収納力がアップするラクラク衣替え術

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 暮らし
  3. 特集
  4. 収納力がアップするラクラク衣替え術

収納力がアップするラクラク衣替え術

衣替えのシーズン!服が収まらない、あるはずの服が見つからない…など衣替えの度にストレスを感じている人も多いはず。今回は、衣替えのストレスをなくすコツを住生活アドバイザーのすはらひろこさんにお聞きしました。収納グッズや収納スペースは使い方をちょっと工夫するだけで、衣替えはもちろん、毎日の整理整頓がグンとラクになりますよ。

すはらひろこさん

すはらひろこさん

住生活アドバイザー、一級建築士、整理収納アドバイザー認定講師。 共働き経験をいかした収納術とおしゃれなインテリアに定評がある。テレビ東京「TVチャンピオン」【お部屋リフォーム王】、TBS系「王様のブランチ」、NHK教育「住まい自分流」ほかテレビ・ラジオ出演や講演など多数。 著書に『5分間「整理・収納」BOOK』(三笠書房)、『朝、着る服に迷わないハッピー収納術』(大和書房)がある。

 

 

衣替えを面倒にする大きな原因は、「洋服が多すぎること」。増えすぎた洋服をただ右から左に動かすだけでは、いくら収納場所、収納用品を増やしても、収納の悩み・ストレスは解決できません。

しかも、次回の衣替えの時期にも同じことの繰り返しで、時間も労力もムダが多いですよね。だからこそ、最低年2回の衣替えの時期は、「不必要な洋服をチェックするチャンス」ととらえ、持っている服を見直しましょう。

洋服の全体量は、収納スペースに合わせて調整するのがポイント。必要な洋服の全体量を把握したら、「出し入れしやすい」「選びやすい」「傷まない」の3つを心がけながら収納しましょう。

衣替えのノウハウは、日々の衣類整理をラクにする生活術でもあるのです。

 
衣替えの前にここをチェック

春〜夏の衣替えのベストタイミングは?

『季節の変わり目の衣替えは、小分けにするのがコツ』

気温が不安定な春から夏にかけては、 3回に分けて徐々に衣替えをするのがベスト。モノは少しずつ動かし、しっかりお手入れをしてからしまうのが重要です。今からでも遅くはありません。梅雨前に冬ものをお手入れしながら、夏服へとチェンジしていきましょう。

1回目:3月末
新年度に向けて衣替えスタート。まだ肌寒い日も多いので、この段階でしまうのは、厚手のコートやセーター、ダウンなど、真冬用のもの。クリーニングに出すものを中心に。
2回目:4月末〜5月初旬
2度目の衣替えは、連休を使い、薄手のセーターやニットなど、自宅で洗えるものをしっかりお洗濯。次のシーズンも着たい服かどうかをチェックしながらお手入れを。
3回目:6月初旬
梅雨前に、残ってしまった冬物を洗って収納。さらにこの段階になったら、少しずつ初夏に向けて着たい服を出していきましょう。

衣替えの基本!まずは押入れ&クローゼットを点検!

押入れ&クローゼットの掃除は必須!

普段モノが詰まっていてお掃除が行き届かない押入れ&クローゼットは、衣替えのタイミングでしっかりお掃除をしましょう。押入れやクローゼットは、洋服やふとんの出し入れをするため、ホコリや糸くずなどが溜まりやすい場所。それらが梅雨時に湿気を含むと、カビなどが発生しやすい不衛生な状態に!掃除機や雑巾などで、キレイに汚れを取り除いてしまいましょう。

しまう前に、必要な服かどうかをチェック!

服を入れ替える前に、ワンシーズン着なかった洋服を確認。流行遅れだったり、サイズが合わなかったり、着なかった理由があるはずです。必要のない服は減らしましょう。捨てずにリサイクルショップを利用する場合は、季節外れの服を扱ってくれないショップも多いので、まずは不要な服をひとまとめにして分けておき、次のシーズン前にリサイクルショップに持って行くのもよいでしょう。

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報