家に招かれた時のマナー

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 暮らし
  3. 暮らしの知恵袋
  4. 家に招かれた時のマナー

暮らしの知恵袋

家に招かれた時のマナー

今回は、きちんとした場で慌てないように、基本的な訪問マナーを身に付けておきましょう。お友達の家にならいつでも気軽に行けますが、上司の家に招かれた時、彼や夫の家に招かれた時、お世話になっている方に挨拶に行く時、そんなきちんとした場で慌てないように、基本的な訪問マナーを身に付けておきましょう。

■時間は5分遅れ程度がベスト!

約束した時間を守るのは大事なマナーです。
相手の方にもお客様を迎える準備がありますので、約束より早く到着しても迷惑を掛けてしまうこともあります。
5分〜10分程遅れていくのが丁度良いかもしれません。
ただし、それ以上遅れる場合は、必ず連絡を入れるようにしましょう。

■玄関先で身だしなみチェック!

チャイムを押す前に、髪や服装は乱れていないか、身だしなみのチェックをしましょう。
帽子やマフラー、手袋はこの時点で外しておきます。コートは玄関に入って、家の中に勧められてから脱ぎます。但し、上司の家を訪ねる場合などは、先に脱いでおいても良いでしょう。
雨で傘が濡れている時は、軽くしずくを切っておきましょう。

■玄関に入ったら、軽い挨拶

ドアを閉めてから「お邪魔いたします」と挨拶します。
ドアを閉めるときは、相手にお尻を見せないようにすると良いでしょう。
お花やすぐに冷蔵庫に入れる必要のある品などの手土産はここで渡しますが、それ以外の菓子折りなどの場合は、部屋に上がってから渡します。

■靴を脱ぐ時、要注意!

家の方に上がるよう勧められたら、「失礼します」といって靴を脱いで上がります。
この時、決して後ろ向きに上がらないこと!
次に、相手の方にお尻を見せないよう、体を斜めにして膝を付き、自分の靴を揃えて端に寄せます。
その後、立ち上がってスリッパを履きます。

ワンポイント:
素足で訪問するのは、失礼に当たるので、必ずストッキングや靴下を履くようにしましょう。

靴を脱ぐ時、要注意!

■部屋に通されたら 和室編

部屋に通されたら 和室編 勧められた席について家の方を待ちますが、この時点ではまだ座布団に座ってはいけません。
座布団の脇(下座側)に座るようにし、挨拶が済んでから座ります。
手土産がある場合は、挨拶の時に「どうぞお召し上がりください」と言って渡しましょう。

ワンポイント:和室の場合、敷居や畳の縁を踏んではいけませんので、注意しましょう。

■部屋に通されたら 洋室編

相手の方を部屋で待つ場合は、勧められた席に座りますが、いつでも立ち上げれるよう軽く腰掛けます。席を勧められていない場合は、ドアの脇で待ちましょう。
相手の方がみえたら、ソファやイスの脇に立ち、挨拶を行います。
手土産がある場合は、挨拶の時に「どうぞお召し上がりください」と言って渡しましょう。
バッグなどの手荷物は、イスの横などに置き、テーブルの上には置かないように気をつけましょう。

■手土産の渡し方

品物の箱を風呂敷や紙袋から取り出します。
まずは、自分向きに置いてから、相手の方の向きになるよう品物をくるりと回転させます。
両手で差し出しながら、「お召し上がりください」「お口に合うといいのですが」などと言って渡します。選んだ理由などを一言添えるとさらに良いでしょう。

手土産の渡し方


アイリスプラザ
アイリスプラザは、収納家具・生活用品・ペット用品・ガーデニング用品のメーカー「アイリスオーヤマ」の公式通販サイトです。
豊富な品揃えと、確かな品質の商品。欲しい商品がきっと見つかるはず!
さらに、アイリスプラザの会員になってお買い物をすると、お買い上げ金額に応じてお買い物割引ポイントがもらえます!

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報