お茶やお菓子をいただく時のマナー

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 暮らし
  3. 暮らしの知恵袋
  4. お茶やお菓子をいただく時のマナー

暮らしの知恵袋

お茶やお菓子をいただく時のマナー

お茶やお菓子をいただく時のマナー訪問先でお茶やお菓子をすすめられた時、どの様にいただくのが良いのでしょうか。
失礼にならない、マナーを紹介します。

■お茶のいただき方

相手のもてなしの気持ちに応える意味でも、暖かいものは暖かいうちに、冷たいものは冷たいうちにいただきましょう。
また、お茶をいただく時や茶碗を置く時は、音をあまり立てないように気を付けましょう。

  • 「いただきます」と声をかけます。
    「いただきます」と声をかけます。
  • 左手で茶碗を押さえ、右手でフタを取ります。
    左手で茶碗を押さえ、右手でフタを取ります。
  • フタのしずくは茶碗の上で落とし、茶托やテーブルを濡らさないようにします。
    フタのしずくは茶碗の上で落とし、茶托やテーブルを濡らさないようにします。
  • フタは茶碗の右側におきます。
    フタは茶碗の右側におきます。
  • 右手で茶碗を持ち、左手は底に添えます。
    右手で茶碗を持ち、左手は底に添えます。
  • お茶を飲みきったら、フタを戻します。
    お茶を飲みきったら、フタを戻します。

口紅が茶碗に付いた時は、さり気なく拭き取っておきます。

■お菓子(和菓子)のいただき方

出されたものは、基本的にすべていただくのがマナーです。
お茶と一緒に出された場合は、必ず、お茶を一口いただいた後にお菓子に手をつけましょう。抹茶の席ではお菓子を先にいただきますが、それ以外の場合は、お茶に手を付ける前にお菓子をいただくのはNGです。

  • 黒文字(くろもじ:和菓子用の楊枝のようなもの)を使い、一口で食べられる大きさに切ります。
    黒文字(くろもじ:和菓子用の楊枝のようなもの)を使い、一口で食べられる大きさに切ります。
  • 左手をお菓子の下に添えながら口に運びます。
    左手をお菓子の下に添えながら口に運びます。

■こんな時どうする?

お菓子を食べられない場合…
苦手なお菓子や食事の直後の場合など、お菓子を食べられない時は、「(食事をしたばかりなので)後でいただきます」と言って、持って帰ります。
お菓子に煎餅を出された場合…
煎餅は、一口大に割ってからいただきます。丸ごとのままはNG。

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報