カビを防ぐキッチン管理術

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 料理(フライパン・鍋・レシピ)
  3. 特集
  4. キッチンのカビはこう防ぐ!

キッチンのカビはこう防ぐ!

毎日じめじめした日が続くこの季節。自宅で過ごす時間が長くなるこの時期だからこそ、お家の中は快適な空間にしておきたいもの。でも、この季節のもう一つの悩みが「カビ」。とくに、直接口に触れる食品が集まるキッチンは、早めの対策が肝心です。キッチンのカビならではの効果的なお掃除方法をマスターして、気持ちのよい夏を迎えましょう。

教えてくれたのはこの人 藤原千秋さん

住宅アドバイザー&コラムニスト。大手住宅メーカー営業職を経て2001年よりオールアバウト「住まいを考える」ガイド。9歳、5歳、1歳の3児の母。育児経験を踏まえた実践的住まいケアのレクチャーが好評。『フニワラさんの無理なく続けるハウスキーピング術』(アールズ出)『ひと目でわかる 簡単おそうじのアイデア 』(世界文化社/2007など著書、マスコミ出演多数。

藤原 千秋さんのサイト: http://allabout.co.jp/gm/gp/31/

キッチンのカビの特徴をチェック!

キッチンのカビの特徴

カビそのものの種類は数万種にのぼると言われます。普通の家庭で見られるカビはそのうち30種程度ですが、中でもキッチンに繁殖しやすいカビを見た目で大別すると、「青カビ」「赤カビ」「黒カビ」の3種類になります。いずれのカビも、発見された時点で既にコロニー(集落)化しており、多くの胞子を有して繁殖が激化している状態。発見したら即退治!が基本です。

青カビ 食物に生えたり、カビ臭さの原因となるカビ
赤カビ 「赤色酵母菌」。水回りなどに多く見られるピンク色のぬめりで、正確にはカビではなく、掃除も容易。しかしこれが増える環境はカビ赤信号なので注意が必要。
黒カビ 家庭内でもっとも「カビ」だと認識されやすいカビ。家じゅういたるところでみられ、アレルギーの原因になる。

カビが好む条件とは?

気温 活動が最も活発なのは25℃前後
湿度 70%以上になると急速に繁殖する
栄養 食べかす、皮脂、洗剤、ほこり、水分、布などあらゆる有機物がエサに
酸素 カビの胞子が発芽したり、呼吸をするために酸素が必要

キッチンのカビを安全に除去するコツ

・「冷蔵庫」のカビは最優先でチェック&撃退!
・しつこいシンクまわりのカビをすっきり!


>>詳しくはこちら

カビを防ぐキッチン管理術

・カビが生えないキッチンとは?
・貯蔵食材の保存の注意点
・毎日3秒の小掃除が効く!
・カビ対策に!キッチンお掃除便利グッズ
>>詳しくはこちら

▲このページのTOPへ

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報