おいしいごはんの炊き方

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 掃除洗濯(掃除機)
  3. ゆる家事マスターになろう!
  4. キッチン編
  5. おいしいごはんの炊き方

ゆる家事マスターになろう
キッチン編

おいしいごはんの炊き方

ごはんのおいしい炊き方は、いろいろ工夫をしているご家庭もあることでしょう。でも、もしかしたら、ちょっとした勘違いをしていて、おいしいごはんを食べ損ねていることもあるかもしれません。そこで、ごはんの炊き方の基本を紹介します。一度、試してみてくださいね。

正確にお米を計る

正確にお米を計る

計量カップに、お米を山盛りすくい、箸などを使ってすり切ります。

素早くお米をとぐ

お米を容器に入れたら、たっぷりのお水を入れ、サッとかき混ぜてすぐに水を捨てます。

<水の量>
米:水 = 1:1.2

ポイント

まず始めに、お米の表面のぬかなどをすばやく洗い流すことが重要です。 お米は水を吸い上げやすいので、ぬかの臭いがついた水を吸う前に捨てましょう。

正確にお米を計る

もう一度水を入れ、野球のボールを持つような手つきで、優しくとぎます。 これを水を替えながら、3〜4回手早く行ないます。水が完全に透き通らなくても大丈夫です。

NGポイント
時間をかけてとぐ
お米は水を吸いやすいので、時間をかけるとべちゃっとした炊き上がりになってしまいます。
泡だて器でとぐ、力を入れてとぐ
お米が割れたり、表面にキズができてしまいます。
ザルで水切りし、放置する
お米は水を含むと、とても割れやすくなります。

正確な水加減

お米を容器に入れたら、たっぷりのお水を入れ、サッとかき混ぜてすぐに水を捨てます。

※新米は多少控えめに

あとは、何度か炊いてみて、お好みの硬さ・軟らかさに、水の量を調整してください。

ポイント

ミネラルウォーターを使う場合は、軟水を使いましょう。 硬水に含まれるカルシウムがごはんの粘りを消してしまうことがあります。

水に浸す

お米を平らにならし、水に浸します。水に浸すと、お米の中の酵素が働き、でんぷんが甘みの元のオリゴ糖を作り出し、おいしいごはんになります。

<水に浸す時間の目安>
春・秋…1時間
夏…30分
冬…2時間

炊く

炊飯器のスイッチを入れます。

少し蒸らす

炊飯が終わったら、10分〜15分蒸らします。 炊き上がり直後は、水っぽく、おいしい成分がごはんの外に流れ出しています。蒸らすことで、ごはんの中にうまみを戻します。最近の炊飯器は、蒸らしの時間を含めて炊飯終了のお知らせが鳴りますので、取り扱い説明書で確認してください。

かき混ぜてほぐす

かき混ぜてほぐす

中央からごはんを返し、余分な水蒸気を飛ばすように、全体を均一に混ぜてほぐします。

ワンポイント

ワンポイント

ごはんを保存しておくなら、炊飯ジャーの中で保温するよりも、冷凍がおすすめ。 できるだけ出来たてを冷凍した方が、解凍した時においしく食べられます。

お役立ちグッズ

年末前のお掃除始めませんか?

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報