マイナンバー制度 今すぐ知りたい対策とおすすめシュレッダー紹介

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 暮らし
  3. 特集
  4. マイナンバー制度 今すぐ知りたい対策とおすすめシュレッダー紹介

マイナンバー制度 今すぐ知りたい対策とおすすめシュレッダー紹介

マイナンバー制度導入にあたり、最低限押さえておきたい基礎知識と情報漏えい対策、おすすめのシュレッダーをご紹介します。
参考サイト:内閣官房 マイナンバー制度
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/

マイナンバー制度とは?

マイナンバーとは

マイナンバーとは

平成27年10月から日本に住民票があるすべての人に通知される、
一人ひとり異なる12桁の番号のことを「マイナンバー」と呼びます。

マイナンバーイメージ
導入のメリットって?

導入のメリットって?

各行政機関が持つ個人情報をマイナンバーと結びつけることにより行政側の事務負担が軽減され、市民にとっても手続きが簡素化されます。
また世帯所得が把握しやすくなることで所得の過少申告や生活保護の不正受給防止となり、本当に困っている人への支援にもつながるとされています。

お手元に届きましたか?あなたのマイナンバー

お手元に届きましたか?あなたのマイナンバー

マイナンバー通知カードは各市町村より住民登録の住所に簡易書留で送付されます。
届いていない場合は引っ越し後に住民票を移していないケースなどが考えられ、住民票のある市区町村の窓口で直接受け取る(印鑑もしくはサインが必要)、 または住民票を移し、引っ越し先で再発行の手続きが必要になります。

「通知カード」と「個人番号カード」

「通知カード」と「個人番号カード」

通知カード」でマイナンバーが通知された後に市区町村に申請すると、「個人番号カード」の交付を受けることができます。(平成28年1月以降)
「通知カード」は紙製で個人番号の証明にのみ使えますが、「個人番号カード」は、顔写真やICチップなどが入ったプラスチック製のもので、身分証明書として利用することができます。

「通知カード」と「個人番号カード」の違い

「個人番号カード」は、カードのICチップに搭載された電子証明書を用いて、e-Tax(国税電子申告、納税システム)をはじめとした各種電子申請や、 お住まいの自治体の図書館利用証などのサービスにも使用できるようになります。

具体的にはどういうときに使われるの?

具体的にはどういうときに使われるの?

主なものは社会保障税務関係災害補償の3つ

社会保障関係の手続
年金
年金の資格取得や確認給付
労働
雇用保険の資格取得や確認、給付
ハローワークの手続き
医療
医療保険の給付の請求、保険料の徴収
福祉
介護、生活保護、児童手当など
税務関係の手続
税務署への申告(所得税、相続税、贈与税など)
証券口座の開設
災害対策に関する手続
被災者生活再建支援金の支給
被災者台帳の作成

ページのトップへ

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報