花粉に負けない!花粉対策

アイリス暮らし便利ナビ
  1. 花粉に負けない!花粉対策

花粉に負けない!花粉対策

今や春の風物詩とも言えそうな、スギ花粉によるアレルギー症状、いわゆる花粉症ですが、皆さんは今年の症状はいかがでしょうか?
体質改善や、薬による症状の緩和については、専門の方に席を譲るとして、当サイトでは、花粉対策をご紹介します。

花粉を持ち込まない服装を心がけよう

服装の基本的な考え方は、花粉が付着しにくいものを身に着けることです。たとえば毛糸や綿の素材のものは、生地の表面がザラザラ・ボコボコしていたり、繊維が複雑に絡み合ったりしています。その様な生地の場合、花粉が付着した際、払い落としにくいので、ナイロンやレザーなどのものを着用するようにしましょう。

花粉が付きにくい花粉が付きにくい
花粉が付きやすい花粉が付きやすい

目や口、鼻などから花粉が入りにくくすることももちろん重要です。
マスクは必ず着けましょう。サイズに合ったものを正しく装着することも大切です。
また、メガネも効果があります。通常のメガネでは、花粉を完全に防ぐことはできませんが、それでも多少の効果を期待できます。
髪の毛はできるだけまとめましょう。花粉がたくさん付着することを防ぎます。また、花粉症などのアレルギー症状が出ているときは、皮膚も敏感になっていることが多いので、髪の毛による刺激も避けた方が良いでしょう。

また、花粉が静電気によって付着するのを防ぐために、コートや帽子・靴などには、帯電防止スプレーをかけておきましょう。

花粉を持ち込まない服装を心がけよう

POINT
  • 化繊やレザーなどの、ツルツル、サラサラした素材の衣類を着る
  • コート、帽子、メガネ、マスクを身につける
  • 髪はまとめる(顔にかからないように)
  • 帯電防止スプレーをかける

外出するかどうか悩んだときや外出の際には、花粉の飛散量を確認しておきましょう。

花粉飛散情報

環境省花粉観測システム
(愛称:はなこさん)
日本気象協会
http://kafun.taiki.go.jp/ http://tenki.jp/pollen/

自分に合ったマスクを選ぼう

近頃のマスクは、形も機能も豊富になりました。手ごろな値段の使い捨てマスクもあり、花粉症にとってはなかなか便利になりました。マスクを正しく着けるためのポイントを紹介します。

マスクの種類

マスクのサイズと正しい着け方

花粉症用のマスクは、花粉が入らないことが大切です。
花粉がすきまから入らないように、適したサイズのマスクを、キチンと着けましょう。
女性の場合は、普通サイズよりもやや小さいサイズの方が適しているようです。

マスクのサイズと正しい着け方

マスクをはずす際の注意

マスク表面には、花粉が付いています。マスクをはずす際には、表面を手で触らないようにして捨てましょう。

オススメアイテム
  • PM2.5マスク
    ≪捕集率≫と≪密着性≫にこだわった高機能性マスク!
    PM2.5マスク

    空気中に舞うPM2.5は、粒径が髪の毛の太さの約1/30と非常に小さな粒子です。
    そのため、高機能なフィルターを2枚仕様にすることで捕集率をアップ!
    ■商品サイズ(cm)
    ふつう:幅約16.5×奥行き約9(1枚あたり)
    こども:幅約13.5×奥行き約8(1枚あたり)

    詳しくはこちら

  • 美フィットマスク
    顔のラインに綺麗にフィットするマスク!
    美フィットマスク

    一枚ずつ包装されているので、汚れる心配もなく、持ち歩きにも便利です。
    ■商品サイズ(cm)
    ふつう:幅約17.5×高さ約9
    小さめ:幅約16.5×高さ約9

    詳しくはこちら

  • N95マスク 3枚入り
    米国で開発されたナノサイズのチリやホコリを捕集するマスク!
    N95マスク 3枚入り

    持ち運びに便利な個別包装仕様になっています。口元に余裕のある立体構造です。
    ■商品サイズ(cm)
    ふつう:幅約19.5×高さ約9.5

    詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでアイリス暮らし便利ナビをフォロー

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報