1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 掃除洗濯(掃除機)
  3. ゆる家事マスターになろう!
  4. 洗濯編
  5. 洗濯機で洗う場合

ゆる家事マスターになろう
洗濯編

洗濯機で洗う場合

今回は、洗濯機を使って洗濯する時の基本を紹介します。 キレイにお洗濯するためには、基本が大事!…というわけで、洗濯の基本を一度おさらいしてみましょう。

洗濯物の仕分け

洗濯物を形や色、生地(素材)で分けます。

<形で分けるポイント>
シャツ・カットソー/ズボン/靴下・下着類
<色で分けるポイント>
白やベージュなど色の薄いもの/色の濃いもの
<生地(素材)>
毛糸やウール/飾りが付いているもの
<汚れの程度>
汚れのひどいもの/汚れの軽いもの

洗濯前の準備

洗濯前の準備

洗濯機に洗濯物を入れる前に、次の準備をしておきましょう。

  • ・ファスナーは他の衣類を傷つける場合があるので、閉める。
  • ・ボタンは他の衣類に引っかかる場合があるので、全てとめる。(数が多い場合や、止めても引っかかりやすそうな場合は、裏返しておきます)
  • ・ポケットの中が空か確かめておきます。
  • ・下着類は、ネットに入れておきましょう。

洗剤を溶かして入れる

洗剤を溶かして入れる

洗濯機に水を溜めます。 次に、分量の洗剤を、ぬるめのお湯で溶かして入れます。溶かしてから入れることで、洗剤の溶け残りを防ぎます。洗濯物を入れる前に、手でかき混ぜておきましょう。

お風呂の残り湯

洗濯の「洗い」には、お風呂の残り湯がオススメです。(「すすぎ」は水道水を使って下さい)お風呂の残り湯は、水道水よりも水温が高いため、汚れ落ちも良くなります。ただし、入浴直後の熱いお湯や、色移りしそうな入浴剤を入れたお湯はやめておきましょう。

洗濯機に衣類を入れる

洗濯機に衣類を入れます。 この時、1で仕分けたグループごと洗うことをオススメします。 衣類は、洗濯容量を守って入れましょう。 洗濯物を入れすぎると、汚れを落とす力が弱くなってしまいます。 また洗濯物をたくさん入れたからと言って洗剤を増やすのもNG。 洗剤の成分をすすぎきれなくなってしまいます。

脱水が終わったらすぐに干す

脱水が終わったらすぐに干す

脱水が終わった洗濯物は、できるだけすぐに干しましょう。 そのままにしておくと、雑菌が繁殖して、いやな臭いの原因になってしまいます。

洗濯のお役立ちグッズ

  • 脱水が終わったらすぐに干す
    組み立ていらずたっぷり物干し KTM-2018

    ■商品サイズ(cm)
    使用時:幅約150〜200×奥行約89×高さ約146〜180(竿の長さ約87〜150)
    折りたたみ時:幅約48×奥行約7×高さ約146(※キャスター含む)

    詳しくはこちら>>

  • 脱水が終わったらすぐに干す

    もったいない、デッドスペースをなくします!

    ハンガーバー付ランドリーラック

    洗濯機の上部空間を有効活用できるランドリーラックです。洗濯物をその場で干せるハンガーバー付です。棚はプラスチック製のフラット棚で小物が落ちにい構造です。
    ■商品サイズ(cm):幅約66.5〜95×奥行き約54.5×高さ約182

    詳しくはこちら>>

年末前のお掃除始めませんか?

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報