まとめ1 目標1Rは出す収納

アイリス暮らし便利ナビ
  1. まとめ1 目標1Rは出す収納 VS ファミリータイプは隠す収納

キッチン間取り別How to 配置術!

まとめ1 目標1Rは出す収納 VS ファミリータイプは隠す収納

2つのタイプの違いがわかれば、あとは応用です。逆に収納してしまうと…1Rはしまい場所に困り、ファミリータイプはスッキリ見えません。壁と床をスッキリさせるのがファミリータイプの鉄則です

出して使うか、隠して使うかが、1Rとファミリータイプの大きな違いです。 1Rは、ほかのエリアとの統一感をとりながら、しまえないモノは厳選して出して収納 します。 ファミリータイプは、できるだけスッキリ見せるために、隠します。 伸縮棒を使って、しまい方のルールの基本をおさらいします。

伸縮棒は、1Rとファミリータイプで使い分けがありますか

出す収納の1Rは、壁を使って収納します。ファミリータイプは、シンク下の扉に納め るなど、なるべく「壁に吊るす」を少なくします。カフェカーテンを使うなど、インテ リア利用には最適です。


まだある収納アイデア
スペースを基本にして、グッズを選びます。100円だからという理由で、買いすぎにご用心。活用しやすいもの厳選して選びましょう

まとめ2 汚れやすいキッチンには、ジョイントマットが便利

キッチンマットはすぐ汚れてしまいますが、洗濯するのは面倒です。けれど、ジョイントマットなら拭くだけ。水をこぼしても、拭けば大丈夫です。
1Rには、キッチンの独立した印象を与え、ファミリータイプは汚れ防止。フローリングよりふかふかするので、立っていてもラクです。



特集一覧

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報