PM2.5対策!正しいマスクのつけ方

アイリス暮らし便利ナビ
  1. PM2.5対策!正しいマスクのつけ方

PM2.5対策!正しいマスクのつけ方

大気汚染PM2.5とは?

大気中に浮遊している2.5μm(1μmは1mmの千分の1)以下の小さな粒子のことで、従来から環境基準を定めて対策を進めてきた浮遊粒子状物質(SPM:10μm以下の粒子)よりも小さな粒子です。

PM2.5は非常に小さいため(髪の毛の太さの1/30程度)、肺の奥深くまで入りやすく、呼吸系への影響に加え、循環器系への影響が心配されています。

※環境省_微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報より

効果的な対策は?

正しくマスクを着用し、体の中に入れない。

何よりも、PM2.5を体の中に入れないことが大切です。
ただマスクをしているから安心ということではなく、正しいつけ方をしないと、マスクをしていてもPM2.5は粒子が細かいので、体の中に入ってしまう恐れがあります。
また、風邪ウイルスやインフルエンザウイルスも同様の対策をすることで未然に防ぐことができます。

また、「N95」、「F95」、「DS2」と言われる米国労働安全衛生研究所(NIOSH)が認定した規格に合格したマスクを付け、体にPM2.5を入れないことが大切です。

※米国労働安全衛生研究所(NIOSH)認定基準・・・直径 0.3 μmの粒子を、95%以上の捕集効率を持つマスクのことを表します。

正しいマスクのつけ方

  
  • 1.プリーツを伸ばし、マスクが立体になるように広げます。1.プリーツを伸ばし、マスクが立体になるように広げます。
    ※ノーズフィッターのある方が上部になります。
    ※耳ゴムが取り付けてある方が内側です。
  • 2.マスクを顔に当てて、ノーズフィッターを鼻の形に合わせます。2.マスクを顔に当てて、ノーズフィッターを鼻の形に合わせます。
  • 3.マスクをおさえた状態で耳ゴムを掛けます。3.マスクをおさえた状態で耳ゴムを掛けます。
    ※顔とマスクの間に隙間が出ないよう、マスクの形を整えてください。

アイリスオーヤマ マスク開発者推奨!
マスクをつける時の3つのポイント!

  • Point 1マスクを顔に当て、鼻の形に添うようにワイヤーを折り曲げましょう。
  • Point 2プリーツではあごの下まで伸ばす。頬の隙間が出ないように調節しましょう。
  • Point 3自分の顔に合ったサイズを選びましょう。
  • ノーズフィッターがついているタイプがオススメ
  • 一番すきまがでやすい場所です。ぴったりフィットするマスクを選びましょう
  • 特にプリーツタイプのマスクの場合、プリーツ部分をしっかり広げ、あごの下まで覆うようにつけましょう

PM2.5マスク (子供サイズ・普通サイズ)

高機能ダブルフィルターで、細かい粒子もしっかりキャッチ! 耳ゴムを通常よりも若干短めに設定し、顔へのフィット感をさらにアップしました。 幅6mmのやわらかい平ゴムを使用しているので、耳が痛くなりにくくなっています。PM2.5マスクはこちら≫

N95マスク

米国NIOSH認定の本格仕様のN95*折りたたみ式マスクです。 口元に空間を残す構造になっていますので、唇に触れない隙間のある構造になっています。 N95マスクはこちら≫

美フィットマスク

小顔効果と高密着を両立するマスク。新開発「Vフィット形状」で浮き上がりやすい頬とあごの密着性を高め、PM2.5やウイルス飛沫などの侵入をガードします。 美フィットマスクはこちら≫

アイリスオーヤマ マスク開発者推奨!
暑い季節にマスクをつける時のポイント!

  • Point 1ムレを軽減するマスクを着用する。
  • Point 2口元の結露を軽減する素材のマスクを着用する。

メントールマスク (大きめサイズ・ふつうサイズ)

アロマオイル入りカプセルが付いたマスクです。ぷちっとつぶして心地よい香りを楽しめます。 口元の結露・まとわり付きを防ぎ、快適な使用感をキープする加工を施しています。 メントールマスクはこちら≫

アイリスオーヤマ マスク開発者推奨!自分の顔に合ったサイズを選ぶなら
種類豊富なプリーツ・立体ベーシックマスクシリーズがおすすめ!

  • Point 幼児・学童・小さめ・ふつう・大きめの5サイズ展開はアイリスだけ! きめ細やかなサイズコンセプトでどんな方にもぴったりフィット!

風邪予防対策はコレ!

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報