野菜になりきる!?「ベジタサイズ」でスッキリボディに!

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 健康
  3. 特集
  4. 野菜になりきる!?「ベジタサイズ」でスッキリボディに!

野菜になりきる!?「ベジタサイズ」でスッキリボディに!

「痩せた〜い!」が口グセのみなさん!一年の始まりの一月は、重い腰を上げてダイエットを決意するのにピッタリの月ですよ。今、最も旬な“野菜になりきる”ダイエット方法で、グングンスリムになっちゃいましょう!

宇多川久美子さん
教えてくれたのはこの人!
宇多川久美子さん
愛称はDr.KUMIKA。国際感食協会理事長・薬剤師・栄養学博士。ウォーキングトレーナー・デューク更家氏に師事し、独立後はボディトレーナ―として国内外で活躍中。53歳、ウエスト53cm!著書に『Dr.KUMIKAのいただきますダイエット』(北辰巳出版)がある。
国際感食協会のHPはこちら

ベジタサイズってどんなもの?

体がみるみる引き締まると評判の「ベジタサイズ」。どんなダイエット方法なのでしょうか?

野菜を食べて、さらに“野菜になりきる”!?

「ベジタサイズ」は、野菜になりきって動くという独自のエクササイズ。野菜になりきる利点は、動かしている部分を意識しやすく、集中できるところ。
「手を上げて広げる」と言うより「芽が出てふた葉が広がるように手を動かす」と言ったほうが、楽しく大きく動くことができ、よりエネルギー消費が期待できます。
また、旬の野菜をおいしくいただくこともベジタサイズのステップのひとつ。野菜のパワーを借りて、体の中と外の両方から痩せやすい健康体をつくる、それがベジタサイズ!

野菜になりきって動く

ベジタサイズが痩せるワケ

ベジタサイズの動きは、肩甲骨・首・腎臓の周囲と、わきの下にある「褐色脂肪細胞」を効率よく刺激します。
褐色脂肪細胞は、一般的に知られている、ためこむ性質の脂肪(白色脂肪細胞)と違い、脂肪を燃やす働きがあります。同時に、肩甲骨をほぐす→体の可動域が広がる→インナーマッスルが鍛えられる→代謝アップ!という回路でエネルギー代謝がスムーズに。ベジタサイズにはダブルの脂肪燃焼効果があるから、痩せるのです!

<褐色脂肪細胞がある場所>ベジタサイズにはダブルの脂肪燃焼効果があるから、確実に痩せるのです!

ベジタサイズはどんな人に向いている?

ベジタサイズは自分のペースで行えるので、エブリバティOK!これまでに下は2歳から、上はなんと89歳の方に教えてきました。
すべての人におすすめとはいえ、ふたつだけ注意点があります。ひとつめは無理をしないこと!みるみる痩せるのがおもしろくなり、やりすぎて腰痛に……なんてことがないようにしましょう。ふたつめは楽しく行うこと。しかめっ面で行うと、脳が「イヤなこと」だと思ってしまい、効果が薄れてしまいます。

ベジタサイズは自分のペースで行えるので、エブリバティOK!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでアイリス暮らし便利ナビをフォロー

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報