お中元、暑中見舞い、残暑見舞い・・・これ1つで完璧!夏のマナー辞典

アイリス暮らし便利ナビ
  1. お中元、暑中見舞い、残暑見舞い・・・これ1つで完璧!夏のマナー辞典

お中元、暑中見舞い、残暑見舞い・・・これ1つで完璧!夏のマナー辞典

わかっているようであやふやな部分も多い夏のお付き合いに関するマナー。
お中元、暑中見舞い、残暑見舞いの疑問をしっかり確認して夏のマナー美人を目指しましょう。

■お中元ってどういうもの?

お中元の起源は、お盆の時期に、先祖への供物を実家に持ち寄ったことだといわれます。
現在のお中元は、仲人、上司、習い事の先生など、日頃お世話になっている方々に感謝の気持ちを伝える季節の贈り物となっています。

お中元を贈る時期は、7月初旬から中旬(15日)頃までが一般的ですが、関西や新潟等、旧盆の習慣がある地域では、8月初旬から中旬(15日)頃に贈る場合もあります。

着物

■お中元を贈る相手・金額相場は?

お中元は、どんな相手にいくらくらいの品物を贈るかが悩ましいところですが、まず、送る相手には決まりはありません。 ただし、お中元の贈答を禁止している場合もあるため、初めてお贈りする相手には、あらかじめ聞ける間柄の場合はそれとなく聞いておくといいでしょう。
会社の場合、社内のルールや慣習がある場合が多いので、まずは周囲に確認しましょう。

なお、喪中の方の場合も、お中元は感謝の気持ちを伝える贈り物なので、喪中に贈ってもかまいませんが、四十九日の忌明けを待ってからお贈りしましょう。

金額については、特にお世話になっている人には、3,000円〜1万円、取引先や勤務先の上司、仲人へは5,000円、親戚、知人、習い事の先生などへは3,000円〜5,000円というのが一般的です。 ご挨拶や心づけ程度の意味合いの場には、1,000〜2,000円が相場です。

お中元イメージ

■お中元ののし・水引・表書きは?

基本としては、お中元をかしこまった相手に贈る場合や、直接持参して手渡しする場合には、より格の高い「外のし」をかけます。 贈る気持ちを強く主張したくないときや、宅配便などで送る場合には、箱に直接かける「内のし」を用います。 水引は紅白の蝶結びを使います。
表書きの上段には、「御中元」と書き、下段には苗字かフルネームを書きます。相手が目上の方であれば、「暑中お伺い」や「残暑お伺い」としましょう。

なお、喪中の方の場合は、紅白の水引を避けて、白無地の奉書紙を用います。

もし、お中元を贈るべき時期を逃してしまった場合、表書きは、立秋までなら「暑中見舞い」、立秋以降は「残暑見舞い」とします。

お中元箱

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでアイリス暮らし便利ナビをフォロー

年末年始に役立つコンテンツ

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報