祝い事にピッタリ!飾り寿司の彩レシピ

アイリス暮らし便利ナビ
  1. 祝い事にピッタリ!飾り寿司の彩レシピ

早坂先生の簡単ごちそうレシピ

祝い事にピッタリ!飾り寿司の彩レシピ

祝い事にピッタリ!飾り寿司の彩レシピ@飾り寿司(鏡もち&梅の花)
A牛肉入り筑前煮
Bはちみつ金柑ゼリー

今回は、飾り寿司です!切り口が鏡餅と梅の花になる、普段とは違う巻き寿司をご紹介します!また、牛肉入りの筑前煮やはちみつ金柑ゼリーなどお祝い事にピッタリなレシピですよ!

後片付けもラクラク

■飾り寿司(鏡もち)

飾り寿司(鏡もち)飾り寿司(鏡もち)
材料 4人分
材料 4人分

材料 4人分

  • 寿司飯(白)・・・60g(下の餅)
  • 寿司飯(白)・・・50g(上の餅)
  • 寿司飯(ピンク)・・・150g
  • 米酢・・・26cc
  • 着色用ピンクパウダー・・・適量
  • ◆のり◆
    • @全形の1/4枚・・・2枚
    • A全形の1/12枚・・・1枚
    • B全形の1/2枚・・・1枚
    • C全形の1/8枚・・・1枚
  • ◆具材◆
    • 野沢菜漬物 10p・・・1本
    • 山ごぼう漬物 10p・・・1本

・飾り寿司(鏡もち)の作り方

■飾りすし(梅の花)

飾りすし(梅の花)飾りすし(梅の花)
材料 4人分
材料 4人分

材料 4人分

  • 寿司飯(白)・・・120g
  • 寿司飯(ピンク)・・・125g
  • 米酢・・・24.5cc
  • 着色用ピンクパウダー・・・適量
  • ◆のり◆
    • @10.5×19cm・・・1枚
    • A10.5×6.3cm・・・6枚
    • B19cm×2cm・・・2枚
  • ◆具材◆
    • 野沢菜漬物 10p・・・5本
    • 山ごぼう漬物 10p・・・1本
    • とびっこ・・・小さじ1
    • しょうが甘酢漬け・・・適量

・飾り寿司(梅の花)の作り方

早坂先生の簡単ポイント!

中身をのり@にのせる時は、手で持ち上げながら、手のひらで包み、白い寿司飯を載せて丸く巻きましょう!出来上がりの形を想像しながら、具材をのせて巻いてみてくださいね!

■牛肉入り筑前煮

牛肉入り筑前煮牛肉入り筑前煮
材料 4人分
材料 4人分

材料 4人分

  • 牛肩ロース(塊)・・・150g
  • レンコン・・・1/2節
  • 人参・・・1/2本
  • ごぼう・・・1/2本
  • だいこん・・・5p
  • 干しシイタケ・・・2個
  • こんにゃく・・・1/2枚
  • きぬさや・・・8枚
  • 栗の甘煮・・・8個
  • ◆煮汁◆
    • だし汁・・・380ml
    • 干しシイタケの戻し汁・・・100ml
    • 薄口しょうゆ・・・25ml
    • 濃口しょうゆ・・・25ml
    • みりん・・・60ml

今回使用した鍋:
無加水鍋20cm深型

・作り方

早坂先生の簡単ポイント!
こんにゃくは味が染み込むように切れ込みを入れておきます。
干ししいたけはかさの方から焼くといい香りが付きます。
下ごしらえや焼く手順で味が変わってきますので、ぜひ注意して作ってみてくださいね!

■はちみつ金柑ゼリー

はちみつ金柑ゼリーはちみつ金柑ゼリー
材料(4個分)
材料(4個分)

材料(4個分)

  • ◆はちみつ金柑◆
    • 金柑・・・15個程度
    • はちみつ・・・75g
    • 水・・・適量
  • ◆ゼリーの材料◆
    • 水・・・100cc
    • レモン汁・・・大さじ1
    • ゼラチン・・・5g

・作り方

・ゼリーの作り方

早坂先生の簡単ポイント!
今回はゼリーに使用しましたが、はちみつ金柑はいろいろなデザートメニューに活用できます!
余った煮汁(シロップ)は、お湯で薄めてホットドリンクとして飲んでもOK!また余った金柑もそのまま食べてもおいしいです。

食卓が変わるワンポイントレッスン
飾り寿司(太巻き寿司)

古くから冠婚葬祭や集まりの時のごちそうとして受け継がれ、千葉の郷土料理を最も代表するものです。
そのルーツは、「葬式の時の芋がらの煮付けを芯にしてにぎりめしをつくったもの」、あるいは「紀州の漁師が房総方面まで鰯を追いかけて来たときの弁当に持ってきためはりずしではないか」など説はいろいろありますが定かではありません。
いずれにしても、「具を芯にして巻く」という技法が原点になって、その時代の農産物や海産物などの食材を活かして冠婚葬祭や地域の集まりで作られ、家庭のなかでも伝えられてきました。
その後、日本型食生活の見直しとともにこの太巻きずしが注目され、技術の掘り起こしと多彩な巻き方の創作・伝承活動により、広く現在に受け継がれています。
注)めはりずし・・高菜(タカナ)漬けでご飯を巻いた大きなすしで、切らずに持ち運んだ。

飾り寿司(太巻き寿司)

今回は食べくらべ☆厳選5銘柄セットの宮城県産ひとめぼれを使って作りました。
作っているときは出来上がりが楽しみでもあり、不安でもあり。
切ってみないとわかりません。
形が少し変でも、自分で作ったものに満足!
美味しくいただけます。
みなさん、ぜひ、挑戦してみてください。

早坂先生が使ったアイテムはこちら

・鍋の〆レシピを紹介!
鍋の〆レシピを紹介!

早坂先生の簡単ごちそうレシピ

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報