赤ちゃんにも安心!布団に潜むダニを退治する方法

アイリス暮らし便利ナビ

  1. 赤ちゃんにも安心!布団に潜むダニを退治する方法

赤ちゃんにも安心!布団に潜むダニを退治する方法

赤ちゃんにも安心!布団に潜むダニを退治する方法

布団にはとても多くのダニが潜んでいます。アレルギーを引き起こす原因になることもあるダニは、いったいどうすれば効率的に退治できるのでしょうか。

安心して健康的に過ごすためには、ダニ対策が必要です。デリケートな赤ちゃんがいる家庭でも簡単にできる、おすすめのダニ対策をお伝えします。

1.布団にダニが集まる理由

毎日必ず使う布団と枕には、たくさんのダニがいます。
布団や枕には剥がれ落ちた古い皮膚が付きやすく、これらはダニのエサになります。さらにそれだけではなく、布団の温度と湿度もダニにとって生息しやすい条件を備えています

ダニは25℃以上の温度と60%以上の湿度で爆発的に増加します。寝ている間は私達の体温で布団が暖まり、寝汗をかくために湿度も上がります。布団はダニにとって、エサが豊富で繁殖しやすい場所なのです。

ダニの画像

しかし、実際に布団に入っても、その中にダニがいるという実感がなかなか湧きません。ダニの大きさは約300μm(マイクロメータ)=約0.3mmと、とても小さいので、刺されない限りはなかなか気づけないのです。

けれど、見えないから大丈夫だと放置してはいけません。
ダニがいる布団には、ダニの死骸や糞もたくさんあります。これらはアレルゲンとなり、アレルギー性鼻炎や皮膚炎などのアレルギー症状を引き起こす原因になるのです。 できる限り布団のダニを退治して、アレルギーの原因になる要素を少なくしていく必要があります。

2.布団乾燥機が効果的な理由

ダニを退治する方法はいくつかあり、ダニ退治のスプレーや、布団をまるごと洗うクリーニングなどが一般的です。
スプレーは手軽ですが、薬剤を使っています。ダニを退治する薬剤が人間にもまったく無害かというと、不安が残ります。特に赤ちゃんやペットがいる家では、できるだけ避けたいというのが本音ではないでしょうか。

布団クリーニングはダニ退治に有効な方法ですが、しょっちゅうクリーニングするわけにはいきません。年に1回〜2回のスペシャルケアです。
ダニは短期間でもどんどん増えるので、毎日の対策が必要です。
そこでおすすめしたいのが、布団乾燥機なのです。

布団乾燥機の画像

ダニは人肌に温められた温度と高い湿度で繁殖しますが、反対に50℃近い温度と乾燥には弱い生き物です。

この二つの条件を同時に満たせるのが布団乾燥機です。
布団を晴れた日に干すことも効果的な対策ですが、毎日布団を干せる天気が続くわけではありません。天気が悪く布団を干せない日が続くこともあります。

しかし布団乾燥機なら、天候に左右されずいつでも好きなときに使えます。何より、布団乾燥機で温めたホカホカの布団は暖かくてとっても気持ちよいのが魅力!
ダニ退治と心地よく布団に入れるという2つの面から、布団乾燥機はとってもおすすめなのです。

寝てる女性の画像

3.布団乾燥機を使ってダニを減らす

25℃以上の温度と高い湿度はダニにとって繁殖しやすい環境ですが、50℃以上の温度には耐えられず死滅します。また、乾燥にも弱いため、布団を50℃以上の温度に温め、湿気を抜いてあげればダニが急激に増えることはありません

ダニを退治するためには、布団乾燥機をできるだけこまめに使い、布団の温度を上げつつ乾燥させ、ダニが生息しにくい状態を維持することが大切です。
この状態に布団を整えられるのが布団乾燥機です。

カラリエボタン押すところ

しかし「布団乾燥機が良いと言うけれど、使い方が面倒だと三日坊主になりそう」と心配する人がいるかもしれません。

確かに従来はマットを布団の中に広げるというひと手間が必要な布団乾燥機がメインでした。しかし布団乾燥機も進化し、より簡単に手早く使えるようになっています。

例えばアイリスオーヤマの布団乾燥機カラリエシリーズは、布団の中にノズルを差し込んでスイッチオンするだけ、という手軽さで使えるのです。

カラリエの使い方

  • 1.敷布団を敷き、布団乾燥機のホースを布団の上に伸ばす

  • 2.掛け布団をその上にかける

  • 3.布団乾燥機のスイッチをオンにする

10秒で準備して布団乾燥機をONできるのでとても簡単。
重いものを持ち上げたり、マットを広げたりという面倒な作業や難しい操作はありません。

従来の布団乾燥機はマットを畳んで収納する手間もありました。そのため、より一層「面倒」だという気持ちになり、持っているのに使わなかったという人も多いでしょう。しかしカラリエなら、使い終えた後はホースを抜いて電源コードを外すだけで片付けも簡単です。

これだけシンプルなら、毎日使うのも苦になりません。
こまめに布団乾燥機を使い、効果的なダニ対策をして布団の中のダニを減らしていきましょう。

4.布団乾燥機と布団クリーナーのダブル活用でダニ退治!

