はじめよう!キッチン断捨離 あなたのキッチン“メタボ”になっていませんか?

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 料理(フライパン・鍋)
  3. 特集
  4. はじめよう!キッチン断捨離 あなたのキッチン“メタボ”になっていませんか?

はじめよう!キッチン断捨離 あなたのキッチン“メタボ”になっていませんか?

〜 レクチャー編 〜

「断捨離」とは、家に入ってくる要らないものを断ち(=断)、家に詰まったガラクタを捨て(=捨)、モノへの執着から離れる(=離)こと。
実践することで、家がすっきりするのはもちろん、身も心も軽くなると大流行の片づけ術です。今回は、ビギナーでもできるキッチンの断捨離にチャレンジ。断捨離トレーナーあずみゆきこさんに、基本の考え方から手順までわかりやすくレクチャーしていただきました。

教えてくれたのはこの人

あずみゆきこさん
あずみゆきこさん
やましたひでこ公認・断捨離トレーナー、心理療法カウンセラー
仙台市出身。山形大学農学部生物生産学科卒業後、食品資材卸商社の開発研究所勤務、大学研究室などを経て、やましたひでこが公認する断捨離トレーナーとなり、セミナー講師・カウンセラーとして活躍。
あずみさんのブログ:http://ameblo.jp/azumiyukiko/
あずみゆきこさん

断捨離の素朴なギモンに答えます!

ギモン断捨離はキッチンからがおすすめって本当?
答え
本当です。理由はキッチンが、主婦の城だから。
キッチンから始めたい3つの理由
  • 1. 目的が明確な場所だから

    キッチンが片づけやすい理由は、その場所の目的がはっきりしているから。キッチンは、食事を作るところ。つまり、「食に関係しないモノ=不要」と判断しやすいのです。

  • 2. 主婦が自分で管理している場所だから

    キッチンは、主婦の城。そこにあるモノを捨てるのか、残すのかを、概ね自分だけで判断できる場所です。だから断つ、捨てるという行動を家族とのトラブルなく進めやすいのです。

  • 3. 食事の支度とは、命を養う仕事だから

    キッチンを整えるということは、家族の命を丁寧に養うということ。断捨離の最終的な目的は、モノを捨てることではなく、「自分を大事にすること」です。家族みんなの「生きる基礎」となる「食」を作り出すキッチンは、最優先してごきげんな空間にすべき場所なのです。

キッチンが主婦の城

ギモンキッチン断捨離のコツは?
答え
大まかな「3分類」をベースに考えましょう。
キッチンにあるべきモノの3大分類とは
  • キッチンに必要なモノは「食材」「食器」「調理器具」。まずはこのように大きく3つに分類。これらが混在しないだけでもスッキリします。そして「食材」は、「冷凍」「冷蔵」「野菜常温」など、整理しやすいようさらに3つに分けて捉えるとスムーズです。

キッチンにあるべきモノの3大分類

ギモン片づけが苦手な私でもできる?
答え
片づかないのは、モノが多すぎるから。能力や性格のせいではありません。
片づかない原因をチェック!
  • Check 1. 家族が多くて勝手にモノが増えてしまう

    矢印家族が多いからこそ「適量」まで絞ることが必要です。

  • Check 2. 家が狭い。収納が少ない

    矢印収納空間を占拠しているのは本当に活用しているモノですか?

  • Check 3. モノが捨てられない

    矢印今あるモノを、自分の好みで順位をつけてみましょう。

  • Check 4. 忙しくて、片づけが億劫

    矢印まずは、手をつけやすい小さな場所だけやってみましょう。1箇所でも変化を起こしたら断捨離進行です。

片づかない原因をチェック!

【アイリスプラザ】キッチン家電・器具特集 【アイリスプラザ】キッチン家電・器具特集
(アイリスプラザへ移動します)

【アイリスプラザ】すきま収納特集 【アイリスプラザ】すきま収納特集
(アイリスプラザへ移動します)

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報