掃除機3D活用術

アイリス暮らし便利ナビ
  1. 掃除機3D活用術

掃除機3D活用術

家事の中でもとくに負担の大きい「掃除」。床の上はもちろん、棚の上や階段、天井、家電周りなど、家の中には細かな掃除ポイントがいっぱいです。その負担を軽くしてくれる最新掃除機は、多機能なものから、超コンパクトなものまでさまざま。今回は家電評論家の奈良巧さんに、掃除機の選び方から、ちょっとツウな使い方までレクチャーしていただきました。

家電評論家 奈良巧さん
家電評論家 奈良巧さん
1958年生まれ。出版社で25年間雑誌編集者・記者を勤め、4年前に退職し現在はフリーライターとして活躍。『週刊ポスト』や『女性セブン』『サライ』等で、家電製品の記事を担当。著書に『加齢臭読本』(草思社)がある。

どうして3D掃除が重要なのか

狭い家屋に住む日本人の生活には、平面的(=2D)掃除よりも、立体的(=3D)掃除が重要です。
掃除機はそもそも海外から輸入され普及したもの。海外のような広くフラットな家の中のホコリやゴミをいかに取るかという目的で作られたものなので、平面的な掃除方法しか考えられていませんでした。
私はこうした平面的な掃除を“2D掃除”と呼んでいます。
最近人気のお掃除ロボットは、こうした広い床部分の掃除、つまり“2D掃除”をさせるのには絶大な力があります。しかし、現在の日本の住宅事情を考えると、狭くて段差や隙間だらけの部屋が多く、実はお掃除ロボットだけでは対応できない場所が多いのです。しかも今話題の最新家電は、ホコリを寄せつけやすいものばかり。家電も大事なお掃除対象であることを忘れてはいけません。

このように家の中の隙間やちょっと高い場所、お気に入りの家電周りなど、部屋の立体的な部分を隅々まで掃除するためには、各種掃除機を上手に使い分けることがカギになります。


“2D掃除”とは

“2D掃除”とは
  • 床や廊下など、広いフラットな部分のホコリやゴミを除去すること。
  • お掃除ロボットの得意分野。

“3D掃除”とは

“3D掃除”とは
  • 棚の上や階段、家電周り、屋外にある車の中など、立体的な部分を含めた掃除。
  • お掃除ロボットでは対応できない場所が多い。
  • 掃除機のサイズ、吸引力、コードレスなど、用途と場所によって使い分けると効果的。

年末前のお掃除始めませんか?

アイリスプラザからのお知らせ

新着情報