愛すべきイタリアのカフェ文化

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 料理(フライパン・鍋)
  3. アヤコのビバ!?イターリア!
  4. 愛すべきイタリアのカフェ文化

愛すべきイタリアのカフェ文化

前回の朝ごはんとしてのカプチーノにつづきまして、
今回はイタリアの奥深きコーヒー文化についてお話したいと思います。

イタリアでは日本でイメージするカップになみなみと注いだコーヒーではなく、 細かく挽いたコーヒー豆から蒸気で抽出する
エスプレッソ=カッフェcaffe'がよく飲まれています。

小さなエスプレッソ用のカップで、濃くて苦いアレ、
といったらおわかりでしょうか?
エスプレッソは「急速」や「高速」といった意味からもわかるように、
短期間でぎゅっとうまみと苦みを凝縮して抽出します。

おいしいカプチーノのお供はおいしいスィーツおいしいカプチーノのお供はおいしいスィーツ


砂糖をいれて飲む方が甘さと苦さが調和して飲みやすい飲み物になると思います。
もちろん水分が少ないので、砂糖は底にドロリとたまっていて
それをスプーンですくって食べるのも美味しい(のだそうです)。
私は砂糖をいれない「アマーロ派(苦いという意味)」なので、
たまに「えっ?アマーロ!?」なんてビックリされたりします。
他にも「ブラウンシュガーで!」「カップはガラスで」
「バッソ(抽出量が少なくより濃く苦くなる)で」などなど、
各々個人でいろんなこだわりがあるのが面白い。

最初は苦くて少ないし、何が美味しいのかさっぱりわからないと
思っていましたが、今では私のイタリア生活になくてはならないものです。
朝、目をさますためにキュっと一杯、
食べ過ぎた後に飲むとすっきりするので、必ず食後に一杯。
疲れた!でもまだ後少し頑張らなきゃ!なんて時もこれまた一杯。
一体一日何杯のカフェを飲んでいるのやら。

またこのカフェから様々な飲み物が派生していきます。
イタリアに来て沢山のカフェの種類に一体なにがなんやら、
といった思いにかられる事があると思いますが、
ここでは簡単にその種類と特徴についてイラストと共にお伝えしますね。

イタリア式カッフェ講座イタリア式カッフェ講座

実はイタリアではカプチーノを食後の飲み物としてオーダーすると、変な顔をされたり、
お店によっては断られてしまうことがある事をご存知でしょうか?

イタリア人にとって、カプチーノは食後の飲み物ではなく、
朝食としての飲み物。

友人に聞いてみると、
「食後のお腹がいっぱいな所にさらに牛乳でお腹をふくらませ、
口を甘くする意味がなぜあるのか?」

というご意見を頂戴しました。

どうやらそのような考え方は他国にはないようで
(フランスやスペインは勉強不足でわかりませんが)、
日本人に限らず色んな国の方が食後にカプチーノを頼んでいますし、
どうしても飲みたい!という場合は
カメリエーレ(給仕)に頼んでもまったく問題ない場合が殆どですが
伝統的なオステリアやトラットリアでは断られることもあるかもしれません。
折角ですので、イタリア式にならって
食後は是非エスプレッソカフェを楽しんでみてくださいね。


■〜今回紹介するレシピ〜

トマトソース
夏の終わりも近いですので、沢山のトマトを使った、イタリアの定番トマトソースをご紹介します。
家庭や人によってレシピが違うのですがこのレシピは今働いているレストランのまかないで食べているのがおいしくて、教えてもらいました。
大体の目安で材料は書いていますが、几帳面にはかる必要はないですし、お好みで加減してくださいね。

menu

■今回紹介するレシピ:トマトソース

材料
トマト 2kg
にんじん 150g
セロリ 200〜300g
たまねぎ 300〜400g
塩 大さじ2〜3
オリーブオイル

作り方

1.全ての野菜をざく切りにしておく。

2.たっぷりのオリーブオイルを入れた鍋ににんじん、セロリ、タマネギをいれて、強火でしんなりこんがりするまで炒める。

3.トマトと塩を入れてそのまま強火でぐつぐつ煮ていく。強火で火を入れるのはトマトの酸味を飛ばすため。焦げないように煮詰まってきたら特に注意して混ぜて、火も加減してください。

4.半分程度まで煮詰まったら味をみて塩を調整。

5.パッサベルドゥーラという野菜こし器でこして、種と皮を取り除く。
*日本では一般的ではないので、ミキサーやブレンダーで攪拌してしまってもいいですが、風味や食感が変わります。

Buon appetito!

トマトソーストマトソース

■他にも読み物いろいろ!

・おすすめアイテム (アイリスプラザ)

アヤコのビバ!?イターリア!

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報