長ネギと鶏肉のナッツサラダ

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 健康
  3. 薬膳レシピ
  4. 長ネギと鶏肉のナッツサラダ

薬膳レシピ

長ネギと鶏肉のナッツサラダ

空気が乾燥し、朝晩の寒暖差が激しい日も多く風邪を引きやすいこの時期、風邪を予防・改善してくれる長ネギを使った薬膳レシピをご紹介します。

長ネギと鶏肉のナッツサラダ
長ネギと鶏肉のナッツサラダ
レシピ&コラム

薬膳アドバイザ−:川端 真弓さん
プロフィール

【材料】2人分/20分

  • 長ネギ
    1/2本
    鶏のムネ肉
    200g
    ナッツ(クルミなど)
    適量
    黒ゴマ
    大さじ2
    ゴマ油
    大さじ3
    しょう油
    大さじ1
    塩・黒コショウ
    適量
    アサツキ(飾り)
    適量
  • 【A】
    2カップ
    小さじ1
    大さじ2

作り方

  • 1
    長ネギは5センチほどの長さで白髪ねぎにし、3分ほど氷水にさらし水気をきっておく。
  • 2
    鍋に【A】を入れ、沸騰したら下処理した鶏肉を加えて茹で、熱いうちに手で裂いて氷水にくぐらせ水けをきっておく。
  • 3
    (1)と(2)をボールに入れ、塩と黒コショウ、すった黒ゴマ、細かく砕いたナッツをふって軽く混ぜる。
  • 4
    (3)にしょう油、ゴマ油を加えてさらに軽く混ぜ、器に盛ってアサツキを散らせば出来上がり。
  • ※白髪ねぎも茹でた鶏肉も、氷水にくぐらせることでシャキッとして美味しく召し上がれます。
  • ※鶏の茹で汁は美味しい出汁が出ていますのでスープなどに利用しましょう。

コラム

11月は空気が乾燥しているうえ、朝晩の寒暖差も激しく風邪を引きやすい時期。ちょっと油断をすると肺炎になったり、風邪だと思っていたらインフルエンザだったりという可能性も。風邪は万病の元ですので早めの対処が肝心。本格的な冬を迎える前に常食しておきたい食材としておすすめなのが「長ネギ」。

薬膳では、「肺」と「胃」に働きかけ、体を温めて発汗を促すことで寒邪を追い払い、気の巡りをよくします。解毒作用もあり、特に熱があるのに汗が出ない、体の節々が痛むような風邪に効果を発揮。「アリシン」と呼ばれる香り成分には血行促進、殺菌、疲労回復作用があり、風邪にかかりやすい冬には欠かせない食材というわけです。

長ネギと鶏肉のナッツサラダ

今回のレシピは、長ネギに鶏肉とクルミをプラス。鶏肉は良質なタンパク質が豊富で、お腹を温めパワーを養います。クルミは古くから脳を滋養する食物と呼ばれ、肺の機能を高めるだけでなく、脳を活性化してくれる働きも。ただし、濃いお茶と一緒に食べないようにすること。長ネギは、湿らせた新聞紙に包んでからビニール袋に入れて冷蔵庫で保存すれば2〜3週間はOK。これからの季節、体によい薬膳とあわせ、帰宅したらうがいや手洗いも忘れずに♪

レシピを印刷する

  • デトックス
  • 花粉症
  • イライラ解消
  • ダイエット
  • 美肌効果
  • 夏バテ予防
  • スタミナUP
  • アンチエイジング
  • 風邪予防
  • 冷え性改善

ページのトップへ

風邪予防対策はコレ!

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報

セラミッククイックパン

とうもろこしのひげ茶