1Rキッチンの収納・3つのポイント

アイリス暮らし便利ナビ
  1. 1Rキッチンの収納・3つのポイント

キッチン間取り別How to 配置術!

1Rキッチンの収納・3つのポイント

その1.丸見えなら、見える収納にする!

丸見えだからといって、あきらめないで。見せる収納に切り替えると、カンタンです。
玄関とサニタリー(洗面所・トイレ・浴室)もトータルに考えれば、しまい場所も見つかります。

スリッパ

壁:伸縮棒で調理道具をかける→詳しい収納法はコチラ!

前面:計量スプーン、皮むきなどよく使う小物調理道具→詳しい収納法はコチラ!

スリッパはしまう  玄関ドアを開けたときの部屋の印象が広く見えます。宅配用の認め印やボールペンを小分け容器に入れ、スリッパといっしょにしまうと便利です。スペースにまだ余裕があれば、ゴミ収集袋の収納にも使えます。

玄関にカゴを置くと、インテリアにもなるし、スッキリ見えます。多色使いはゴチャゴチャしているように見えるので注意。見せる収納グッズは同一カラーに。淡い色彩を選ぶのが、コツです。

側面:よく使う調味料→詳しい収納法はコチラ!

火のそば、水のそば:ここにはモノを置かない!

調理台:すぐ使えるように空けておく

通路側:高さのないモノを置くと広く見える。玄関に置いたカゴと同じ色のカゴにサニタリー用品を入れても。

たたき:靴は出しても2足。あとはしまう。しまえないなら、玄関のカゴと統一のモノに靴を入れても。

その2.壁とそく面、裏面の3つが決め手

エリアのスペースを有効利用しましょう。モノ優先よりスペース優先がキーワードです。
このスペースに何を置くのか、厳選すること。高さを利用して2段、3段にモノをおけるような収納グッズを活用しましょう。

深いトレイ:道具はトレイに置いて取り出しやすく。小物は小分けに

2段ラック:高さを利用して縦に収納。小さなスペースは、小さなグッズを使う

ビン・缶詰:重いモノは下に置く

浅いトレイ:直置きしたくないモノ。食器や液だれしやすい調味料

ふきん・タオル掛け:本来は扉の表側に使うフックを裏側に。1Rは通路にもなるので、ぬれているもの、しわになるもの、汚れているものは見えないところで使う

重ねる収納ボックス:必ずふたのあるものを。下は未開封、ストック品。上は使いかけや、いつも使うモノを入れて取り出しやすくする

高さを利用した収納を。限られたスペースを利用するには、@ふたつき(食料品、使いかけ、湿気に弱いモノ)、Aトレイ(小分けのモノをならべる)、B取り出しやすい置き方(いつも使えるものを手前に。重いものは下に)が鉄則です。

その3.コンパクトにしまう

コンパクトとは、小さくても中身が充実していることを指します。狭い、スペースがないとお悩みなら、それに合ったモノにすればよいだけです。

市販品の収納グッズをストレートに使うよりも、ほかのエリアで使うグッズを使う。1Rのキッチンは変化球を大いに使いましょう。意外な収納グッズが役立ちます

  • 冷蔵庫収納で使うビール収納のラック
    冷蔵庫収納で使う
    ビール収納のラック

    2段収納が小さくまとめられる。例えばラップ類をひとまとめにして、上によく飲むお茶類などを置く
  • 水きりトレイ
    水きりトレイ

    おひとり様仕様の食器棚に。いつも使う茶碗・お椀・皿・箸・スプーンの一式をセットしておくとラクチン
  • ふたつきCD・DVDボックス
    ふたつきCD・DVDボックス

    使いかけのモノ、ストック食材入れに。フタつきは重ねられ、透明だから、見逃さずに使いきれる

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報