第26回 除湿機、買うならどっち!?

アイリス暮らし便利ナビ
  1. 第26回 除湿機、買うならどっち!?
家電ママるかぽんの楽しい家電生活

第26回 除湿機、買うならどっち!?

引き続き、除湿機のモニターレポートです♪

2台とも、快調に
湿気を吸い取ってくれました!

が、
どちらにもメリット・デメリットがあり、

「1台しか買わないなら、どっちを買うだろう?」

…と思ったのが前回までの内容。

今回は、電気代など、気になる点を
詳しく調査してみました♪

ここで、もう一度
除湿方法の違いをおさらいしてみます。

なんと、豪華なことに、2機種同時モニターです!

そして、気になる点は、

1)電気代、どのくらい違うの?。

2)運転音、実際には何dB(デシベル)?。
(*デシベルは音の単位。連載第7回で詳しくご紹介してます)

3)各タイプのデメリットを消す方法は無い?。


…というところです。

それぞれ順に、
検証していきます。

■1■ 電気代

電気代は、
家電の使う 「消費電力(W)」
計算することが出来ます。

取扱説明書にもこんな感じ(↓)で載ってます

でも、
「ホントかな・・・?」
って思っちゃう、意地悪い私。 くっくっく。


…なので、実際に測定器で測って
電気代の目安を計算してみました。


(A)コンプレッサー式 (EJC-65N)

…疑ってサーセン!!

説明書記載より少ないので、
コンプレッサーの動き方次第で、
増減するのかもしれません。


(B)デシカント式 (EJD-70N)

…こちらは、ほぼ記載通り。

コレを見ると、
電気代では、やはり、
コンプレッサー式に軍配があがります。


しかし、
コンプレッサー式は、運転音が大きめで気になる!

そこで、次なる調査です。

■2■ 運転音(デシベル)

音の測定器を使って、
各タイプの除湿機の運転音を測りました。

まず、なにも動かしてない
締め切った室内での数値は・・・

37.5デシベル。

音の単位の目安では、
40デシベルが図書館くらいとなっているので、
締め切った室内なら
このくらいが妥当なのかも。


ちなみに、これは昼の数値です。

「夜の方が静かじゃない?」
と思うかもしれませんが、
夜になると・・・

…とまあ、
騒音の対象が増えるので
実験は昼間に行ってるわけですね、ええ(遠い目)。


…前置きが長くなりましたが、
各タイプの運転音を測ります!


(A)コンプレッサー式 (EJC-65N)

説明書記載の数値より大きめなのは
家庭での測定だからでしょうね。

コンプレッサー式の運転音の要因は、

(1)コンプレッサーの音
(エアコンの室外機を小さくしたような、モーター音)

(2)送風の風の音
(特に強モードで大きくなる)

(3)ビビリ音

問題が、(3)です。

この除湿機では、
本体ケースや、背面フィルターが
共鳴してるように思えます。

すると、そもそもの運転音に
ブルブル、ビビビビ…
といったような雑音が混じってしまい、
音が大きい感が増すんですね。

細工で、何とかなりそうなんだけど…
うーむ。


ひとまず、次のデシカント式の測定に。
(B)デシカント式 (EJD-70N)

…あれ?
強モード、コンプレッサー式よりも、
数字が大きい。


上の方に載せた、
取扱説明書でのデシベル数も
強モードにかぎり、
コンプレッサー式よりデシカント式の方が
数字が大きいので、
測定間違いでは無いようです。

送風の音は、意識に紛れがちなので
小さく感じたのかもしれません。


ふむふむ。

じゃあ、それぞれのデメリットを消す細工を
考えてみましょう。

■3■ 使い方の工夫

ここまでで分かった、
それぞれのタイプのメリット・デメリット。

特に、デメリットは、
工夫して改善出来るなら、何とかしたいもの。


(A)コンプレッサー式 (EJC-65N)
--------------------------------
■メリット■
電気代が安い

■デメリット■
運転音がうるさい
--------------------------------

運転音で気になるのが、ビビリ音。

軽く持ち上げたり、
外側を手で押さえたりすれば
少し弱くなるので、
ホントは、もうちょっと振動しないボディに
なってくれたら良いのですが・・・

そこは、次機種に期待するとして。

下に、マットを敷いてみました。
すると…

おお! 音が小さめに!
やっぱり、振動を抑えてあげれば
静かになるようです。


(B)デシカント式 (EJD-70N)
-------------------------------
■メリット■
運転音が小さめ

■デメリット■
電気代が高い/室温が上昇する
-------------------------------

電気代は、
先ほど測った消費電力写真の通り、
弱モードを使うことで約半額になります。

実は、強モードと弱モード、
使ってる分にはそんなに差を感じません。

部屋が狭いからかもしれませんが。


あとは、室温の上昇・・・

前回も測定結果を載せましたが、
デシカント式は
乾燥が進むほど、室温が上昇する傾向が・・・。

今回のモニターでも、
洗濯量が多く、なかなか乾かず
運転時間が長引いた日に…

3.5度も上がってまんがな!


そのために冷房かけると、
また電気代かかっちゃいますよね〜。

なので、
もし外が雨天じゃ無ければ
マドを開けると、少しマシになります。

*取扱説明書には、
「なるべく締め切った部屋でお使いください」
…とあるので、
毎回マドを締めて測定してました。

雨天だと、いつまで経っても湿気がとれない
エンドレス運転になるので
お気をつけを!w

■4■ どっちを買う? 

・・・今回の結果を考えると
私なら、
コンプレッサー式を買うと思います。

運転音は、家にいない時に使えばいいし、
なによりも電気代!


コンプレッサー式の除湿機なら
4時間運転しても約15円。

乾燥機能付き洗濯機の
1回の乾燥運転・電気代は、約57円。
(主要メーカー新機種5台の、約120分乾燥運転時の平均値から算出)

コンプレッサー式・除湿機、安い!!

洗濯乾燥機にありがちな
シワもニオイもつかず、
乾燥終了時に急いで畳むことなく、
気軽に使えるのもイイ♪

洗濯ものの乾燥も便利だったけど、
なにげに重宝したのが、
子供の上履きの乾燥!

すぐ乾いてビックリ!


ちなみに、
コンプレッサー式とデシカント式の
ハイブリッドタイプの除湿機も
あったりするんですが、
ハイブリッドの傾向として、お値段が高め。


また、除湿の仕組み上、
一年中安定した除湿能力を保つのは
デシカント式
とのことなので、
冬場の結露など、年中ジメジメしてお困りの方は、
そちらの方が良いかもしれません。


タイプ選びは、どんな家電でも難しいですが、
一番気になる点を回避できるものを
選べば失敗ないかと。

私は、コスト重視。 きり丸です。©忍たま乱太郎

▲このページのTOPへ

家電ママるかぽんの楽しい家電生活

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報