食事のマナー 洋食編

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 暮らし
  3. 暮らしの知恵袋
  4. 食事のマナー 洋食編

暮らしの知恵袋

食事のマナー 洋食編

洋食のマナーと聞くと、ずらりと並んだナイフとフォークを思い浮かべて緊張してしまう方もいらしゃるかもしれませんね。でも、フルコースをいただくときだって、いくつかのポイントだけしっかりと押えておけば、それほど堅苦しく考える必要はありません。今回は、優雅に、スマートに洋食を楽しむために覚えておきたいマナーをご紹介します。

1.大まかな流れ

<予約する>
洋食のフルコースレストラン、特に格式の高いお店を利用する場合は、必ず予約が必要です。
予約では利用日時、人数、連絡先電話番号を伝えます。席についての希望がある場合や、食べられない食材がある場合も、この時一緒に伝えましょう。席は店側が決めるのが一般的ですが、記念日の利用であることなどを伝えると考慮してもらえる場合もあります。
<入店する>
レストランに入って予約した名前を告げると、レセプション(受付)で手荷物やコートを預かってもらえます。格式の高いレストランの場合、まず、ウェイティングルームに案内され、ここでテーブルの準備が整うのを待ちます。ウェイティングルームでは、メニューやワインリストをじっくり見ることができます。食前酒をいただきながら、食事前の優雅な時間を楽しみましょう。席に案内されてからお手洗いに立つことは極力避けたいので、お手洗いはこの時に済ませておきます。
<椅子に座る>
椅子に座る席に案内されたら、椅子には左側から座るのが正式です。
着席するとき、お店の人が椅子を引いてくれたら、テーブルと椅子の間に入り、前を向いたままひざの裏に椅子が触れるのを確認して、ゆっくりと腰を下ろします。椅子には深く腰掛け、テーブルと体の間にこぶし1つ分くらいのスペースを空けて座ると美しく見えます。
男性は、女性の後で座りましょう。バックを椅子の背にかけたり、テーブルの上に置いたりするのはマナー違反です。椅子の背と腰の間に置きましょう。
<フレンチのフルコースメニュー>
洋食と一口に言っても、イギリス、フランス、イタリアなど、コースメニューにも違いがあります。ここではフレンチのフルコースメニューをご紹介しましょう。 コースの流れは次の通りです。


アミューズ・ブーシェ:ウェイティングルームなどで食前酒と一緒に食べる少量の料理。
→オードブル:前菜。食欲を促すための軽い料理。
→ポタージュ:スープのこと。コンソメはポタージュ・クレールといいう。
→パン→ポアソン(魚介料理):ひとつめのメインディッシュ。
→グラニテ:口直し。シャーベットが多い。
→ヴィアンド(肉料理):牛、鶏、豚、羊の他季節によりうさぎや鹿も。
→サラダ→チーズ(フロマージュ):2〜3種の盛り合わせが多い。
→デセール:プリンや焼き菓子、アイスクリームなどが盛り合わせになったデザート。
→カフェとプチフール:コーヒーや紅茶と、一口サイズのお菓子。



このうち、アミューズ・ブーシェとグラニテ、チーズが省略され、ポアゾンかヴィアンドを好みで選ぶ場合もあります。

2.カトラリーの使い方

<カトラリーの使い方>
カトラリーの使い方基本的に、カトラリーは1皿で1セットを使います。コース料理用にセッティングされている場合は、外側から順に使いましょう。
アラカルトでメニューを頼んだ場合は、1セットずつ出されることもあります。
使うときには、ナイフを右手、フォークを左手で持ちます。ナイフは人差し指を伸ばして柄にあて、フォークは腹を下向きにして持ち、人差し指を柄の終わりのところにあてます。
<途中でナイフとフォークを置くとき>
食べている途中でナイフとフォークを置く場合、イギリス式では、ナイフとフォークをハの字に開き、ナイフの上にフォークの先端を重ねて置きます。また、フランス式ではナイフとフォークの間を空けてハの字に置きます。アメリカ式ではフランス式よりナイフとフォークの間を広く取り、皿の端にナイフとフォークの先端がかかるような形に置きます。いずれのスタイルでも間違いではありません。
イギリス式フランス式アメリカ式
<食べ終わったときの置き方>
食べている途中では、ナイフとフォークを開いて置きますが、これを揃えて置くと食べ終わりのサインになります。イギリス式では柄が自分の正面手前に来るように、フランス式では、斜め右下か右横に、また、アメリカ式では、柄が右横にくるようナイフとフォークを揃えて置きます。
イギリス式フランス式フランス・アメリカ式

3. その他のマナー

<ワインのオーダーとテイスティング>
ワインのオーダーとテイスティングワインのオーダーは、男性が同席する場合、男性の役目です。ワインのことがよくわからなければ、店の人に相談するのがベターです。予算を伝えるかワインリストの価格欄を指して「この辺りで」と希望を伝えれば、メニューに合うワインを選んでくれます。
テイスティングはワインの品質をチェックするためのもので、味の好みを確認する試飲ではありません。色や香り、味に問題がなければ、「お願いします」と言ってほほ笑みましょう。
<フィンガーボール>
フィンガーボールフィンガーボールが出されたら、その料理は手を使って食べてもかまわないという意味です。とは言っても、最初から両手で料理を持ち上げて……というのはいただけません。骨付きの肉料理などで、ナイフとフォークでは切りわけられなくなってから手を使いましょう。
汚れた手は片手ずつフィンガーボールに入れ、指先だけをこすり合わせるようにして洗った後、ナプキンで拭きます。
<ワイングラスに口紅がついてしまったら>
ワイングラスに口紅がついてしまった場合、少しであれば、あまり神経質になる必要はありません。気になるのであれば、目立たないよう指先でそっと拭って、ナプキンの内側で拭きましょう。食事の前に口紅を軽くティッシュで押さえて落ちにくくしたり、ワインを飲む前にナプキンの内側で口元を拭いて、口紅がグラスにつかないようにすれば、よりスマートです。
<タバコは吸ってもOK?>
タバコは吸ってもOK?比較的カジュアルな店で、禁煙ではない場合は、食事が終わってデザートに移るタイミングで、同席者に許可を得てから吸うこともできます。ただし、基本的には、食事の席でのタバコは我慢するのがマナーです。また、お店によっては専用のシガールームが用意されている場合もあります。タバコは、ディジェスティフ(食後酒)と共にシガールームやバーで吸うのがベターでしょう。
<食事中のお手洗いの行き方>
食事中は中座しないのがマナーですが、どうしてもという場合は、一皿を食べ終わったタイミングで席を立ちます。その際には、ナプキンをきちんと畳まないで椅子の上に置くか背にかけます。ナプキンをきちんと畳んでしまうと「食事が美味しくなかった」という意味になってしまうので気をつけましょう。

4.お家でレストランメニュー

  • 火も包丁も使わずできる簡単なオードブル
    ホタテのカルパッチョ(ツナマヨソース)
    ホタテのカルパッチョ(ツナマヨソース)
  • トマト缶を使えば時間短縮! 本格派ポワソン
    タラとアスパラのトマトソース煮
    タラとアスパラのトマトソース煮
  • いつもの食材で作れる彩り鮮やかなヴィアンド
    鶏肉のマリネステーキ
    鶏肉のマリネステーキ

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報