第10回 灯りの魔法「廊下・階段」

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 節電節約(LED・LED照明)
  3. 灯りでつくる ここちよい暮らし
  4. 第10回 灯りの魔法「廊下・階段」

灯りでつくる ここちよい暮らし

灯りの魔法「廊下・階段」

廊下・階段

前回と同様に、皆さんのご家族一人ひとりの一日の動きをイメージしてみましょう。
その中で、廊下・階段では、部屋から部屋、目的の場所へ人が移動する動きがあります。
家に帰ってきた時、玄関からリビングなど他の場所に廊下を通って移動する場面。
夜中に起きた時、寝室からトイレに廊下を通って移動する場面。
どんな灯りがついていればよいか見ていきましょう。

灯りの基本、5つの要素ごとに整理します。
(1)明るさ:夜中に起きた時はほのかな光。家から帰ってきた時等、まだ体が起きている時間帯に移動する場合は必要に応じて、より明るく。
(2):ほのかな光は、オレンジ色の温かみのある色。 明るい光は、白っぽい色。
(3)高さ:ほのかな光は、視線より下。明るい光は、頭上より。
(4)照らし方:ほのかな光は、間接的に。明るい光は、直接的に。
(5)タイミング:人を感知して自動的に点灯する。
5つの要素を組み合わせて、効果的な廊下・階段の照明計画を立てましょう。

基本的な考え方は玄関と同じです
玄関

灯りの魔法で「道しるべ」の演出

前回の玄関の時と同じ話ですが、要素(5)のタイミングに該当する「人を感知して自動的に点灯する」仕組みが無い廊下や階段では、手探りでスイッチを見つけなくてはなりません。そんな時、ホッとする灯りが道しるべになってくれたら良いですね。暗い場所で人が通ると灯りがつく、乾電池式LEDセンサーライト(BSL-10L)を使って「道しるべ」の灯りを演出してみましょう。乾電池式なので、特別な電源は不要です。
今回も、灯りの魔法で一工夫。色紙を使って、白い灯りを、温かみのある柔らかい灯りに春らしく変身させてみましょう。
春らしい「道しるべ」灯りを作ってみましょう

「道しるべ」の灯りを作ってみましょう

■用意するもの
乾電池式LEDセンサーライト、
A4色紙(白、ピンク各1枚ずつ)、
穴あけパンチ(サクラ柄)

用意するもの  
  • 今回使ったのはコレ!
    乾電池式LEDセンサーライト乾電池式LEDセンサーライト


〜作り方〜

A4色紙(白、ピンク)を寸法に合わせて印付けカットします。
1.A4色紙(白、ピンク)を寸法に合わせて印付けカットします。
色紙の折り目をしっかりとつけて、白とピンクを貼り合わせます。
2.色紙の折り目をしっかりとつけて、白とピンクを貼り合わせます。Aの部分にはセンサー用に穴を開けます。
センサー部分に開口を開けて、ピンクの部分に穴あけパンチで穴を開けます。(花びらなどの模様を開けるとキレイに仕上がります)
3.ピンクの部分に穴あけパンチで穴を開けます。 図のように、折り目を使って穴を開けたり、気に入った柄をカッターでくり抜いてお好きな模様を付けてください。
のりしろで貼り合わせて六角形の筒状にします。
4.のりしろで貼り合わせて六角形の筒状にします。センサーライトに被せて完成です。
出来上がり!
桜色の春らしい色の灯りの出来上がり

● 最後に

如何でしたか?
灯りの魔法を使って、是非「道しるべ」の演出をしてみてくださいね。
次回は番外編として、母の日にちなんだピッタリの灯りをご紹介します。
お楽しみに。

人感センサーLED

節電に役立つアイテムをチェック

電気代を賢く節約しましょう!

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報