1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 暮らしの知恵袋
  3. 暮らし編:味付けだけじゃもったいない!こんなにいろいろ使える塩

暮らしの知恵袋

味付けだけじゃもったいない!こんなにいろいろ使える塩

以前、「ゆる家事マスターになろう!」の掃除編で、「塩でお掃除する方法」をご紹介しましたが、塩の活用法は、他にもまだまだたくさんあります。
今回は、キッチンで塩を味付け以外に使う方法や、美容と健康に活かす方法をご紹介します。

キッチンで味付け以外に使う塩

<チーズを美味しく保存する>
チーズ一度開封すると良い状態で保存するのが難しいチーズ。
そんなチーズの風味を保ち、カビや乾燥を防いで保存するのに塩が役立ちます。
食塩水で湿らせた布でチーズを巻いて冷蔵庫に入れておくだけ。
とっても手軽なのに、効果的です。
<レモンを美味しく安心に食べる>
レモンレモンを皮ごと使いたいことってありますよね?
でもちょっと気になるのは表面についているワックス。
そんなときは、レモンの表面に塩をまぶして手で揉みましょう。
ワックスが取れるだけでなく、色や香りも良くなります。
<エビや里芋の調理でかゆくなった手に>

エビや里芋を調理して、手がかゆくなってしまった時には、塩で手を洗うと治ります。
魚介類を扱った生臭ささも、塩でスッキリとれますよ。

<玉ねぎの臭いをとる>

調理の後で手につく臭いのなかでも、取れにくいのが玉ねぎの臭い。
これには酢で湿らせた塩を使います。直接つけて指先を揉めばOKです。

美容と健康に効く塩

<足の疲れやむくみをとる>
足の疲れミネラルを豊富に含んだ天然の塩は、疲労回復にも役立ちます。
バケツに熱めのお湯をいれ天然の塩をカップ3分の1溶かして足湯にしましょう。
15分程度で足の疲れやむくみがすっきりします。
<冷えからくるお腹の不調に効く>
冷たいものの取り過ぎや、冷房の効き過ぎで夏でもお腹を冷やすことは少なくありません。
お腹の冷えからくる腹痛などの不調にも塩が効きます。
フライパンで炒った天然の塩を紙袋に入れ、タオルに包んでお腹に当てれば、じんわりとお腹を温めて
不調を回復してくれます。
<腫れぼったい目をスッキリ>
お酒を飲み過ぎた翌朝や、悲しい映画を観て泣いてしまった後など、目の腫れぼったさを感じることがありますよね。
そんな時には、熱いお湯500tに塩を小さじ1杯入れてよく混ぜ、これをコットンに含ませて目の上にしばらく当てれば、腫れぼったさがすっきりします。
<歯茎をきれいなピンク色にする>
歯茎をきれいなピンク色にする天然の塩を、やわらかい歯ブラシか指先につけて歯茎をマッサージすると、歯周病や歯槽膿漏の予防になり、毎日続ければ歯茎がきれいなピンク色になります。

この他にも、塩は、花瓶の水にほんの少し入れれば切り花が長持ちし、靴に入れれば除菌消臭と除湿ができます。また、雑草の上に多めに撒いてから水をやれば除草ができ、食塩水で窓の内側を拭けば結露を防ぐ効果があるなど、塩の使い道は本当にたくさんです。
どこのご家庭にも必ずある塩を、もっと使いこなしたいものですね。

オススメグッズ

とうもろこしのひげ茶
とうもろこしのひげ茶
韓国で大人気の、とうもろこしのひげ茶は、ほんのりとした甘みと香ばしさが特徴です。
カロリーゼロ・カフェインゼロ!
塩と一緒に、あなたの美容と健康をサポートします。
詳しい商品の説明を見る
アイリスプラザ
アイリスプラザは、収納家具・生活用品・ペット用品・ガーデニング用品のメーカー「アイリスオーヤマ」の公式通販サイトです。
豊富な品揃えと、確かな品質の商品。欲しい商品がきっと見つかるはず!
さらに、アイリスプラザの会員になってお買い物をすると、お買い上げ金額に応じてお買い物割引ポイントがもらえます!

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報