夏の『知的家事』テクニック〜衣・食編〜

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 暮らし
  3. 特集
  4. 夏の『知的家事』テクニック〜衣・食編〜

夏の『知的家事』テクニック〜衣・食編〜

じめじめした蒸し暑い季節は何事も億劫になりがち。でもカビや臭いが発生しやすいこんな時期こそ手を抜けないのが「家事」です。どうせしなくてはならないなら、知的に効率良くこなしましょう。今回は、「知的家事」の提唱者・本間朝子さんに、夏の家事をラクに効率化するヒントを教えてもらいました。

本間朝子さん

本間朝子さん

知的家事プロデューサー/働く女性の知的家事Logica(ロジカ)代表

フードプランニング会社のチーフディレクターを経て独立。仕事と家事の両立に苦労した経験から、働く女性に向けた家事メソッド「知的家事」を考案。 セミナーなどを通して、知的に家事負担を削減する方法を多くの主婦に伝えている。
著書に『欲しかった“あと1時間”を手に入れる時短家事メソッド』(KKベストセラーズ)がある。
本間さんのサイトはこちら→http://shokuiku.iza.ne.jp

じめじめした季節でも大丈夫!室内物干し活用術

湿気の多い季節の家事で、とくに大変なのがお洗濯。乾きにくく、カビや臭いも発生しやすい! 室内干しのコツと、室内干しに合った上手な洗濯法を聞きました。

湿気に負けない!洗濯術

湿気の多い季節のお洗濯のポイントは「雑菌が繁殖しない環境を作る」こと。
そのためにも「しっかり汚れを落とす」「しっかり乾かす」この2点が重要です。

室内干しの場合は、生乾きの状態が続くと雑菌が繁殖しやすくなり、臭いの原因にもつながるので、できるだけ手早く乾かす工夫を。

また、しっかり汚れを落とそうとして洗剤を入れ過ぎるのはNG。洗剤が残り、洗い残しにつながります。 適量を守りましょう。

≪洗う前にやっておきたいこと≫

  • 汚れ物は洗濯槽にそのまま入れない。通気のよい洗濯カゴの中に入れる。
  • 洗濯槽は定期的にカビを除去。カビ・臭い防止に洗濯機のふたは開けておくこと。
  • 梅雨の洗濯はまとめずこまめに。入れ過ぎも注意。洗濯機の6~8割を目安にする。

≪洗う時に気をつけること≫

  • 洗濯洗剤は適量を守る。酸素系漂白剤を併用したり、漂白剤入り(部屋干し用など)の洗剤を使うのも◎。
  • 柔軟剤は抗菌効果のあるものを使う。
  • 梅雨時の洗濯は脱水を少し長めにかける(衣類がいたまない程度)。

ココがポイント!室内干し

部屋の湿気を外に追い出す方法

部屋の湿気を外に追い出す方法

湿気が多い部屋で室内干しをすると乾くのに時間がかかります。湿気を減らしたいときにおすすめの方法が、サーキュレーターを使用したこの方法。窓を少しだけ開け、上部をプラスチック段ボール(段ボールでも可)などでふさいだ状態でサーキュレーターを外に向けてかけると、部屋中の湿気が外へ出ていきます。
サーキュレーター
サーキュレーター・扇風機»
アイリスプラザへ移動します
カーテンレールにかけて干すのはNG

カーテンレールにかけて干すのはNG

洗濯物をカーテンレールにかけると、重さでカーテンレールが歪んでしまったり、カーテンレールの汚れが洗濯物につく可能性もあります。
またカーテンにカビが生えてしまう恐れも。日頃の取り込み場所と兼用した、室内物干し用の場所を設置しましょう。
室内物干しセール!
室内物干しセール!»
アイリスプラザへ移動します
室内干しの臭い防止に「除菌スプレー」

室内干しの臭い防止に「除菌スプレー」

室内干しの臭いを防ぐには、洗濯物を干す際に「除菌スプレー」をかけると効果的です。洗濯物がまだ濡れている状態のときに、30cmくらい離れたところから全体にスプレーするのがコツです。

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報