忘年会で評価UP!デキ男&デキ子のスマート宴会お作法

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 健康
  3. 忘年会で評価UP!デキ男&デキ子のスマート宴会お作法

忘年会で評価UP!デキ男&デキ子のスマート宴会お作法

忘年会シーズン到来!職場の人との飲み会が増える季節です。「正直、めんどう…」なんて思うなかれ。上司との宴も仕事のうちですから、きちんと臨めば職場の人間関係を円滑にできたり、出世のチャンスをゲットできたりなんてことも!ビジネスに効く宴会お作法を、デキ男&デキ子からしっかり学んでみましょう。

男女共通スマート宴会作法

  

まずは、宴会を始める前に幹事の基本マナーについて確認しておきましょう!
男女世代がバラバラな職場の宴会は、お店選びも大切です。 みんなが楽しめるようなお店を選ぶことや、幹事としてやらなければならない基本マナーもチェックしましょう!

【宴会前】◆4つのお礼を心掛けるべし!

4つのお礼を心掛けるべし!

ある調査によると、言われて一番うれしい言葉は「ありがとう」でした。作法とは「相手を思う心」ありきですから、「宴会を催す側」の上司に対して大いに使いたいものです。デキ男&デキ子を目指すなら、敬意を込めて4つのお礼を言っちゃいましょう。
宴会の前に「1.今夜は(明日は)楽しみにしています」などと言い、当日は目の前で「2.このような会を催していただきありがとうございます」、別れた後はメールなどで「3.御礼」をし、次に会ったときに「4.先日はありがとうございました」と4つお礼を言うと完璧です。

【宴会中】◆飲みニケーション上手に


上司にお酒を注ぐことはしていても、自分から「注いでもらう」までをしている人は少ないのではないでしょうか?上司のもとにビールを注ぎに行くときは、自分のグラスも持って行き「僕(私)も一杯いただいてもよろしいでしょうか?」とお願いするのもコミュニケーションの一種です。
「飲みニケーション」という造語もあるほど、お酒を飲みかわすことは人間関係の潤滑油になるものですし、人は頼られることを嬉しく思うものなので、ときには相手を慕って甘えるのも◎

【宴会中】◆酔った上司の気持ちを汲む

酔った上司の気持ちを汲む

お酒が入って酔った上司は、同じ話を何度もしがち。敬遠したくもなりますが、目の前の上司も、同じように上司の話を聞いてきた過去があることを想像すると、部下に「何かを伝えなければ」と話す上司の気持ちを汲んで、しっかり聞きたくなるのでは? 「さすがですね」「勉強になります」など、相手がもっと話したくなるような言葉を挟み、大きく相づちを打ちながら聞くのが、聞き方のポイントです。

【宴会後】◆上司が見えなくなるまで見送る

上司が見えなくなるまで見送る

宴会では、「お見送り」までを気を抜かずにおこないましょう。お見送りの基本は「姿が見えなくなるまで見送ること」。上司が酔っているからといって先に背を向けたり、見送りの最中に同僚とおしゃべりをしたり、携帯をいじったりするのはご法度です。
ビジネスシーンではお辞儀でしっかりと見送るものですが、くだけた宴会の場合は、上司がふりむいたら軽くお辞儀をするくらいでいいでしょう。

二日酔い防止・朝スッキリ法!

  • 二日酔いにならないためには、お酒を飲みすぎないことはもちろんですが、空きっ腹ではなく、食事をとってから
    お酒を飲むようにしたり、ウコンを取り入れて未然に防ぎましょう。
    また、飲みすぎてしまった朝は、シャワーを浴びるなど体と気分をリフレッシュさせたり、ビタミンの豊富な食べ物や
    バナナなども消化の良いものをたべると、体に残ったアルコールを分解し、回復しやすくなります。
    飲みすぎに注意してお酒を楽しんでくださいね!

▲このページのTOPへ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでアイリス暮らし便利ナビをフォロー

花粉を徹底ガード!

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報