「おせち」はこんなに手軽だったのか!カンタンおせち料理&驚きのアレンジレシピ!

アイリス暮らし便利ナビ
  1. 「おせち」はこんなに手軽だったのか!カンタンおせち料理&驚きのアレンジレシピ!

「おせち」はこんなに手軽だったのか!カンタンおせち料理&驚きのアレンジレシピ!

お正月には欠かせない、家族の健康と幸せを願うおせち料理を、今年は手作りしてみませんか?
「難しそう」「時間がかかりそう」とおよび腰の人は多いかもしれませんね。そこで、便利な今ドキ調理器具を使って、スピーディーに、そしておいしくおせちを作るマル秘テクニックを伝授します。
さらに余すことなくおせちのご利益をいただくため、残ったおせちで作るアレンジレシピもご紹介します!

おせち料理

おせち料理

おせち料理とは?

おせち料理を漢字で書くと「御節料理」。季節の節目となる「節日(節句)」に作られる料理のことで、日本で最も重要な節日がお正月であることから、正月料理のことを御節料理というようになったそうです。

おせちの歴史

奈良時代から平安時代にかけて、朝廷内で行われていた節日の行事「節会(せちえ)」の際に神様へ供された「御節供(おせちく)料理」が「おせち料理」の語源とされています。
この頃のおせちは、重詰めではなく高く盛られたご飯などでした。江戸時代ごろになると庶民の間にも浸透していき、現代のおせち料理に近くなってきます。重箱に料理を詰めるスタイルが確立されたのは、デパートで売り出されるようになってからといわれています。

おせち料理には平安時代からの流れがあった!

おせち料理には平安時代からの流れがあった!

関東と関西の違い

おせち料理の基本となるのが、縁起物とされる三種類の料理「祝い肴三種(三つ肴)」です。関東と関西では内容に少し違いがあります。
まず、どちらにも共通するのが、卵が多いことから子孫繁栄を願う「数の子」と、まめに働き、まめ(健康)に暮らせるようにと願いを込めて食べられる「黒豆」。
これに、関東では畑の高級肥料だったイワシを使い、田畑の豊作を願う「田作り」、関西では、同じく豊作を願う料理である「たたきごぼう」が入ります。

子孫繁栄の「数の子」と健康を願う「黒豆」はおせちの定番。

子孫繁栄の「数の子」と健康を願う「黒豆」はおせちの定番。

それぞれの料理のいわれ

「祝い肴三種」以外のおせち料理にも、それぞれに意味が込められています。

栗きんとん
きんとんは漢字で書くと「金団」。金塊や小判などをイメージさせるため、商売繁盛や財運を意味する縁起物とされています。豊かに暮らせるようにという願いが込められています。
昆布巻
昆布は「喜ぶ」という言葉にかけられ、巻は「結び」という意味があります。
紅白かまぼこ
紅は魔よけ、白は清浄を意味しています。また、半円形は日の出に似ていることから、新しい日にふさわしいとされています。
伊達巻
巻き込んだ形が巻物に似ていることから、学問や文化の成就・発展を表しています。
海老
調理をすると背が丸くなる海老には、腰が曲がるまで長生きするようにと、長寿の願いが込められています。
里芋
子芋がたくさん付くことから、里芋は子宝に恵まれるようにという願いが込められています。同じく小芋がたくさん付く「八ツ頭」を使う地域もあるようです。

「おせち料理」は1年の幸せを願いながら食べることに意味がある!

「おせち料理」は1年の幸せを願いながら食べることに意味がある!

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報