第28回  調理:A切り方の工夫

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリス暮らし便利ナビ
  2. 掃除洗濯(掃除機)
  3. 本多先生のラク家事ドリル
  4. 第28回  調理:A切り方の工夫

本多先生のラク家事

第28回  調理:A切り方の工夫
調理を効率的に行うにはいくつかのポイントがあります。切り方を工夫することも調理の 効率アップにつながります。これまで当たり前と思っていた切り方をちょっと変えてみましょう。

調理を効率的に

調理を効率的に行うには、いくつかのポイントがあります。

  • @一括調理
  • A切り方の工夫
  • B道具の活用
  • C計量や調味料の工夫

今回は切り方を工夫することで、効率アップする方法をご紹介します。

野菜を切る手順を変えたり、まな板などが汚れにくいように工夫をしたり、切る方向を変えたりすると、時間短縮になったり、汚れ物洗いをラクにすることができます。

調理を効率的に

▲ページのTOPへ

菜の切り方

野菜の切り方は、こう切るものという習慣がありますが、まとめて同じ動作をくり返す「ばっかり切り」や、切る順番切り始めの位置を変えてみると、作業がラクになるものがあります。

○ピーマン

野菜の切り方

○たまねぎ
野菜の切り方

○トマト
野菜の切り方

な板を汚さない切り方

肉類や魚など、まな板に直接乗せて切ると、油汚れやニオイがついてしまいます。パッケージを利用したりして、なるべく汚さないように切ることがポイントです。

○ベーコン
ベーコンは長くてくっついているので、1枚だけ取り出すというのは煩わしいもの。 また、1枚で使うこともあまりなので、あらかじめ半分にカットしておくと使いやすい。

ピーラーの使い方

○肉(魚)の包装剤の開け方

野菜の切り方

順を考える

○皮をむいてから洗う
土のついたじゃがいもなどの野菜は、洗ってから皮をむくことが多いと思います。先に皮を剥いてから洗うと、ほとんどの土の部分は、皮と一緒に生ゴミとして処理できるので、洗う水も少なくてすみ、土も流れにくくなります。

○山形パンは寝かせて
焼きたての山形パンを自宅でカットする場合は、 山側からカットしますが、高さがあるので、 曲がったりしやすいもの。そこで、食パンを寝かせて、底の部分からカットすると安定感もあります。

手順を考える

ラム サイズや繊維も意識しよう

野菜を切る場合には、大きさによって調理時間が変わることは、経験的にわかると思います。小さければ早く加熱でき、大きければ時間がかかります。料理にあわせて、サイズを統一しておくことも、ポイントです。

また「繊維」も調理時間や味付けに影響するので、繊維と同じ方向に、切断するかによって、加熱時間や味の染み込み方に違いがでます。手早く調理したい場合は、繊維を切断するように切ることも考慮するとよいでしょう。

▲ページのTOPへ

今回のポイント!

長年習慣になった切る作業。当たり前と思っていた切り方を、ちょっと発想を変えてみると思わぬ発見が!思っている以上に、手軽に作業ができます。

アイリスプラザおすすめアイテム

  • キッチン収納特集
    (アイリスプラザへ移動します)

  • メタルスリムシリーズ
    (アイリスプラザへ移動します)

年末前のお掃除始めませんか?

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報