お葬式のマナー 法要編

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 暮らし
  3. 暮らしの知恵袋
  4. お葬式のマナー 法要編

暮らしの知恵袋

お葬式のマナー 法要編

お葬式が終っても仏教には故人を偲ぶ行事があります。今回は法要に招かれた時の
マナーについてご紹介します。

■法事・法要とは

一般に法事とは、先祖や亡くなった肉親の供養に行われる仏法の行事のことを示します。現在では法事と法要は同じ意味と捉えられていますが、法要は仏になった故人を供養するという意味の仏教用語で、追善供養(ついぜんくよう)ともいいます。

忌日法典の種類
忌明けまでの49日間は7日ごとに法要を営みます。個人が来世で幸せになれるように祈る儀式です。
・初七日(7日目)
近年では葬儀当日、火葬場から帰って行われることが多い。
・五七日(35日目)
この日を忌明けとする地方もあります。
・七七日(49日目)
忌日の中では一番盛大に行われます。この日に納骨するケースが多いようです。
・百ヵ日(100日目)
現在では簡素化され、遺族だけ墓参りをするぐらいになっています。
年間法要
・一周忌
亡くなった翌年の同月同日(祥月命日)に行います。親族や友人・知人などを招いて盛大に行うのが一般的です。自宅に僧侶を招いて読経してもらいます。墓参りしたあとに、会食して改めて故人を偲びます。
・三回忌
無くなって満2年目の祥月命日。遺族と親族など、ごく内輪で行うのか通例です。
・七回忌・・・満6年目の祥月命日。
・十三回忌・・・満12年目の祥月命日。
・十七回忌・・・満16年目の祥月命日。
・二十三回忌・・・満22年目の祥月命日。
・二十七回忌・・・満26年目の祥月命日。
・三十三回忌・・・満32年目の祥月命日。
・五十回忌・・・満49年目の祥月命日。
十七回忌から三十三回忌、五十回忌で「弔い上げ」を行い、法要は終わります。
「弔い上げ」・・・法要を営む最終の年忌。

■法要に招かれたら

供物の目安
法要の案内をもらったら、できるだけ早く出欠の返事を出します。
法要には、仏前に供えるお供え物を用意します。線香・花などを持参するか、現金を包みます。その際の表書きは「御供物料」「御仏前」などです。
上包みのたたみ方
弔事の場合は、上側を下にかぶせて折り、水引をかけます。
法要の服装
喪服にこだわる必要はありません。地味でめだたないものであれば礼に逸しません。
男性なら紺かグレー系のダークスーツにネクタイ。ワイシャツは白にします。
女性ならワンピースかスーツ。アクセサリーもおとなしいものにします。数珠は持参しましょう。

関連記事
お葬式のマナー 弔問と会葬編

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報