座布団に座る時のマナー

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 暮らし
  3. 暮らしの知恵袋
  4. 座布団に座る時のマナー

暮らしの知恵袋

座布団に座る時のマナー

座布団の座り方にもいくつかのマナーがあります。座布団の座り方にもいくつかのマナーがあります。
座布団をお客様に出すのは、もてなしの意味が込められています。失礼のない様に対応したいですね。
特に、改まった場面で失敗しないように、しっかり覚えておきましょう。この様な所作をさりげなくできると素敵ですよね。

■挨拶は、座布団に座る前に

挨拶は、座布団に座る前に 部屋に通されて、いきなり座布団に座っていませんか?
いきなり座布団に座ってはNG!まず、座布団の脇に座り、挨拶や手土産を渡します。
その後、「どうぞ」と勧められてから座布団に座るようにします。

■座布団の座り方

  • 座布団の座り方
    「失礼します」と言って軽く会釈をします。
  • 座布団の座り方
    軽く握った手を座布団の中央付近に置き、体を引き寄せるように座布団の上に上がります。
  • 座布団の座り方
    腰を浮かしながら正面を向き、足を揃えて正座します。

※座布団を踏まないように注意しましょう。

■座布団の降り方

  • 座布団の降り方
    「失礼します」と言って軽く会釈をします。
  • 座布団の降り方
    軽く握った手を膝の前方に置き、膝を座布団の脇にずらし、腰を浮かせながら降ります。
  • 座布団の降り方
    横に下りたら、軽く座布団を整えます。

※座布団を踏まないように注意しましょう。

□ ワンポイント 足のしびれない座り方

足首を左右に開いて、その中央に重心が来るように座ります。体重が一ヶ所に集中しないのでしびれにくくなります。

足のしびれない座り方・良い例足のしびれない座り方・悪い例

時々足先の上下を入れ替えたり、体重の重心を左右のどちらかに載せてもう片方を休ませましょう。
また、膝はぴったりとくっつけるよりも、少し開いた方がしびれにくいです。ロングスカートや着物など、膝の見えない服装のときは試してみてください。


アイリスプラザからのお知らせ

新着情報