布団乾燥機 布団クリーナー

布団乾燥機を使えばダニが繁殖しにくい状態の布団をキープすることができますが、ダニの死がいや糞は取り除けません。
アレルギーの原因になるのはダニの死がいや糞なので、布団乾燥機でダニを減らしつつ、ダニの死がいや糞を取り除く必要があります。

ここで活躍するのが布団クリーナーです。
ダニの死骸・糞、さらに布団から出るホコリといった、さまざまなアレルゲンは、掃除機で吸い取るのがおすすめです。

しかし掃除機で吸うことができるのは、布団の表面に浮きているものだけで、布団の奥に残ったものまでは吸い取れません。
布団の奥まできれいにするためには、布団の表面を軽く叩き、奥に潜んでいるゴミを表面に浮き上がらせる必要があります。

けれど、「叩いて掃除機をかけるという二度手間が面倒!」と感じた人も多いのではないでしょうか。
そこでおすすめなのが、アイリスオーヤマのふとんたたきヘッド付きの掃除機です。

ふとんたたきパット部分画像

通常の掃除機に布団専用のヘッドが付属している商品で、ヘッドには特殊な振動パッドが取り付けられています。パッドが布団を叩くことで内部に埋まっていたダニの死骸や糞が表面に浮かびあがり、掃除機がそれらを吸い取るので、掃除機をかけるだけで布団の奥まで掃除できるのです。

▼ふとんたたきパッドの動画はこちら▼

ふとんたたきパッドを使って布団の内側・表面をきれいにし、さらに布団乾燥機でダニの繁殖を食い止めれば、アレルゲンの少ない、快適な環境を作ることができます。

5.まとめ

ベット画像

特に体温の高い赤ちゃんや小さなお子さんは、寝ている時に汗をかくことも多く、温かくて湿度が高い布団はダニにとって絶好の繁殖場所です。ダニの死骸や糞はアレルギーの原因になるため、できるだけそれらを取り除きつつ、ダニの繁殖を抑える必要があります。

そのために有効な方法が、布団乾燥機と掃除機のダブル使いです。布団乾燥機でダニが生息しにくい高温と乾燥した状態にしたうえで、掃除機を使いアレルゲンとなるダニの糞や死骸を吸い込みます。

しかし、掃除機をかけるだけでは布団の表面に出ているゴミしか吸い取れないので、布団を軽く叩いて内部のゴミを浮き上がらせることが大切です。
掃除機と布団乾燥機を併用して、心地よく安心して使える布団に変えていきましょう。

おすすめ商品

ふとん乾燥機カラリエ FK-C2

ふとん乾燥機カラリエ FK-C2

立体ノズルのフラップを立ち上げることで、ふとんの中に空間をつくり、より広い範囲に温風を届けることができます。多彩なモード(※冬・夏・ふとんあたため・ダニ・手動)で1年中使えて快適です。

詳細はこちら

※アイリスプラザに移動します。

ふとん乾燥機カラリエ ツインノズル FK-W1

ふとん乾燥機カラリエ ツインノズル FK-W1

ヒーター出力 約36%UP!ツインノズルタイプなので、2つのふとんを同時に乾燥することができます。
コンパクト&約2.2kgの軽量設計。持ち運びラクラクで収納も省スペースに収まります。

詳細はこちら

※アイリスプラザに移動します。

コードレスふとんクリーナー IC-FDC1

コードレスふとんクリーナー IC-FDC1

ダニちりセンサー塔載!ふとんの中の汚れを見つけてキレイにする充電式の布団クリーナーです。サイクロンヘッド内で空気が高速回転し、表面の生地を痛めることなく強力な吸引力でハウスダストをかきとります。

詳細はこちら

※アイリスプラザに移動します。

超吸引ふとんクリーナー IC-FAC2

超吸引ふとんクリーナー IC-FAC2

軽くて、パワフルなふとんクリーナー。吸引と同時に温風でふとんをふっくら温めて、ダニが繁殖しにくい環境を作ります。超ワイドたたきパッド(幅20cm)を搭載し、毎分約6,000回の高速たたきで繊維の間に潜り込んだハウスダストを浮き上がらせます。

詳細はこちら

※アイリスプラザに移動します。

合わせて読みたい
  • 布団乾燥機の使い方〜電気代や効果・お手入れ方法について〜
  • 布団乾燥機カラリエをおすすめする3つの理由
  • ふとん乾燥機カラリエシリーズ※オフィシャルサイトに移動します
  • 「ふとん乾燥機 カラリエ」開発者に聞く!布団乾燥機の効果的な使い方
  • ふとんクリーナー※オフィシャルサイトに移動します
  • 掃除機で布団を清潔に保つ方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでアイリス暮らし便利ナビをフォロー

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報