第9回「窓&網戸の掃除」

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 掃除洗濯(掃除機)
  3. ぺこ的お掃除術
  4. 第9回「窓&網戸の掃除」

お掃除大好きのぺこさんが教えてくれる ぺこ的お掃除術

第9回「窓&網戸の掃除」第9回
「窓&網戸の掃除」

私はお掃除をスポーツクラブに行く感覚で楽しんでいます。
汗まみれ水まみれになっても、これが運動と思うと不思議と気持ちいいんです。発想の転換です。

今日は我が家の網戸と窓掃除方法を紹介させていただきます。
我が家は、角部屋の運命で窓とバルコニーに囲まれており、窓掃除の頻度がとても多いのです。

でも、毎日全ての窓をきれいにしようとすると大変疲れますので、いつものように
第1水曜→和室、第2水曜→寝室+タンス部屋、第3水曜→腰高窓、第4水曜→リビング
といったように、毎週水曜をバルコニーと窓掃除の日に決めてローテーションしています。
これなら毎週一か所だけでOKで、全体的に小キレイがキープできるので楽ちんです。

さて、では実際どんな道具類を使っているかといいますと、
以下のグッズを駆使しています。

グッズを駆使しています。
  1. 一番上にあるのが、
  2. 使わなくなった菜箸(=掃除棒)
  3. 次に左から、
  4. 窓用マイクロ雑巾(なるべくケバだったもの)
  5. 毛糸で編んだ厚手のアクリルタワシ
  6. ペンキ用のハケ
  7. 以上です。

ベランダをほうきで掃き掃除をした後に、いよいよ網戸と窓拭き掃除をします!

軽く絞った厚手のアクリルタワシで 網戸を拭きます。

まずは、軽く絞った厚手のアクリルタワシで 網戸を拭きます。

結構汚れていますな(汗)。

結構汚れていますな(汗)。

ここまでで大分網戸のホコリや汚れはとれるのですが、これをやった後に、少しケバだったマイクロぞうきんで内側(家側)から再度拭きます。

アクリルタワシで拭いているので、そんなには汚れてません。

先にアクリルタワシで拭いているので、
そんなには汚れてません。

網戸以外の普通の窓部分もアクリルタワシ→マイクロ雑巾
で拭きます。

これと同じ要領で、
網戸以外の普通の窓部分も
アクリルタワシ→マイクロ雑巾
で拭きます。

あらかじめ、アクリルタワシで汚れをとってからマイクロ雑巾でふくので、“汚れがひどくてもうどうしようもない”ってこともありません。

マイクロぞうきんが真っ黒で辟易、洗うのもイヤだわ〜

2段階かけて拭くのが結構面倒?に見えるかもしれませんが、こうすることで
「マイクロぞうきんが真っ黒で辟易、洗うのもイヤだわ〜」
なーんてことがないんですよ。

実際とてもきれいな窓になります。

実際とてもきれいな窓になります。

ベランダストッカーの上をふくのもOKです。

また、窓ふき用に編んだアクリルタワシは厚手なので、ベランダストッカーの上をふくのもOKです。

他にも窓の下部など大胆な部分の汚れも拭いちゃっています。

他にも窓の下部など大胆な部分の汚れも拭いちゃっています。

こういったところって、案外何で拭いたらよいやら、分からないんですよね!
ウエスだと何枚あっても足りないし。

サッシ掃除をした後のバルコニーの掃き出し部分

ちなみに、なぜか網戸掃除やらサッシ掃除をした後のバルコニーの掃き出し部分は、ドロドロでこうなっちまいます。

こんなところの汚れも、デッキブラシでこすることもなく、濡らしたアクリルタワシでこすって汚れを落とせば・・・

こんなところの汚れも、デッキブラシでこすることもなく、濡らしたアクリルタワシでこすって汚れを落とせば・・・

ほら!この通り。きれいになりますよん。

ほら!この通り。きれいになりますよん。

というわけで、網戸&窓ふきにはアクリルタワシが大活躍というお話でした。

次回は、窓拭きにはつきもののサッシの簡単お掃除術をご紹介します。
こちらはプロのお掃除屋さん直々伝授の技なのでお楽しみに!

ページのTOPへページのTOPへ

バックナンバー

年末前のお掃除始めませんか?

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報