第14回「エアコンを解体掃除」

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 掃除洗濯(掃除機)
  3. ぺこ的お掃除術
  4. 第14回「エアコンを解体掃除」

お掃除大好きのぺこさんが教えてくれる ぺこ的お掃除術

第14回「エアコンを解体掃除」第14回
「エアコンを解体掃除」

早いもので今年も残りあとわずか・・師走になりました。
師走といったら「大掃除!」。掃除マニアにとっては心躍る季節です。
私は「おそうじぺこ」というタイトルでお掃除ブログも運営しているのですが、寒くてつらい大掃除をあたたかいうちに!楽しく!みんなで乗り切ろう!というコンセプトで、毎年「のんびりゆるゆる大掃除」という企画を立てており、手前味噌ですが参加者のみなさんからは好評をいただいてます。

そんな訳で、すでに大掃除は終了しているのですが、今月は大掃除の記事にしていきたいと思っています。

今回クローズアップするのは、エアコン本体の掃除です。

クローズアップするのは、エアコン本体の掃除です。

普段のお手入れでは、月に2回フィルターに軽く掃除機をかけています。
大掃除では、この本体をできるところまで解体して丸洗いします。

「エアコンの解体なんて・・大変そう。」と思われがちですが、最近のエアコンは、ユーザーのことを考えて、簡単にいろんなパーツが外せるようになっているんですね。

昔は説明書をいちいち出していたのですが、よく見ると本体のどこかしらに解体方法が記されていることが多いです。

エアコンも、本体右部分に図解で記してあります。

このエアコンも、本体右部分に図解で記してあります。

日ごろ掃除機をかけているフィルターや他の細かいパーツを外します。

まずは、日ごろ掃除機をかけているフィルターや他の細かいパーツを外します。
注意したいのは、丸洗いできないものもあるということ。
初めてトライする時は、説明書はしっかり見た方がいいかも。

本体部分

次に本体部分。
全面パネル・天面・風向パネルなど、ほとんど外せる仕様になっているものが多いと思います。
外したら、お風呂場でアクリルタワシで丸洗いして陰干しです。

もちろんフィルターも洗えるものは丸洗い

もちろんフィルターも洗えるものは丸洗い。
直射日光に長時間当ててしまうと、変形してしまうので陰干しで。

全て取り外した後の本体です。

全て取り外した後の本体です。
ここまで丸裸になるんですよ〜!

あとは、風向口付近やホコリのたまりがちな細かい溝などを、マイクロぞうきんで拭いていきます。

風向口付近やホコリのたまりがちな細かい溝などを、マイクロぞうきんで拭いていきます。

風向口は、カビっぽい黒い汚れが付着していることもあり、アルコールスプレーで掃除しました。
(機種や素材によってはアルコール厳禁なものもあるのでご注意を!)

銀色のミゾミゾが密集している本体内部

銀色のミゾミゾが密集している本体内部は、さすがにぞうきんでは拭けないので、こちらのエアコン用のノズルで掃除します。

100円ショップなどでも売ってます。

100円ショップなどでも売ってます。
先にブラシがついているので、銀色部分を傷つけずにホコリを吸い取ることができます。

注意:本体をお手入れする時は、事故防止のために、コンセントを抜いてくださいね!

陰干ししたパーツ類が完全に乾いたことを確認して、元に戻し、フィルターカバーをしておしまい!
スッキリキレイになりました。

スッキリキレイになりました。

ページのTOPへページのTOPへ

バックナンバー

年末前のお掃除始めませんか?

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報