サーキュレーター活用術入門編〜扇風機評論家に聞く〜

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 節電節約(LED・LED照明)
  3. 特集
  4. サーキュレーター活用術入門編〜扇風機評論家に聞く〜
扇風機評論家に聞く サーキュレーター 活用術 入門編

扇風機評論家 奈良 巧 さん

プロフィール 1958年生まれ。扇風機評論家。出版社で25年間雑誌編集者・記者を勤め、3年前に退職し、現在フリーライター。文化放送「吉田照美ソコダイジナトコ」では毎週水曜朝7時15分から「週刊誌記者奈良巧のトレンドまんまんなか」を担当。近著に『加齢臭読本 (草思社)』がある。

昨年からの節電志向を受け、この夏も引き続き扇風機が人気とか。それに引き替え、電気代がかかるエアコンはどうも旗色が悪いようです。ところで最近よく見かけるサーキュレーター…扇風機の小型版みたいなこの機械はエアコンと一緒に使うと、電気消費量が10〜20%も抑えられるとか!今までの冷房対策の見直しを考えている方は、この夏「サーキュレーターを買い足す」という選択肢もありそうです。そこで扇風機評論家・奈良巧さんにその使いこなし術をそ〜っと伝授していただきました!

  • さて、話はここから。見た目は小型の扇風機……首は短く、前面はしっかりしたカバーで覆われています。サーキュレーターとは、温度差のある室内の空気を循環させる「空気循環機」です。 「固定型」「首振り型」「静音モード」「リモコンスイッチ付」など様々なタイプがあり、ライフスタイルによって選べます。軽くて、持ち運びも便利!

  • サーキュレーターをお求めの方はこちら
  • 風の使い分けを知るべし

    どちらもモーターで羽を回して風を作る点は同じですが、風の種類が違います。扇風機は近い距離に広く風を送りますが、サーキュレーターは直進する風を遠くに送ります。また扇風機は単体で使いますが、サーキュレーターはエアコンと一緒に使うことが多いという違いもあります。それぞれの特徴を知って風を使い分けることが節電につながります。

    • 人に風を送って「涼しい」と感じさせる
    • 風が近距離に広範囲届く
    • 夏だけ使う
    • 部屋の中に風をおこして空気を撹拌(かくはん:かきまぜること)する
    • 直進性のある風が遠くまで届く
    • 一年中使う
    • 扇風機として使えるタイプもある
サーキュレーター使いこなし術

電気代を賢く節約しましょう!

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報