1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 節電節約(LED・LED照明)
  3. LED電球活用レポート
  4. Report #003

LED電球活用レポート

Report #003

先日、LED電球活用レポーターへ応募してくださった千葉県にお住まいのけろりんちょさんのレポートをご紹介します!3月の東日本大震災を経験され、地震対策としてメイン照明をダウンライトへ替え、そのダウンライトに使用する電球を一部LED電球へ交換していただきました。
マンションや一戸建てに設置されていることが多いダウンライトの活用レポートをぜひチェックしてみてください!

けろりんちょさん
(女性/40代/主婦)
けろりんちょさん
  • ■お住まい: 千葉県
  • ■居住形態: 一戸建て(持ち家)
  • ■築年数: 13年
  • ■居住人数: 2人
  • ■間取り: 4LDK
  • □モニターさんより一言!(意気込み等)
     「今年の3月に東日本大震災が起こり、家がかなり揺れましたが、照明器具が落ちることはありませんでした。
     しかし、これから余震のことを考え、リビングの中央にあった照明をはずし、メイン照明をダウンライトに変えました。
     LED電球に交換したいと思っていましたが、わからない事が多く購入する踏ん切りがつきませんでした。
     今回のモニターで我が家のALL LED電球化計画の基礎作りをしたいと考えています。」
  • リビング
今回のモニターアイテム
LED電球 小形5.2W 昼白色
LED電球
小形5.2W昼白色

地震対策!メイン照明をダウンライトとLED電球に交換

  • リビング_天井部分
  • ダウンライト_比較
  • リビング_全体

リビングにダウンライトが6個ありますが、今回は向かってカーテン側縦に2つと、真ん中手前1つの合計3個のみの交換です。今まで白熱電球の様な色合いの光でしたので、今回モニターした昼白色は目が覚めるような光でとても気に入っています。
ダウンライトだと、部屋というか天井が広く感じられます。LED電球はダウンライトにもあう事がわかりました。照明器具をダウンライトにしたことで、リビング兼わんこの留守番部屋は、留守番中に地震が起きても落ちてくるものがないので安心です。
そして、天井がすっきりしたこと、照明器具に埃が付きにくいので掃除の回数も減りそうです。
次に電気代ですが、40W相当で5.2Wの消費電力というのは感動しました。ダウンライトすべて交換すれば合計しても31.2Wで驚きの小電力です!
今までのミニクリプトン60W相当の消費電力54W×6個=324Wはどれだけ無駄に電気を消費するものだったのでしょうか。本当にエコな商品ですね。

使用している電球
LED電球 小形5.2W 昼白色× 3個

LED電球 
小形5.2W 昼白色× 3個

ひとくちメモ

PM6:00〜PM11:00(5.0h)6球点灯したときの白熱電球とLED電球にかかる電気代の差
白熱電球: 54(W)×5.0(h)×6(球)×0.022(円/Wh)=約35.6円  
LED電球: 5.2(W)×5.0(h)×6(球)×0.022(円/Wh)=約3.4円
1日で約32.2円、1週間で約225.5円の差!3ヶ月で約2898.7円の節約になります☆
今回3球換えただけでも、1日で約16.1円、1週間で約112.7円、
3ヶ月で1,449円の節約・節電が出来ています!

※ 電気代は電気料金目安単価0.022円/Wh(税込)で算出。
※ ミニクリプトン電球60W(消費電力54W)とLED電球小形5.2W(消費電力5.0W)との比較。
※ 1週間7日、1ケ月30日で算出。

ひとくちメモ

斜めづけでも、ダウンライト器具の反射板のおかげで明るさ変わらず!
白熱電球に比べて発光面が半分ほどのLED電球だと、ダウンライトによくある斜め付けタイプのものだと真下をしっかり照らしてくれないんじゃないの?と不安になりがちですが、ダウンライト器具本体内側にある反射板で光を反射してくれるので、真下へ照らす明るさは、ほとんど変わらないんです。  

