夏こそ極めたい!冷蔵庫の超整理術!

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 料理(フライパン・鍋)
  3. 特集
  4. 夏こそ極めたい!冷蔵庫の超整理術!

夏こそ極めたい!冷蔵庫の超整理術!

冷えたビールにアイス…。冷蔵庫が大活躍するこの季節。でも、パンパンに詰め込んだ冷蔵庫は電気代もかかるし、食材をしまうのも大変…。今回の特集では、「何が入っているのか忘れた」「どこにしまえばよいかわからない」といった、冷蔵庫収納の悩みを、収納カウンセラーがレスキュー!「誰でも迷わずしまえる」冷蔵庫収納術を伝授!

この時期、冷蔵庫を開閉する頻度が高いと、庫内の温度が上がるため、食品衛生上も心配です。扉を開けたとき、冷蔵庫の中身がすぐにわかる状態になっていれば、電気代や食費を節約できます。また、家族が調理や後片付けにも参加しやすくなり、家事もずっと楽になりますよ。家族みんなが使いやすい冷蔵庫収納法をお教えします!

大森めぐみさん
監修者プロフィール
「オリーヴの木.収納相談室」大森めぐみさん
収納カウンセラー(R)、インテリアコーディネーター、二級建築士。
住宅設備機器メーカーに勤務後、収納カウンセラーの第一人者、飯田久恵氏の「ゆとり工房」に入る。飯田氏より直接「整理収納学」を学び、収納カウンセリング、新築・リフォーム時の収納設計、収納用品の開発や検証、セミナーなどあらゆる収納業務を行う。2010年に飯田氏の認定を受けて独立。現在、収納カウンセリングやセミナー、自宅収納見学会を主宰するほか、「片づけと暮らしが楽になる収納(オレンジページ刊)」など、さまざまな書籍・雑誌でハイセンスな収納法を紹介。現在、夫、二人の息子と4人暮らし。
電気代、食費の無駄を省く「冷蔵庫収納の3つのルール」

(1) 定位置を決める

「いつもの食品」は「いつもの場所」に
みそ、マーガリン、醤油など、それぞれの食品の定位置を決めること。食べ切っても、定位置は動かさずに空けておくこと。何がどこにあるか決まっていれば、食べ忘れも無駄買いも防げる。

(2) 保存容器は厳選する

庫内の整理がしやすく、家事の効率もUP!
冷蔵庫で使う保存容器の選び方、使い方は最重要ポイント。種類がバラバラだと煩雑な庫内に。食材や保存場所を考えて、ベストなものを2〜3種類に厳選し、同じタイプの容器をまとめ買いしよう。

(3) 「フリースペース」を確保する

フリースペースが「定位置」」を守る要
鍋やいただき物のケーキなど、臨時のものを置く場所を常に作っておくこと。この「フリースペース」がないと、その都度定位置をくずして入れる場所を確保するハメになり、庫内がぐちゃぐちゃに。

▲このページのTOPへ

コーナー別冷蔵庫収納テクニックを紹介

次のページからは、収納カウンセラーが冷蔵庫の各コーナー別に、
無理なくできる冷蔵庫収納術を紹介します!

冷蔵庫

しまう場所がわからず、出し入れもしにくい

コレで解決>>

ドアポケット&チルド室

小袋調味料やチューブ類が散乱!

コレで解決>>

野菜室

使いかけ、腐りかけの野菜が眠っています

コレで解決>>

冷凍室

いつもごちゃごちゃ、パンパン…。何が入っているか忘れちゃう

コレで解決>>

▲このページのTOPへ

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報