暮らし調査隊〜お盆の帰省についてのアンケート結果発表〜

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 暮らし
  3. 特集
  4. 暮らし調査隊〜暮らしのあれこれアンケート〜
  5. お盆の帰省についてのアンケート結果発表

お盆の帰省についてのアンケート

「おかえりなさい」のホントのところ。なかなか聞きづらい帰省者を迎える側のホンネ、聞いちゃいました

Q1 帰省者を迎える際、負担に思うことは何ですか?

1位
家の掃除
22.8%
2位
手料理をふるまうこと
20.7%
3位
寝具や生活小物の準備
19.0%
4位
子供や孫の世話
13.6%
5位
親戚との集まり
10.1%
6位
義理の子供との会話
4.8%
7位
その他
9.0%
娘・息子を「お・も・て・な・し」!?
家族とはいえ、普段は別々に暮らす人を迎えるとなるとそれなりに準備が必要のようです。そして帰省者が楽しみにしていること第2位の手料理が、負担に思うことでもなんと第2位にランクイン。期待と重圧はセットのようです(汗)。 中には「負担をかけないために、一緒に旅館に泊まる」という方も。贅沢ですが、たまにはアリかも!

Q2 帰省者に気を遣ってほしいことはありますか?

1位
特になし
51.3%
2位
家事の手伝い
7.6%
3位
生活リズム
4.4%
4位
長居のしすぎ
3.8%
5位
早めの日程連絡
2.2%
6位
その他
30.7%
のんびりしていってほしいという声が半数
せっかく帰ってきたらゆっくりしていってほしいというのが親心のようです。気を遣いすぎるのもよくないですね。とはいえ、ニーズは人それぞれ。コミュニケーションの中で解決していきましょう。

帰省する側・迎える側、ベストな滞在日数は?

Q3 滞在したい期間は?

1位
日帰り
25.6%
2位
2泊
25.1%
3位
1泊
20.7%
4位
お盆の間中ずっと(4泊以上)
13.6%
5位
3泊
13.5%
6位
その他
1.5%

滞在してほしい期間は?

1位
2泊
27.7%
2位
1泊
22.0%
3位
日帰り
18.7%
4位
お盆の間中ずっと(4泊以上)
16.3%
5位
3泊
14.6%
6位
その他
0.7%
暮らし便利ナビの結論は2泊!
長居し過ぎず、あっさりしすぎずのさじ加減は2泊ぐらいがちょうど良いようです。ただし未婚の方については「お盆の間中ずっと帰省したい」とお答えの方も多く、家事を手伝いながらゆっくり過ごすのがよいかもしれないですね。

ここからは、「帰省時に喜ばれた・失敗したエピソード」をご紹介します!

コレをして喜ばれました(帰省する側)

  • 東京から田舎に帰省する際、有名店のスイーツやテレビで紹介されたお菓子を買って帰るととても喜ばれます。  (40代・男性)
  • 壊れかけの家電を一緒に買いに行って設置してきます。一人暮らしの母には配線などが大変なので、帰省のたびに主人が大活躍します。  (40代・女性)
  • 子どもがちゃんと挨拶ができたり礼儀作法を守っている姿を見て、上手に育てているねと母が喜んでくれました。  (20代・女性)

楽しみなこと・嬉しいこと♪(迎える側)

  • いとこが来てくれると子どもが喜ぶ。子ども同士で遊んでくれるから、自分の用事ができるのもありがたいです。  (40代・女性)
  • 眠くてもお酒を飲んだり、疲れるはずなのにカラオケに行ったり。久しぶりに会えて、一緒に過ごせる時間が嬉しい。  (20代・女性)
  • 社会人になった息子たちが食事や買い物の時に「オレが払うよ」と言ってくれたのがとても嬉しかったです。息子たちも大人になったんだな、と。  (50代・女性)
編集部
より
いかがでしたか?帰省はする側も迎える側も大変なもの。でも、一緒に過ごせる時間は何にも代えがたいですよね。みんなが気持ちよく過ごせるよう、今回の調査をぜひ参考にしてみてくださいね!

アンケートにご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました!

  • 手土産にはコレ!おすすめ商品はコチラ

                  

    北海道・東北の有名ブランド米の中から選りすぐった5銘柄

    北海道産ゆめぴりか、秋田県産あきたこまち、山形県産つや姫、宮城県産ひとめぼれ、新潟県産こしひかりの贅沢なセットです。

▲ページTOPへ

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報