1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. ゆる家事マスターになろう!
  3. 掃除編
  4. トイレ掃除

ゆる家事マスターになろう
掃除編

トイレ掃除

トイレは家の中で一番嫌な汚れのある場所で、掃除が億劫になりがちですが、こまめに掃除すれば毎日気持ちよく生活できます!今回はトイレの掃除についてご紹介します。

便座まわりはきれいな場所から順にお掃除

便座まわりをそうじする際は、便座のフタ→便座→便座の取り付け部分→便器のフチ→便器の足元といったように、掃除の手順は「きれいなところから、汚れているところ」の順に拭くと除菌ペーパーを無駄なく使用することが出来ます。

<ポイント>
目に見えにくい、便座の取り付け部分などは汚れがたまりやすいので、割りばしにティッシュを巻いたお掃除棒などを使用して丁寧に掃除しましょう。

便器はこまめについでお掃除

放っておくと黒い輪ジミが出来てしまう便器は気づいたらブラシでこすりましょう。水がたまっている部分と水位線にできる輪ジミは丁寧にこすります。落としやすい汚れなら洗剤はいりません。

トイレのブラシはしっかりと水気をとります。水切りが不十分だと床を汚したり、ブラシケースを汚してカビが生えやすい状況を作り、かえって手間がかかってしまいます。トイレットペーパーなどを使い、余分な水分を拭き取りましょう。

便器の黄ばみの汚れを落とすには・・・

便器の黄ばみの正体は、水に含まれる鉄分や、尿石などです。一度ついてしまった黄ばみ汚れは簡単に落とすことはできません。黄ばみができてしまったら、しっかりお掃除して、汚れが付いたらすぐに落とすようにしましょう。

黄ばみを落とすには、酸性の強力な洗剤を使用します。有毒ガスが出る恐れがあるので、他の洗剤と混ぜ合わせないように注意しましょう。

まず、便器に溜まっている水をぞうきんなどでバケツに移し、空にします。 次に黄ばんだところに酸性のトイレ用洗剤をつけ、その上にトイレットペーパーを貼りつけて30分ほどおきます。 汚れの目立つ場所や、便器の裏側にも同じように洗剤をつけ、トイレットペーパーを貼りつけておきます。 30分たったら、トイレットペーパーをはがし、流さずに捨てます。そのまま、トイレブラシでこすり、黄ばみを落とします。それでも落ちない場合は、水を流して酸性の洗剤を充分に落としてから、水でぬらした布にクリームクレンザーをつけてこすります。 最後に、トイレットペーパーで汚れや洗剤を拭き取り、水を2回以上流します。

※お掃除中は、換気を充分に行ってください。

トイレの床のオシッコ汚れには...

トイレの床のオシッコ汚れには、酢を使ったスプレーを吹きつけ、汚れた所をトイレットペーパーで拭きます。 酢には、尿のアンモニアを中和する効果があるので、拭き掃除に使うと、トイレの嫌なニオイもとることが出来ます。

<ポイント> 酢を使用するときは、「食酢」と表記されたものを使いましょう。「すし酢」や「調理酢」などと表記されているものは、砂糖などが入っているためお掃除には向きません。

いつもきれいに保つコツ

床に敷いたマットや便座カバーなども一週間に一度は洗いましょう。また、「気づいたときに洗う」ことに気を付けていれば、不意の来客にも慌てることはありません。風水でもトイレをきれいに保つと運気が上がるといわれています。好きなアロマを置いて素敵な空間を作りましょう。

お役立ちグッズ

年末前のお掃除始めませんか?

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報