第6回 基本編 灯りの魔法 「ゆらぎ」

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 節電節約(LED・LED照明)
  3. 灯りでつくる ここちよい暮らし
  4. 第6回 基本編 灯りの魔法 「ゆらぎ」
灯りでつくる ここちよい暮らし

灯りの魔法「ゆらぎ」

灯りのゆらぎ

夏休みも終わって、いつもの毎日が始まりましたね。
学校や職場に行きたくない・・・なんて思った時、
灯りの魔法を使って、気分を変えてみましょう。

今回は、灯りの「ゆらぎ」に注目してお話します。
今回の話題は「ゆらぎ」に注目!

ゆらぎ・・・ゆらめく光、ゆらめく灯り

身の回りにある、ゆらめく光、ゆらめく灯りを探してみましょう。
例として、私が最近見た光、灯りの中からご紹介します。

木漏れ日

(1)木漏れ日
金環日食の時の木漏れ日。風が吹く度にゆらゆら・・・。
木漏れ日も輪になっていました。見ていて飽きない光です。

海に沈む夕陽

(2)海に沈む夕陽
旅先で見た時夕陽。波に揺られて海面に映った光がゆらゆら・・・。
段々姿を変えながら沈んでいく様も癒されます。

炭火

(3)炭火
旅先でキャンプをしていた時、お隣のご家族に「良かったら当たってください」と勧められた炭火。温かい炎がゆらゆら・・・。
ご家族の温かい気持ちと、炭火の温かさに癒されたひと時でした。

ゆらぎの効果

ゆらぎについて考えてみると、何らかのリズムに乗りながらも決まった動きをしないものが多いですね。

木漏れ日や夕陽、炎のゆらめきも、「ゆらぎ」があり不規則に変わりながら動いています。
小川のせせらぎや波の音、木々の揺れる音等、耳から入るものにも「ゆらぎ」があると言われています。

そして、「ゆらぎ」を感じていると穏やかな気持ちになって不思議と心が癒されます。

自然界にあるゆらぎを見つけて見ましょう

実験:ゆらめく灯りを作ってみよう!

私たちの暮らしの中にも、ゆらめく灯りを取り入れてみましょう。

■用意するもの:市販のLEDキャンドル、折り紙(15cm角程度のもの)、ハサミ

≪作り方≫

折り紙で、折鶴を折ります。
(1) 折り紙で、折鶴を折ります。
羽を広げる前に、底の部分にハサミで
5ミリくらいの切れ目を入れます。
折った部分が内側になるように折ります
(2) (1)で折った部分が内側になるように折ります。
つのの片方が頭になるように折り曲げます。
(3) 羽を広げ、つのの片方が頭になるように折り曲げます。
LEDキャンドルの炎の部分を差し込みます。
(4) 切れ目から息を吹き入れ胴体を膨らませLEDキャンドルの炎の部分を差し込みます。
完成です。
(5)完成です。

LEDキャンドルは炎の中に何個か灯りの粒が入っていて、その粒が点いたり消えたりすることで炎のゆらめきを表現しています。
折り紙を被せることで、灯りが柔らかく拡散します。

炎のゆらめきを表現
たくさん作ってテーブルに並べると何か物語が始まりそうですね!「ゆらぎ」の世界を作ってみましょう

● 最後に

如何でしたか?ゆらぎの効果で癒しの空間を是非演出して見て下さいね。

次回のテーマは「きらめき」。キラキラ光る灯りの魔法に迫ります。

人感センサーLED

節電に役立つアイテムをチェック

電気代を賢く節約しましょう!

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報