第16回  冷蔵庫の整理・収納 @各庫内のゾーン分け

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 掃除洗濯(掃除機)
  3. 本多先生のラク家事ドリル
  4. 第16回 冷蔵庫の整理・収納 @各庫内のゾーン分け

本多先生のラク家事

第16回 冷蔵庫の整理・収納 @各庫内のゾーン分け
冷蔵庫は、空いたところに次々と食品を入れてしまうとすぐにごちゃごちゃになってしまいます。定位置を 決めることがポイントです。アイテム別でなく「食品の状況」に応じたゾーン分けを紹介します。

蔵庫内をゾーンによって入れるものを決めておく

冷蔵庫で出し入れする食品は、つぎのようなシーンがあります。

「買ってきたものを入れる」・・・・・新しい食品
→未開封
「使っている途中の出し入れ」・・使いかけの食品
→開封
「調理したものを入れる」・・・・・・・調理食品
→パッケージなし
「残りものを入れる」・・・・・・・・・・・残った食品
→パッケージなし
「毎日出し入れするもの」・・・・・・・よく使う食品
→パッケージなし

以上の食品は、これから、使われるのを待っている「ストック状態」と、開封して使い始めた「使用状態」、さらに日持ちがせず「すぐに食べなくてはいけない状態」のものもあります。

冷蔵庫の収納は、アイテム別に整理整頓するのもひとつの方法ですが、これらの、「食品の状況」に合わせて、収納すると、「使いかけ」や「すぐに使わなければいけない食品」が、エリアでまとまっているので、ひと目でわかりやすくなり、ムダを抑えることにもつながります。

冷蔵庫のどこに入れるかを、

  • 「ストック中」
  • 「使用中」
  • 「すぐ使う」

を意識して、それぞれの庫内を、おおまかにゾーン分けする方法をご紹介します。

「冷蔵室」「野菜室」「冷凍庫」のどこに何を入れたらよいか、冷蔵庫のゾーン分けと、整理の方法を知れば、 ごちゃごちゃが解消し、探すのもラクになります。

▲ページのTOPへ

凍室の収納

冷蔵室は、棚ごとにゾーン分けをします。 「食品別」に整理してもよいですが、ここでは、「食べるまでの時間」をひとつの目安にします。

たとえば・・・・

  • 上の棚は、賞味期限の長いもの。
  • 下の棚は、消費期限の短いもの。
  • 最下段は、すぐにたべなければならないものや、よく使うものです。

冷凍室の収納

早く食べる必要のあるものは、よく目につきやすく、取り出しやすい下段を定位置にします。上段は、見えにくく取り出しにくいので、長期保存可能な食品の定位置です。

冷蔵庫を開けたら、まず下段のすぐにたべなければならない食品をチェックすることを習慣にするれば、食品を無駄にすることを避けることができます。

菜室の収納

野菜は形も大きさもバラバラです。野菜は買ってきた直後は、サイズが大きく、数も多いのですが、使っていくと次第にサイズも小さくなり、数も減ります。

野菜室の整理のポイントは、野菜の「大きさ」と「形」に注目して、収納エリアを決めることです。また、「使いかけの野菜」や「小さくてまぎれやすい野菜」の収納場所を決めておくことも、ポイントの一つです。

野菜室上段・・・・
中サイズの野菜
野菜室下段・・・・
大型野菜
野菜室手前・・・・
立てる野菜

野菜室の収納

〇収納のコツ
野菜室手前の立てる収納は、ファイルケースを使うと野菜を立てて収納することができます。上段や下段には、ラックを一つ、中央に入れると移動できる仕切りとなり、野菜のサイズや量に応じて仕切りを動かすことができます。

凍庫のゾーン分け

冷凍庫に入れるものは、「買ってきた市販品」「下ごしらえ品」「調理品」などがあります。また、使用状況によって、「未開封のもの」「開封したもの」「小さくなったもの」と使用段階があり、形や大きさが変化します。

食品別に分類をすると、小さくなった使いかけの食品がまぎれ込んで、霜だらけになってみつかることがあります。そこで、冷凍庫も、食品別に分類せず、使用状況によって、ゾーン分けしてみましょう。

冷凍庫 奥
「未開封」・・・・未使用食品
冷凍庫 手前
「開封」・・・・使用中食品
冷凍庫 手前
「残りわずか」・・・・小さくなったもの

冷凍庫のゾーン分け

▲ページのTOPへ

今回のポイント!

冷蔵庫の整理・収納は、食品の「使用状況」(未開封・開封・すぐ使う)に応じたゾーン分けがポイント

アイリスプラザおすすめアイテム

  • キッチン収納特集
    (アイリスプラザへ移動します)

  • メタルスリムシリーズ
    (アイリスプラザへ移動します)

年末前のお掃除始めませんか?

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報