1K&ファミリータイプの収納3つのポイント

アイリス暮らし便利ナビ
  1. 1K&ファミリータイプの収納3つのポイント

キッチン間取り別How to 配置術!

1K&ファミリータイプの収納3つのポイント

その1.いつも使うモノだけを見せ、あとは隠して収納!

「いつも使うモノ」「ときどき使うモノ」「季節モノ」に分けるとわかりやすくなります。扉や引き出しにはそれぞれ入れるモノが決まっています。さまざまなエリアがあるファミリータイプのキッチンは、それぞれの場所の特徴や導線を生かせば、取り出しやすくなります。

シンク下は収納グッズが便利  排水管があっても広く使える「シンク下伸縮棚」などの便利グッズで解決できる

前面:調理台の前に、調理グッズをくと便利。シンクで洗ったモノを置き、まな板でカットし、生のモノはここで、火を通すモノはガス台ヘ。この調理台の上は作業の中継地点です。いつも使う調理小物道具はあちこちに置かず、ここに集結すると作業がしやすい。

立った位置で、モノが取り出せて、作業ができればスムーズです。「しまう」「取り出す」は、家事をラクチンにする工夫です。

その2.ガス台、調理台、シンクの下は、関係するモノを収納!

手の届きやすい場所は、腰から目線の位置。そこから、下と上。縦に見るとモノの置き場所がわかり、
そのようにキッチンはできています。吊り戸棚は、上段から下段に従って使用頻度が高くなります。
引き出しの一番上は、よく使う調理道具。順に箸やカトラリー、小さな皿など、使いかけの調味料や乾燥食材などに続きます。

注意ポイントは…ガス台下→火を使う→熱に弱いモノや食材は置かないシンク下→水を使う→湿気に弱いモノや食材は置かないまた、調理台下は、ブックスタンドを使い、料理ブックを2、3冊置くと便利です。

ガス台の下:鍋やフライパン

調理台の下:調味料や密閉容器、ストック食材、レトルト、缶詰など

シンク下:ざるやボウル、洗剤類、容器類

その3.グッズを利用してプチ・リフォーム

「キッチンの収納グッズはキッチン用のものを」という固定観念を取り払うと、いろいろ展開が楽しめます。すき間収納は、すき間を埋めるもの→新たなエリア作りに。CDボックスより大きいDVDボックス→セット用品ケースに。ブックスタンド→仕切り用に。視点を変えて工夫すると、わくわくしてきませんか?

  • すき間用収納棚
    すき間用収納棚
    家族の動線に活用。お子さんのいるご家庭なら、子ども用のコップや用品入れに活用しては?子どもの手が届く場所にあれば、自分で出し入れができ、お手伝い上手になれるかも!
  • DVDボックス
    DVDボックス
    お弁当用品を一式入れてしまいます。水筒やお弁当箱、箸入れ、仕切りカップなどを入れると、使いたいときに、必要なものがすべてすぐに取り出せます。パーティーグッズ一式や、お花見セット、バーベキューセットなどアイデアいろいろです。
  • ブックスタンド
    ブックスタンド
    棚の間仕切りにぴったり。カゴや収納ボックスがなくても、あっという間に仕切れます。
    紙ナプキンなど立てて収納すると一目瞭然。

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報