ひとくちメモ

ダウンライトへの設置する電球には、必ず「断熱材施工器具対応」のものを選びましょう!
断熱材施工器具とは、断熱構造の天井や屋根に取り付ける「埋め込み形照明器具」のことで、ダウンライト等で用いられている器具を指します。(下図参照)
非対応のものを使用すると熱がこもる等の要因で、製品寿命が短くなったりする可能性があります。必ず、「断熱材施工器具対応」と記載されているものを選びましょう。


断熱材施工器具対応

まとめQ&A

  • LED電球に換えてみていかがですか?
    電球の明るさは500ルーメンで従来の電球40W相当とありますが、今まで使っていたミニクリプトン電球60Wと比べても、しっかり40Wの仕事をしていると思います。とても5.2Wの電力とは思えない明るさです。
    斜め付けのダウンライトでもぴったり入り、何の支障もありません。

    斜めづけ

  • 購入するまでに比較したり何か調べたりしましたか?
    我が家のダウンライトはミニクリプトン電球サイズしか使用できないため、ぴったりサイズを探すために数件お店を見て回りました。明るさはどのくらい必要なのか?6個のLED電球を購入するとなると、照明器具1個分の出費になりますので、慎重になって探しましたね。他社から販売されているダウンライトの斜め付け専用LEDは光のロスがなく効率的なので惹かれましたが、値段が高く断念し候補から外しました。
  • 今後、LED電球に換えたい場所・照明器具はありますか?
    地震対策としてダウンライトをメインに使用していこうと思っていますので、玄関、トイレ、洗面所、ダイニング、階段すべてLED電球に変えていきたいです。
  • LED電球を使用して一番のメリットだと思う点を教えてください。
    やはり小電力で、電気代もあまりかからないということです。今、省エネをどうするかが課題になっていますから、60Wの電球を6個も付けていたら、罪悪感を感じます。でも、LED電球ならば、外出中も空き巣対策として、キッチンの照明をひとつ、点けて出かけてもよさそうです。
  • その他、LED電球を使用してみて気づいた点などありましたらコメントをお願いします。
    LED電球は、電球の半分のみ明るくなるので照明器具によっては暗い部分も出てくるとテレビで実証していました。しかし、今回モニターしたLED電球E17口金は小型のせいか、ダウンライトでも、卓上ライトでも不便なく使用できました。我が家の照明器具にかなりの部分が使用できることに嬉しく思います。

    卓上ライト_ミニクリプトン球60W卓上ライト_LED
  • 最後にモニターレポートを読んでいる方へコメントをお願いします。
    自宅の電球を一度に交換するのは大変な事ですので、まずは長時間使用する部屋や照明の消し忘れが多い部屋などから変えていくと良いと思います。そして、この部屋を基本としてワット数や電球色も選べば失敗なく交換できるのではないでしょうか。
    以前、あまり名の知れていないメーカーの省エネ電球を購入したところ、長寿命との宣伝のはずが、わずか数カ月ほどで電球が切れてしまい、メーカーに問い合わせしたことがあります。幸い交換してもらうことが出来ましたが、不信感が残りそれからは、信頼のできるメーカーの商品を購入するようにしています。
    安い買い物ではないので、消費者の側に立った信頼のできるメーカーから購入することをお勧めします。

編集部より

LED電球活用レポート初の「ダウンライト」の活用例でした。最近は、特に一戸建て・マンション問わずダウンライトが設置されているお宅は多いので参考になった方も多いのでは?今回はリビングでの実例でしたが、ダウンライトは、廊下や玄関など防犯対策などで点けっぱなしにしておきたいところに多いようです。節電とはいえ、電気を全て消すことは簡単ですが、防犯対策や夜間の移動など生活の安全が損なわれては元も子もありません。最小限の電力で抑えながら毎日の安心感が得られて、快適に過ごせることこそ本当の節電ライフになる、と考えさせられたレポートでした。けろりんちょさん、レポートありがとうございました!!

今回使用した商品はこちら!

  • LED電球※販売を終了しました。

    LED電球 小形5.2W電球色

    使用場所:
     リビング(ダウンライト)
    斜め付けダウンライトや密閉形器具や断熱材施工器具など様々な器具、場所・用途に使えます!斜めづけ

おすすめ商品はこちら!

go to TOP

電気代を賢く節約しましょう!

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報