音波式加湿器 チムニー型 ホワイト

コンパクトでインテリアにもマッチする超音波式の加湿器です。リモコン付きなので、遠くからも操作ができます。

詳細はこちら

※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでアイリス暮らし便利ナビをフォロー

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報